1. トップページ
  2. 診療一覧
  3. 繰り返しの不要なシワ対策をお探しなら、「グロースファクター」

繰り返しの不要なシワ対策をお探しなら、「グロースファクター」

  • グロースファクター・・・元々体にある成分と同じ構造の薬剤で、加齢で減少した皮膚のコラーゲンを回復してシワ・たるみを改善する注射による治療です。
  • ご自分の皮膚で作られたコラーゲンは、ヒアルロン酸注射とは違い、分解されないので1回で何年も効果が持続します。そのため、繰り返しを避けたい方にお勧めです。
  • 当院では5段構えで痛み対策をしていますので、痛みは最小限になるようにしています。
  • 施術後の腫れはほとんどありません。(ただし個人差があります)


当院ではこれまで培った豊富な経験に基づき、顔のシワ・たるみの改善に適した改善方法を提供いたします。

二子玉川美容外科クリニック 院長 加治佐 卓也

◆ グロースファクターの効果

  • 皮膚の老化の原因は?
    おもに紫外線や加齢などの影響により、皮膚の主成分であるコラーゲンが減少することでおこります。
  • グロースファクターのはたらき
    グロースファクターは、皮膚のコラーゲンを増やし、シワ、たるみを改善します。最終結果が出るまで半年程度かかります。逆に言うと、変化があまり急激ではないので、周りに気付かれにくいです。(詳細はこちら
  • グロースファクター後の効果は何年も維持される
    グロースファクターで一度良くなった後は、効果は何年も維持されます。紫外線防止などの生活習慣に気をつけていただければ、10年以上維持することも可能です。これは、ご自身のコラーゲンを増えるためで、一度増えたコラーゲンがそう簡単にはなくならないためです。ヒアルロン酸のように吸収されるものを皮膚の下に注射するのとは違います。そのため、グロースファクターを一度受けられておけば、定期的なメンテナンスはほとんど不要になります。(詳細はこちら)。
  • 老化防止効果
    一度グロースファクターで治療をしたところは老化しにくくなるため、早めに行うことで老化防止効果も期待できます。シワが完全に完成されてからだと、折れ癖として残り、完全に治りきらないことがあります。シワが完成される前に対策を打たれることをお勧めします。(詳細はこちら

◆ 当院のグロースファクターの特徴

  • 痛み、腫れ、内出血がほとんどなく、メイク・日焼け止めも1時間後から可能(詳細はこちら)。
  • 1回の治療で満足した結果を得られることが多い。(詳細はこちら
  • 何年も効果が持続。一過性の効果ではありません。(詳細はこちら
  • 薄くたるんだ皮膚のハリを出すことで、シワ・くぼみ・たるみを改善。肌質も良くなります。
  • 小ジワもピンポントで改善可能。(治療例
  • PRP(腫れやすい)と比べて、注入後の腫れはほとんど目立たない。
  • 当院のグロースファクターでは、正しい方法で治療を行えば、大きな塊にならないということが経験上分かっています。(薬学部でも学んだことのある前院長が開発した、当院独自の配合・濃度)(詳細はこちら
  • 所要時間は、麻酔クリーム20分+1部位10~15分程度。

◆ グロースファクターによってシワが取れる理由は?

グロースファクターは、皮膚にある線維芽細胞というコラーゲンを作る細胞を活性化させたり増殖させたりする働きがあり、それによりコラーゲンが作られます。グロースファクター自体は、半年も経てばなくなってしまいますが、作られたコラーゲンが残ることで維持されます。
ほどよい自然な若返りを実現するためには、グロースファクターという薬剤が非常に重要であると言えます。これを実現するために、当院独自の濃度設定・配合が組まれています。また、打ち方にも当院独自の工夫・ノウハウがいかされています。
ちなみに、コラーゲンを注入する方法があります(ベビーコラーゲンなど)。しかし、これはご自分のコラーゲンではないので、ヒアルロン酸と同じように、半年もすれば吸収されてなくなってしまいます。
グロースファクターはご自分のコラーゲンを増やすので、長期維持されます。そこが違います。

◆ グロースファクターは安全?

グロースファクターは、以下の理由から安全であると考えます。


1.グロースファクターは元々皮膚にあるタンパク質の一種

グロースファクターは、体にある成分なのでアレルギーの心配はありません。


2.グロースファクターは全身に影響しません

グロースファクターは、注射部位のみに作用し、全身に回ることはありません。


3.ノウハウが蓄積された当院独自の濃度設定・配合のグロースファクター

当院は玉川田島クリニック時代から15年以上の治療経験を持っていますが、これまでの当院の経験上、グロースファクターで正しい方法で行えば、明らかな塊にはならないことが分かっています。
また、当院にてグロースファクター施術後の方の皮膚を超音波で調べたところ、問題なかったという結果も出ています。
これまでグロースファクターについては、身内や周りの者も含めて、年間600件以上特に問題なく安全に行ってきております。

◆ グロースファクターで改善できる部位

額・眉間のシワ
額の骨ばった印象
コメカミのくぼみ
目の上のくぼみ
目の下のたるみ・クマ
頬のたるみ・ゴルゴ線
法令線
口周りのもたつき・マリオネットライン
フェイスラインのたるみ
※施術部位の範囲についてはこちらをご覧下さい。

※顔のたるみについてはこちらを、顔のたるみ治療についてはこちらをご覧下さい。


◆ 顔全体(目の下・頬・法令線・口角のグロースファクター)

