1. トップページ
  2. 診療一覧
  3. タトゥー・刺青除去

タトゥー・刺青除去

タトゥー・刺青除去

1, 切除法

刺青(イレズミ、いれずみ、入れ墨、tattoo、タトゥー)部分の皮膚を切り取る精密な縫合(これが美容外科・形成外科ならではの技術)でイレズミを除去する方法です。どんな精密に縫合してもわずかに傷跡は残りますが、レーザーとは違い色や濃さに関係なく完璧にタトゥーがなくなります。当院では抜糸不要の方法もありますので、通院が難しい方も対応できます。
比較的細長いものや小さい範囲ものは、1回で全て切除できますが、範囲の広いものや縦横の大きさがある程度ある刺青や皮膚にゆとりがない部位の場合などは、分割切除と言って2~数回に分けて切除します。あまり1回で無理をして大きくとると傷跡が後から目立つことがあります。これは傷が治ったあとに周りの皮膚が縮んでいくためです。分割切除の場合、治療の間隔を3~6カ月あける必要があります。皮膚が伸びる時間が必要だということです。そのため費用もその分余計にかかります。1回で完全除去が可能か分割切除になるかは皮膚の伸び具合より決定します。多くの場合、1回で切除できる範囲は手でつまめるかどうかが目安になります。


2, 削皮法(さくひほう)

専用の機械でタトゥー部分の皮膚表面を薄くはがします。はがした後はかすり傷のような状態になりますが、特殊なフィルムあるいは軟膏により約2週間できれいに乾いた状態になります。この方法でもタトゥーは完璧になくなります。削皮法では比較的広い範囲も治療できます。最初のうちは何度か通院が必要ですが、遠方の方などは特に最小限で済むように配慮いたします。


3, レーザー

レーザーは黒い細い刺青の部分には良く反応します。しかし、大きい面積の刺青には跡形を残す場合が多く、結局、削皮法や切除法をやる方が非常に多いです。

TATTOO、刺青の除去:比較画像

【胸】刺青切除の比較写真:一回切除(前、1ヶ月後)時間と共に白くなります


【腕】タトゥー切除の比較写真:三回切除(前、抜糸直後)結構な幅がありました


【腕】タトゥー切除の比較写真:一回切除(前、1ヶ月後)時間と共に白くなります


【腕】刺青切除の比較写真:三回切除(前、1ヶ月後)時間と共に白くなります


【腕】タトゥー切除の比較写真:一回切除(前、1ヶ月後)時間と共に白くなります


【手の甲】TATTOO,刺青切除の比較写真:二回切除(前、抜糸直後)


【足首】タトゥー,TATTOO,刺青切除の比較写真:一回切除(前、抜糸直後)


【腕】タトゥー,TATTOO,刺青切除の比較写真:一回切除(前、抜糸直後)

手の甲の切除経過

■ 手の甲の切除経過

<二回目の切除の経過> 最後の写真は抜糸直後です。皮膚はこれから伸びます。


■ 上腕上部の切除

<切除抜糸直後> 縫合線下に黄色い内出血の治癒過程がうかがわれます。数日後に取れます。


■ 上腕上部(肩)の切除

<二回目の切除抜糸直後> 縫合線上にある黒いものはカサブタです。数日後に取れます。

タトゥー、刺青の「切除去」についての注意点

  • 切除をするため傷跡が残る。
  • タトゥー・刺青の大きさや形によっては一回ではなく複数回の手術が必要の場合があります。

タトゥー、刺青の「削皮去」についての注意点

  • 大きさや形によっては一回ではなく複数回の手術が必要の場合があります。
  • 場合によっては後日レーザー治療を追加する必要があります。これはタトゥーが一部深くまで入っていることがあり、そこが部分部分で残ってしまうためです。無理に削り取ろうとすると傷が深くまで入ってしまうことになります。そうするとキズ跡が目立ってしまいます(場合によりケロイド状になります)。そのため、あまり深追いはせずに安全な深さで治療します。術後に貼るフィルムを数週間後に取ったあとはかすり傷のあとのような状態になります。一部傷の治りが遅いところはお薬を塗っていただくことがあります。また、治ったあとはその部分は乾燥しやすいので、保湿をおすすめします。
  • 術後しばらく赤みが続くことがありますが、数ヶ月から半年で徐々に落ち着いていきます。体質によっては赤みが多少長引くこともありますが、通常は1年もたてばほとんど分からなくなります。