<施術前>

<2週間後>


お顔全体のシワが少なくなり、リフトアップしています。一見、一つ一つのシワは別々の部位のように見えますが、皮膚は1枚でつながっているので、全ての部位をカバーすると、相互作用で全体的な若返りが起きます。今回治療を受けられたご本人は「若々しくなった」と、とても喜んでいらっしゃいました。

グロースファクターの治療部位の選択で迷っている方はこちらをご覧下さい。

◆ 額のシワ

<施術前>

<1ヶ月後>


おでこのシワが目立たなくなっています。「額のグロースファクター」により額のシワや骨ばってデコボコした印象を改善することができます。ちなみに、コメカミは、額とは別な部位になります。コメカミのグロースファクターは、くぼみ改善作用があります。額・コメカミの症例写真はこちらです。


◎ 額のシワでグロースファクターが有効なタイプ

グロースファクターによる額のシワ治療の対象となる方の典型例は、くっきりとしたシワがある方になります。
くっきりとしたシワというのは以下のような方々です。
例1 例2 例3 例4 例5

深いシワがなく、浅めの折れ癖だけの方の例です。
それなりの改善は期待できます。
例1 例2 例3

小ジワがある方で、メラフェードも併用された方の例です。


◎ グロースファクターで早めに対策を打つことで今後の予防にもなる

額のようによく動く場所は、シワを放置しすぎるとどんどん深くなっていきます。
深くなりすぎないうちに対策を打たれることで、その後の予防にもなります
癖が強い深いシワがある方は追加が必要になることがあります。(
深い折れ癖がある方でも、ある程度は良くなることが多いですが、完全にゼロにはなりません(
一旦治療を受けられた後は、その後は老化防止に効果がある生活習慣を続けられるだけでよいです。具体的には、紫外線防止、糖質を避け、栄養と睡眠をしっかりとる、運動を週3回以上行うなどがあります。これらは、美容だけではなく、健康にも寄与します。


◎ 小ジワには、グロースファクターよりも皮膚表面に作用する治療が適している

額表面の小ジワはメラフェードにより改善可能です。
小ジワは、表皮が紫外線などのダメージを受けることで発生します。(大きなシワは真皮のコラーゲン減少が原因です)
グロースファクターで皮膚のハリが出ることで小ジワもある程度は良くなるのですが、表皮は別なアプローチが有効なことがあります。
いくつかの改善方法がありますが、その中でもご自宅でも比較的簡単に治療できるメラフェード(塗り薬)をおすすめしております。
メラフェードを併用すると、よりきれいに仕上がり、グロースファクターとの相乗効果が期待できます。
その理由は、以下の通りです。
メラフェードは、 くすみを取るため、肌が明るく見えるだけでなく、表皮のダメージをリセットし、小ジワを改善します。
メラフェードは、塗り薬なので、皮膚表面をきれいにします。
一方、グロースファクターは、注射なので、比較的皮膚の深いところを強化します。
そのため、両方行うと、劇的に改善します。
グロースファクターのみの場合ですと、表面の小ジワは残ります。(
グロースファクター+メラフェードの場合ですと、小ジワまで改善します。(


◎ 額のグロースファクターは、ボトックスとは違い、上まぶたが重くならない

グロースファクターは、ボトックスのように動きを制限することはないので、上まぶたが重くな ることはありません。ボトックスは筋肉の動きを抑えるのに対して、グロースファクターは皮膚 のコラーゲンを増やすことによりシワを改善するためです。 なお、グロースファクターの効果は長期維持されるため、ボトックスとは違い、繰り返しが不要 です。

◆ コメカミのくぼみ

◎ コメカミのくぼみが改善する

額やコメカミの皮膚は、紫外線により薄くなり、重力とともに流れてきます。
コメカミや額までグロースファクターを投与することで、上の方に支えができ、下への重力の負担が減ることで、マリオネットラインが治りやすくなることもあります。(例1 例2

また、コメカミのグロースファクターを行うことで、くぼんだ印象が改善することもあります。(例1 例2 例3 例4
ただし、額・コメカミのグロースファクターを行っても、それ単独でマリオネットラインが消えるほどの強い効果は、残念ながらありません。


◎ 口角の部位との相乗効果が期待できる

額・コメカミは凸の局面になっています。グロースファクターにより皮膚のハリが出ると、皮膚は凸になる性質があります。そのため、額・コメカミ・口角を治療することでお顔の外側を一周強化することで、フェイスラインの改善や小顔効果が期待できます。


◎ コメカミにくぼみが少ない場合は予防効果がメイン

コメカミ自体にくぼみがほとんど見られない場合は、グロースファクターの治療を行っても、一見変化は少ないように見える可能性があります。しかし、コメカミにもグロースファクターを投与することで、前述の通り、上の方に支えができ、下への重力の負担が減ることで、マリオネットラインが治りやすくなることもあります。ただし、その効果がどこまで有効かは、やってみないと分からないところがあります。

◆ 眉間のシワ

グロースファクターにより、力を入れていない状態および力を入れた状態の両方で、眉間のシワの改善が期待できます。
治療例: 例1 例2 例3 例4 例5 例6 例7 例8 例9
ただし、ボトックスとは違い、力を入れた時には多少シワはできることが多いです。
注意点として、シワができて長年経っている場合、グロースファクターのみによる治療では、折れ癖が少し残ることがあります。
深いシワをしっかり治す方法として、グロースファクターによる根本的治療とボトックスによる速効性のある「アイロンがけ」を併用するという方法があります。
グロースファクターのみですと、施術直後にシワを動かすことで、水分が逃げて多少型崩れを起こすことがあります。
速効性があるボトックスにより、それを防ぐことができることができると考えます。
ボトックスの効果は4~6か月くらいで切れますが、切れるころにグロースファクターによる効果が出てきます。

◆ 目の上のくぼみ・シワ

<施術前>

<6週間後>


上まぶたのくぼみが改善しています。目の上のくぼみ治療の症例写真はこちらです。

<施術前>

<1ヵ月後>


<施術前:笑顔>

<1ヵ月後:笑顔>


上まぶたのくぼみと目の下のくぼみに対してグロースファクター注入療法を行っています。また、目の下は経結膜脱脂+グロースファクターも受けられています。目元が若々しい印象になりました。笑ってもヒアルロン酸やボトックスの時のような違和感はありません。

◎ 目の上のグロースファクターにより二重が多少狭くなることがある

目の上のグロースファクターにおけるリスクとして、腫れ・内出血以外に、くぼみの中に奥まっている皮膚が手前に出てくると、二重が多少狭くなることがあります。
それで上まぶたの重みが悪化したと言われたことはありません。
詳細は症例写真をよくご覧いただければ幸いです。
例1 例2


◎ 目の上は常に動く場所なので、1回では多少物足りない結果になることがある

半年経った仕上がりは、シミュレーションのイメージ、つまり注入直後よりも多少物足りなくなることがあります。
つまり、グロースファクターの追加が必要になることもあります。
その確率は全体のおよそ20%ですが、どこまでをゴールに求められるかにもよります。
ちなみに、全く変化しなかったということはこれまでありませんでした。
グロースファクターの追加料金は、各部位の正規料金の半額以下の量や範囲に応じた料金とさせていただいております。


◎ 目の上のくぼみは、時間帯などによって症状に波が出ることもある

目の上は、朝晩などの時間帯や季節・気候(特に乾燥)、疲労や体調による変化が出やすい場所なので、症状に波があります。


◎ 目の上のたるみはグロースファクターの適応外

目の上のくぼみは、グロースファクターで改善可能です。
しかし、目の上の伸びた皮膚(皮膚のたるみ)はグロースファクターで縮めることはできません。
その場合、まぶたのたるみ取り手術が必要となります。(余った皮膚を切って縫う手術で、抜糸が必要となります)
なお、皮膚を切る場所は、二重まぶたの線のところまたは眉毛の下で行います。
眉毛の下の場合、眉毛下切開とも呼ばれます。
例1 例2

目を開けたときに黒目が隠れている場合は、まぶた自体を開ける機能が低下していると判断で記、眼瞼下垂の診断になります。
その場合は、皮膚のみの処理だけではなく、眼瞼挙筋腱膜と呼ばれる、まぶたの奥の方にあるまぶたを上げるスジを縫い縮める処置を行います。

◆ 目の下のくぼみ・シワ

<施術前>

<3ヶ月後>


目の下のくぼみ(たるみ)に対してグロースファクターのみで治療を受けられました。皮膚のハリが出ることで、目の下のくぼみが解消されて、きれいになっています。
グロースファクターによる目の下のたるみ・クマ治療についての詳細はこちらをご覧下さい。

グロースファクターによる他院修正治療の症例写真はこちらです。


<施術前>

<注射部位>

<3ヶ月後>


赤く囲った部分はくぼみがあるところで、グロースファクターによりふっくらと若々しくなっています。青く囲った部分は脂肪による膨らみがあり、そこは経結膜脱脂を併用しています。

◆ 頬・ゴルゴ線

<施術前>

<9ヶ月後>


目の下・頬・法令線・口角のグロースファクターを受けられ、5か月後の時点で全体に追加投与を受けられています。頬全体がゴルゴ線を中心にリフトアップされています。

◎ 頬がグロースファクターで上がる理由は?

頬に関しては、頬の領域全体に対してグロースファクター注入を行うことで、ふわっとしたリフトアップが可能です。その原理は、紫外線により薄くなり、重力とともに下がった皮膚が元の位置に戻るためです。 それにより若返った印象になります。詳細はこちらをご覧下さい。


◎ 頬骨の高さや頬のくぼみの個人差があっても大丈夫?

頬のじん帯が強い方は、ゴルゴ線ができやすい傾向にあります。
特にじん帯が強い方は、グロースファクター後にゴルゴ線が残りやすい傾向にあります。(施術例
また頬骨が比較的高い方は、そこはグロースファクターを控えめに打つことで、バランスよく仕上がる工夫をいたします。(施術例


◎ 頬にシミ・くすみがあると、くぼんで見える原因になります

頬にシミ・くすみがあると、洗面所などの暗い場所で鏡を見た場合に、グロースファクター治療後であっても、くぼみやシワがあるように見えることもあります。(詳細はこちら
当院では、メラフェードによる治療の併用をお勧めいたします。


◆ 法令線

<施術前>

<6ヶ月後>


◎ 法令線ができる理由は?