削皮法の経過写真

■ 腰部の削皮

<7カ月後>かすり傷のような跡が残りますが、ツッパリ感はありません。


■ 二の腕の削皮

<10日後>この時点で傷はすでに乾いた状態です。薄く残ったタトゥーは後日追加レーザーで除去します。


■ 二の腕の削皮

<術前/1ヶ月後/6ヶ月後>内部のみ除去しています。赤みは徐々に落ち着いていきます。


■ 腰部の削皮

<術前/2週間後/8ヶ月後>術後2週間の時点で傷は乾いて治癒しています。赤みは徐々に落ち着いていきます。
うっすらと残ったところは、後日仕上げのレーザーで除去します。

QスイッチYAGレーザーによるタトゥー・刺青除去

QスイッチYAGレーザーによる刺青除去は入れ墨が「黒の線状のもの」には非常にいいと思います。
適応を間違えなければレーザーによるTATTOO除去は非常にいい施術だと考えています。
タトゥー刺青の色の濃さや深さ・大きさなどにより治療回数に個人差があります。目安として3~5回以上はかかると考えてください。
レーザーとレーザーの間隔は最低1~2ヶ月は空けていただきます。


【左腰部】タトゥー,TATTOO,刺青のQスイッチYAGレーザー比較写真(前、4回照射後)


写メールでのカウンセリング、料金案内を無料で行っております。
料金はおよその目安です場所や範囲により異なります。正確な見積もりはクリニックでの診察で決定します。

タトゥー・刺青除去の写メールカウンセリング

写メールでのカウンセリング、料金案内を無料で行っております。

*料金はおよその目安です場所や範囲により異なります。正確な見積もりはクリニックでの診察で決定します。


■ 写メールカウンセリングの方法

タトゥー・刺青全体を撮影してください。
刺青全体を長方形で囲んだ時の縦、横、斜めの長さを正確に測ってください。


写メールカウンセリング

タトゥー、刺青の「削皮去」についての注意点

写真モニターの方は、費用が非常に安くなります。


タトゥー切除法・・・刺青の長径の長さが 9cmまで(一回当たりの切除幅は2~3cm)
通常料金250,000円がモニター価格 126,000円(税込)(手術1回につき)


レーザータトゥー除去・・・通常料金10,500円 ~→ モニター価格5,250円~
削皮法・・・通常価格84,000円~ → モニター価格42,000円~


それ以上の長さの方も、ご相談ください。


刺青の長径とは刺青の一番長い直径をさします。

手術中に体位変換が必要な時(全周など)は1.2倍の費用がかかります。

難しい部位は別料金になることがあります。


■ モニターについて

治療経過の写真を撮影して、ホームページや雑誌、書籍などで使用することが条件です。
定期的な検診と写真撮影を、お願いしています。

クリニック概要

世田谷区二子玉川の美容皮膚科 美容外科

二子玉川美容外科クリニック

〒158-0094
東京都世田谷区玉川 3丁目6-5 M.R.E.ビル3F

二子玉川駅 徒歩1分

二子玉川駅の改札を出て左に曲がります。
道路を挟んでパチンコ屋「GOLD」と「川渕不動産」が見えると思います。
その間の道を進んで最初の十字路の左手の角の小さなビルの隣のガラスが大きい3階建てのビルの3階です。

TEL. 0120-735-538(フリーダイヤル) 
TEL. 03-5491-5588(直通)

(お電話は診療日の10~12時、13~18時にお願いします)

■ カード 可

診療時間:10:00 - 19:00
休診:日曜日
その他は不定期休診(下のカレンダーでご確認下さい)
当院は完全予約制のプライベートクリニックです。お一人お一人を丁寧に診療いたしますので一日の枠には限りがあります。ご予約はお早めにお問い合わせください。


診療カレンダー