法令線の出現は、頬のたるみと関連があります(詳細はこちら)。 頬がたるんで落ちてくるとともに、法令線の部分のコラーゲンが減っていると、支えきれずにシワができます。グロースファクターは、法令線部位に支えを作る効果があります。


◎ 法令線のグロースファクターはどこに注射する?

法令線のグロースファクターの施術要領は、シワに沿って注射を打つことで、その部分にハリが出ます。法令線がそれほど深くない方の場合は、笑った時のシワが浅くなるといった、今後の予防効果が期待できます。(詳細はこちら

  • その他の法令線のグロースファクターの注意点はこちらをご覧ください。

◆ 口角・マリオネットライン

<施術前>

<3ヶ月後>


口元のシワが改善され、若々しい印象になりました。

◎ マリオネットラインを改善するには?

口角の部位のグロースファクターでマリオネットラインは改善可能です。口角の部位のグロースファクターは、頬の外側を広く注射するとともに、マリオネットラインがある方は、そこもグロースファクターでハリを出し、上からの重みを支えられるように強化します。(詳細はこちら
頬の外側の皮膚は、加齢によるコラーゲン減少とともに支えを失って脂肪とともに落ちてきます。それが元の位置に戻るためです。ご自分の復元力で戻るので、糸で持ち上げるよりも仕上がりが自然です。また、頬外側の皮膚にハリがでることで、口横の縦ジワも改善します


◎ 口角のグロースファクターの効果を高める方法

額やコメカミの皮膚は、紫外線により薄くなり、重力とともに流れてきます。額やコメカミのグロースファクターも行うことにより、上の方に支えができ、下への重力の負担が減ることで、マリオネットラインが治りやすくなることもあります(治療例はこちら)。額・コメカミ・口角の3か所をグロースファクターで治療することで、お顔の外側一周をしっかり強化でき、フェイスラインのしっかりした改善や小顔効果が期待できます。ただし、額やコメカミのみの治療でマリオネットラインが治るということはありません。


◎ フェイスラインが改善する原理は?

紫外線や加齢などによる皮膚のコラーゲン減少により、皮膚は下垂します。
グロースファクターでコラーゲンが増えると、元の位置に自然にもどります。(例1 例2 例3
口角のグロースファクターでは、外側全体を広くグロースファクターを注射するので、外側を引き上げるような力が働きます。ただし、どこまで良くなるかは、皮膚の弾力次第のところがあります。
紫外線や糖質過多、喫煙、ストレスなどにより皮膚の弾力は低下します。弾力が低い方や頬の脂肪が多い方(上からの重みによる負荷が高い方)は、マリオネットラインや口周りのもたつきが多少残ることがあります。
紫外線を多く浴びてこられたため、弾力が低下した方だと、シワが残ることもあります。(
頬の脂肪が多い方だと、一番下に重みがかかり、マリオネットラインが残りやすい傾向にあります。(
※お顔全体のたるみ治療についての詳細はこちらをご覧下さい。
※各種たるみ治療を比較検討中の方はこちらをご覧下さい。


◎ 口角のグロースファクターで頬のこけが改善する原理は?

グロースファクターによりコラーゲンを増やし、頬外側の皮膚のハリを出すことで、骨ばった印象が改善することと、重力により下がっていた皮膚と脂肪が元の位置に戻るため、頬のこけの改善が期待できます。ただし、グロースファクターで脂肪が増えるわけではないので、元々皮下脂肪が少ない方は、ボリュームアップにはある程度限界があります。
頬のこけの治療例: 例1 例2 例3 例4 例5 例6 例7


◎ アゴが小さめの方のアゴのシワを改善

一般的に、顎が小さめの方は口周りの皮膚が余ってしまう傾向にありますので、どうしてもシワができやすいことがありますが、そちらも口角のグロースファクターによる改善が期待できます。
アゴが小さめの方の治療例: 例1 例2

  • その他の口角のグロースファクターの詳細についてはこちらをご覧下さい。

◆ ニキビ跡のくぼみ

<施術前>

<6か月後>


このようなニキビ跡にも、ピンポイントでグロースファクターを打つことが可能です。

◆ グロースファクターの治療の流れ

ご予約時に、カウンセリングのみか、当日の施術も受けられるかを選んでいただけます。
当日施術ご希望の方は、治療の適否の判断のために事前にメール相談(HPの「お問い合わせ」よりお写真を送付)をお願いしております。
以下、当日施術の流れです。


  1. 問診/カウンセリング
  2. お支払い
  3. 写真撮影・・・カルテとして保存するためで、モニターの方以外は他の人に見せたりすることはございません。
    施術後にご自身のお写真を比較してお見せしたり、今後来られた時に比較のためにお見せいたします。
  4. 日焼け止め・メイク落とし(こちらで必要な部位のみ落とさせていただきます)
  5. 施術・・・塗りクリーム塗布20分後に、冷やしながら行います。さらに痛みを抑える工夫として、これも含めて5段構えにしています(細い針、お薬も痛くない工夫、痛み止めのボール)。そのため、痛みはわずかにチクチク感じる程度のことがほとんどです(感じ方には個人差があります)。なお、塗り麻酔は施術料金に含まれます。

一部位10~15分前後です。(止血時間の長さにより多少差があります)
メイクや日焼け止めは1時間後から可能です。食事や入浴に支障はありませんが、飲酒・運動は1週間後からとなります。
グロースファクター終了後はそのままお帰りいただきます。(ご希望の方にはマスクを差し上げております)

◆ グロースファクターの所要時間の目安

カウンセリングが45~60分ほどかかります。
洗顔・麻酔クリームが約30分。
施術部位1カ所に付き10~15分。(注射自体は数分で、ほとんどが止血のため押さえている時間)
例えば、目の下+頬の施術のみですと1時間程度になります。
同部位の当日施術(カウンセリング+施術)ですと、合計で2時間程度になります。


※カウンセリング当日にグロースファクターのみの施術をご希望の方は、事前にメール相談にて治療の適否を判断させていただいております。

※施術後の通院は通常は必要ありません。何か気になることがおありでしたら、一度HPのお問い合わせのところからご連絡いただければ幸いです。

◆ グロースファクター注射後の経過について

グロースファクターの注射に含まれる水分や注射自体の刺激による腫れが引いていくタイミングの関係から、注入してから数時間後から2・3日後に一度ボリュームが直後に比べて減ったように見えることがあります。しかし、その後徐々に半年かけて皮膚のハリが出てきます。最終的な結果は、約6か月かけて徐々に出てきます。(詳細はこちら
グロースファクター施術後の変化は日々少しずつしか起こらないので、毎日鏡を見ても変化に気づかないことがあります。1か月くらいではまだまだこれからということもあります。良くなるまでの過程には多少個人差があります。効果にも多少個人差がある場合もあり、特にシワ・くぼみが深い方は、再度の注射を要することがありますが、それも1回程度のことが多いです。

◆ グロースファクターのリスク・危険性について

  • 体質・肌質の違いによる個人差、場所により多少効果に差が出る可能性。⇒2~3回の注入が必要になることもあります。(特に深いシワ・くぼみの場合)
  • 腫れ:1週間~数週間(ほとんどが写真では分からないレベル。むくみやすい体質かどうかにもよります)
  • 内出血:1週間~10日くらい(針穴に沿った点状のことがほとんど。まれに血豆、青あざとなり長引くこともあります)
  • 違和感・軽い痛み:チクチク感を1週間~数週間感じる可能性がまれにあります。(特に顔全体のグロースファクターを受けられた方)
  • 痛みが残る・神経が傷付く(これまでなし):敏感な方、深部への注射などで起こり得ます。
  • もの足りない可能性・部分的なくぼみ⇒6ヵ月以降に追加することで対処可能です。
  • 変化に乏しい可能性:元々たるみがあまりない方であり得ます。ただし、予防効果は期待できます。
  • 特に凸の曲面で膨らんだ印象になる可能性⇒皮膚の性質にともない起こりえますが、脂肪溶解注射で対処可能です。(なお、これまで皮下に塊ができたことはありませんでした)
  • 足りないところと足りているところの差が出る可能性(段差を触れるなど):特に額のように後面が固いところでは過不足の差が凹凸や段差、場合により膨らみとして他の部位と比較して感じやすいこともあります。特に肌の色が濃い方であり得ます。
  • 何年も膨らみ続ける:当院ではなし(他院での報告はあり)
  • 感染(これまでなし)⇒抗生剤などの治療法あります。
  • アレルギー:麻酔クリームや消毒により、湿疹、びらんなどが起こる可能性
  • 目の下で、たるみが下に落ちてふくらみのように見える可能性(特に皮膚に弾力が低下している方・・・日焼け、年齢、糖質、喫煙による影響が大きいです:実際の例

◎ グロースファクター後の内出血のリスクについての補足

グロースファクターのみですと、針穴程度の内出血のあとはありますが、メイクで隠せる程度のことが多いです。
それくらいであれば、1週間~10日ほどで消えていきます。
しかし、力を入れたりすると、後から内出血が起こり、青あざが出たり、場合によっては血豆のようにたまることもあります。また、黄色い内出血が出ることがあります(血液の血漿成分の色)内出血の予防のためには、帰られる際に走ったりしないように安静を心がけていただくことが重要です。
また、立った状態で前屈姿勢にならないように気をつけていただくことも大事です。
一番気をつけるべきことは飲酒で、少量飲んだだけでも内出血が出ることがあります。
もし血豆のようにたまった場合は、1週間~数週間程度内出血が引くまでに時間がかかることもあります。
非常にまれですが数か月かかることもあります。
また、血がたまると、組織の圧迫により痛みが生じることがあります。(たんこぶと同じようなものです)
詳細はこちらをご覧下さい。

◆ グロースファクターの痛くない工夫

① 麻酔クリーム(料金に込み)

② 非常に細い針で施術

③ 氷で冷やしながら注射。

④ お薬自体も痛くない工夫がされています。

⑤ 痛み止めのボール(握ることで痛みが緩和)


※グロースファクターは、ほとんど痛くなかったという感想の方が大半だと思います。(詳細はこちら
もちろん、人によっては痛みに敏感など個人差がありますので一概には言えませんが、グロースファクターは痛くないように様々な工夫をしております。
実際にグロースファクターを受けられて、痛みで涙を流される方はほとんどいらっしゃいません。
もしどうしても痛みがご不安でしたら冷やす時間を長くするなどいたしますので、ご希望があればご遠慮なくおっしゃってください。

◆ グロースファクターの症例写真

◎ 顔全体のグロースファクター(目の下・頬・法令線・口角)


40代 女性。施術前/7か月後・・・目の下・頬・法令線・口角のグロースファクターを受けられ、メラフェードも使用されています。全体的に若返った印象になりました。
この方の詳細はこちらです。



40代 女性。施術前/3ヵ月後。シワ・たるみが改善しています。メラフェードも使用されています。
この方の詳細な経過はこちらです。



40代 女性。施術前/6ヵ月後・・・頬がリフトアップし、口周りがすっきりとなりました。目の下のクマは脱脂+グロースファクターを受けられています。
この方の詳細な経過はこちらです。



30代 女性。施術前/5カ月後・・・目の下・頬・法令線・口角のグロースファクターを受けられています。全体的にリフトアップし、若々しい印象になりました。クマも解消されています。



40代 女性。施術前/1年後・・・頬・法令線・口角のグロースファクター以外に、目の下は脱脂+グロースファクターも受けられています。全体的にハリが出て、若返っています。



40代 女性。施術前/1ヶ月後・・・頬・法令線・口角のグロースファクター以外に、目の下は脱脂+グロースファクターも受けられています。全体的にシワが改善し、ハリとツヤのある肌になっています。


その他の顔全体のグロースファクターの症例写真はこちらです。

◎ 額


40代 男性。施術前/2ヵ月後・・・額のシワが改善しています。



40代 男性。施術前/1ヵ月後・・・額のハリが出てシワが改善しています。



40代 女性。施術前/3ヵ月後・・・額を動かしてもシワが出来にくくなりました。
眉間にも応用可能です。


その他の額などのグロースファクターの症例写真はこちらです。

◎ 目の上のくぼみ


40代 女性。施術前/3ヵ月後・・・皮膚のハリが出て目の上のくぼみが改善しています。目の下は脱脂+グロースファクターも同時に受けられています。
この方の体験談はこちらです。



30代 女性。施術前/3ヵ月後・・・目の上のくぼみと目の下のクマ治療(脱脂+グロースファクター)を同時に受けられています。
この方の詳細な経過はこちらです。
目の上のくぼみの症例写真はこちらです。
例1 例2 例3 例4 例5

  • 目の上のたるみはグロースファクターの適応外

目の上のくぼみは、グロースファクターで改善可能です。
しかし、目の上の伸びた皮膚(皮膚のたるみ)はグロースファクターで縮めることはできません。
その場合、まぶたのたるみ取り手術が必要となります。(余った皮膚を切って縫う手術で、抜糸が必要となります)
なお、皮膚を切る場所は、二重まぶたの線のところまたは眉毛の下で行います。
眉毛の下の場合、眉毛下切開とも呼ばれます。
例1 例2
目を開けたときに黒目が隠れている場合は、まぶた自体を開ける機能が低下していると判断でき、眼瞼下垂の診断になります。
その場合は、皮膚のみの処理だけではなく、眼瞼挙筋腱膜と呼ばれる、まぶたの奥の方にあるまぶたを上げるスジを縫い縮める処置を行います。

◎ 目の下のクマ・くぼみ・シワ


30代 女性。施術前/6ヵ月後・・・目の下のクマがきれいになっています。
この方の詳細な経過はこちらです。



30代 女性。施術前/3ヵ月後・・・目の下のくぼみ・クマがきれいになっています。



50代 女性。施術前/2ヵ月後・・・目の下+頬のグロースファクターを受けられました。



50代 女性。施術前/1か月後・・・目の下+ゴルゴ線までグロースファクターを行っています。脂肪は多めですが、広い範囲に注入することでクマを比較的目立たなくすることができます。

◎ 頬・ゴルゴ線


80代 女性。施術前/2ヵ月後・・・顔全体のグロースファクターを受けられています。目の下と頬は改善効果が比較的しっかりと見られています。グロースファクターは一般的に、上の方ほど治りやすく、下の方ほど治りづらい傾向があります。
この方の詳細な経過はこちらです。



30代 女性。施術前/1ヵ月後・・・頬も含めた顔全体のグロースファクターと目の下脱脂を受けられました。下がった頬がリフトアップしています。
この方の詳細な経過はこちらです。

  • 目の下と頬の治療をどちらもご検討されている場合

もし目の下と頬の治療をどちらもご検討されているのであれば、できれば同時に受けられることをお勧めいたします。
その理由は、目の下と頬は隣り合った部位で、なおかつ境界があいまいなため、同時に治療した方がバランスが取りやすいためです。
もし目の下と頬を別々な日程で治療された場合、これまで問題になったことはないのですが、打ち漏れや重複などが生じるリスクが多少ありえますので、ご了承ください。
ちなみに、目の下・頬以外でしたら別々の日でも影響はありません。
詳細はこちらをご覧下さい。

◎ 法令線


30代 女性。施術前/6ヵ月後・・・法令線が目立たなくなっています。自然な仕上がりです。
この方の詳細な経過はこちらです。



20代 女性。施術前/6ヵ月後・・・目の下の脱脂と顔全体のグロースファクターを受けられています。
この方の詳細な経過はこちらです。



40代 女性。施術前/6ヵ月後・・・顔全体のグロースファクター+メラフェードによるシミ・くすみ対策をされています。法令線が改善すると見た目が若返ります。
この方の詳細な経過はこちらです。


その他の法令線のグロースファクターの症例写真はこちらです。

◎ 口角・マリオネットライン


40代 女性。施術前/3か月後・・・頬+法令線+口角のグロースファクターを受けられています。フェイスラインが引き締まってシャープな印象になりました。



50代 女性。施術前/4ヵ月後・・・顔全体のグロースファクターを受けられています。口周りのたるみ感が改善しています。

◎ 頸部

頸部の治療方法には、通常のグロースファクターと水光注射とがあります。
当院の水光注射は、器械によるはんこ注射の形式でグロースファクター広く浅く注射するものです。ただ、水光注射は打つ量が少ないので、変化は写真で判別できる程度のものではなく、小ジワやキメの改善程度の効果になります。そのため、様子を見ながら3~6か月ごとに何度か行うかたちになります。
もし明瞭なシワ・たるみの改善をご希望でしたら、通常のグロースファクターをおすすめいたします。
水光注射は、一度グロースファクターを一通りされた方が、数年ごとのメンテナンスを行うのに向いています。
頸部のグロースファクターの治療例: 例1 例2 例3


◎ 手の甲(手背)

手の甲の血管は、グロースファクターにより皮膚のコラーゲンを増やし、厚みが出ることで透けて見えづらくなります。
治療例: 例1 例2


その他の症例写真はこちらです。

◆ 部位で迷っている方へ・どこから治療したらよいか分からない方へ

◎ 若返りに有効な部位について

若返りという意味でしたら、一般的に目の下と頬、法令線が効果的です。
また、フェイスライン・マリオネットラインは口角の部位になります。
HPやブログなどで「顔全体」という場合はこれらの4箇所を指します。
一般的には、お顔の中心部分である、目の下、頬、法令線を若返らせることが効果的です。
その理由は、人の顔を見る時に、無意識的にそこに目が行くからです。
また、上のほうが重力の影響が少なく、改善が目に見えやすい傾向にあります。
例えば、目の下は法令線よりも上からの重みがなく、皮膚は薄いです。
逆にマリオネットラインは、お顔の最下点に位置し、最も重力の影響を受けるので、比較的治りにくい場所と言えます。
そのため、複数個所を治療する場合は、目の下⇒頬⇒法令線⇒口角の順で行うと改善しやすく、またご自分から見ても他の人から見ても改善した印象が分かりやすいです。
したがって、まずは目の下・頬・法令線を優先に治療され、ご希望の場合は、後で口角や額の領域の治療を追加するという方針を多くの方が選ばれ、実際に効果をあげています。
(詳細はこちら

◎ シワ・たるみが少ない部位は変化が出づらいこともあるが、予防効果が期待できる

元々シワ・たるみがないところに打っても、変化がないように見えることがあります。その場合は、予防効果がメインとなります。早めの治療によりそこはたるみにくくなるため、老化防止になります。(詳細はこちら)その他、横を向いても顔が垂れない、触った時のハリ感が改善するなどの効果はあります。
逆に放置しすぎて弾力が低下し、たるみがひどくなってからの改善は難しいこともあります。そのため、たるみが悪化しすぎないくらいの年齢で受けられるのがよいかもしれません。(詳細はこちら
※お顔全体のたるみ治療についての詳細はこちらをご覧下さい。
※各種たるみ治療を比較検討中の方はこちらをご覧下さい。

◆ 当院のグロースファクターに関する統計(H26.1~H26.8)

性別と年代の割合・・・30代、40代の方がそれぞれ27%、42%と多くを占めています。男女ともに40代が最も多いです。女性の割合は、全体の83%です。



部位別・・・目の下(経結膜脱脂併用を除く)と法令線がそれぞれ25%、32%と多く、その他、水光注射で顔全体に打つ方法も12.5%と人気です。

◆ Q & A

ヒアルロン酸が入っているところにもグロースファクターは打てますか?
目の下(涙袋も含む)・頬・額など、凹凸が出やすい場所に打たれた方は一度溶かして頂く必要があります。その他の部位もヒアルロニダーゼでヒアルロン酸を溶かしてからの当院の受診をおすすめします。ヒアルロン酸が入っている所は、本来の状態ではないため、グロースファクターの注入量がどうしても控えめになってしまいます。
また、残っているヒアルロン酸が後で溶けると、その分くぼみやシワが後で出ることがあり得ます。その他、グロースファクターとヒアルロン酸で思わぬ反応が出ないとも限りません。
可能であれば、診察までに溶かしていただくのがベストですが、そのまま拝見しても、治療法に関しては、あくまでも溶かされたことを前提にした一般的なお話しにとどまりますので、ご了承ください。
溶かす場合は、入れてもらったクリニックが治療部位を把握しているためよいのですが、その他のクリニックでも可能な場合もあります。
なお、当院では溶かす治療はあいにく行っておりません。
溶かすのはグロースファクターの施術を受けられる最低1週間前にお願いいたします(溶解注射による水分が完全に引いてからがグロースファクターを行ったほうがよいです)。もしヒアルロン酸溶解注射で内出血が出た場合、完全に引いてから治療を受けられたほうがよいです。(詳細はこちら
グロースファクターを注射する時の痛みはありますか?
グロースファクターは、麻酔クリームを塗ってから行い、冷やしながら行います。
その他、お薬も痛くない工夫、細い針、痛みの感じ方を和らげるボールといった5段構えの痛み対策を施しておりますので、ほとんど痛くなかったという感想の方が大半だと思います。
もちろん人によっては個人差がありますので一概には言えませんが、チクチクする感じは多少あっても痛みはほとんどないと思います。実際にグロースファクターを受けられて痛みで涙を流される方はほとんどいらっしゃいません。
もしどうしても痛みがご不安でしたら、冷やす時間を長くするなどいたしますので、ご希望があればご遠慮なくおっしゃってください。ちなみに終了後の痛みはありません。
内出血はおきますか?
グロースファクターはとても細い針で注射していきますが、血管に当たった場合は針穴に一致した部分に内出血がおこる場合があります。もし起きた場合は即座に圧迫止血して最小限になるようにします。たいていの場合は7~10日ほどで引きますが、その間はマスクやメイクなどで隠せる程度のことがほとんどです。ただし、帰られる際に走ったりすると、その瞬間に血豆のように溜まることがあり、その場合は、数週間からまれに数か月と長引くこともあり得ますが必ず引きますのでご安心下さい。
グロースファクター後、お化粧をして働ける状態には施術後どのくらい時間かかりますか?
注射のみですとメイクは1時間後から可能です。(ちなみに脱脂の場合は翌日からになります。)
グロースファクターのみですと翌日くらいからお仕事に行かれる方もいらっしゃいます
グロースファクターのみでは腫れはほとんどありません
ただし血が出やすい方、止まりにくい方(鼻血が出やすい方など)は多少目立つこともあります。
グロースファクターのみですと3日後にはほとんど目立たないことも多いですが、個人差はあります。
手の甲の血管の浮いた皮膚もグロースファクターは適応になりますか?
手の甲の血管は、グロースファクターにより皮膚のコラーゲンを増やし、厚みが出ることで透けて見えづらくなります。腱が浮いているのも改善できます。完全に隠すことは難しいですが、見た目が若々しくなります。
グロースファクター後は普通に生活できますか?
グロースファクター施術後のメイクは1時間後から可能です。当日から入浴も可能です。飲酒・運動などは、内出血のリスクが増えるためグロースファクター後1週間控えてください。
グロースファクターは安全ですか?
当院は玉川田島クリニック時代から15年以上の経験を持っており、年間600件以上グロースファクターの施術を」行っておりますが、正しい用法の条件下ではこれまでグロースファクターが増えすぎて明らかな塊にはならないことが分かっています。また、グロースファクターを周りの者や身内の者にも行っているくらいですから、まず安心と言ってもよいかと思います。
グロースファクターはシワの深さで料金が変わりますか?
グロースファクターの初回治療は、くぼみやシワの深さによらず、部位による一律の料金になります。追加料金は、各部位のグロースファクターの正規料金の半額以下の量や範囲に応じた料金とさせていただいております。
グロースファクターはすぐに結果は出ますか?
グロースファクターは基本的には半年かけて徐々に良くなります。施術後間もない内は、完全ではありませんが、効果を実感頂けることもあります。(詳細はこちら
グロースファクター後、通院は何回くらい必要ですか?
通常、グロースファクターの施術後に通院は必要ありません。
もし気になることがおありでしたら、一度HPのお問い合わせのところからご連絡いただければ幸いです。
グロースファクターによる治療後は、通常は1回で満足な結果になることが多く、元々シワ・たるみがない場合を除いて、全く変わらないということは普通はありません。
ただし、わずかに控えめな感じに仕上がることはあり得ます。
その場合、ご希望によっては、追加治療が必要になる可能性はあります。
逆にそれのほうが自然でいいとおっしゃる方もいらっしゃいますが、どこまで改善を希望されるかにもよります。
ご満足いただければ、通院は必要ありません。
そのため、1回限りという方がほとんどです。
統計を取ると、追加される方は全体の約20%です。
そういった方々は、元々シワやくぼみが深い方だったりすることが多いです。
なお、追加料金は、各部位のグロースファクターの料金の半額以下の量に応じた料金とさせていただいております。
例えば、片側の追加でしたら、最初の料金の半額から、さらに半額以下で可能となります。
一度改善したら、後は予防に努めていただければ、長期維持されます。
また、何年経ってもその料金で追加できますので、それほど維持費はかからないと思います。

◆ その他のよくあるご質問

顔のシワ・たるみについて

  • 口周り
  • フェイスライン
  • 治療方法の選択に迷っている方向け
  • シワ・たるみができるメカニズム
  • 目の周り
  • 法令線
  • 額・コメカミ

グロースファクターによるシワ・たるみ治療について

  • グロースファクターの薬剤・手順の解説
  • リスク・副作用について
  • グロースファクター後の経過
  • グロースファクターの効果について
  • 費用について
  • これから検討される方・迷っている方向け
  • 治療前後の過ごし方

◆ グロースファクター料金表

  • 料金
部位 料金
目の上・目の下・眉間 各144,000円(税込)
額・コメカミ・頬・法令線・口角 各186,000円(税込)
頸部・手の甲 各259,000円(税込)
料金は全て税込みです。
「顔全体のグロースファクター」=目の下+頬+法令線+口角を指します。
複数部位を行う場合は、料金は各部位の合計になります。(セット割などはございません)
例1: 目の下+頬=¥330,000(税込)
例2: 目の下+頬+法令線=¥516,000(税込)
例3: 目の下+頬+法令線+口角=¥702,000(税込)

「頬」と「口角」などの部位の違いについてはこちらをご覧下さい。
特にシワやくぼみが深い方は、追加治療が必要になることもあります。追加料金は、各部位の料金の半額以下の量や範囲に応じた料金となります。(H26.1~H26.8の間では、約14%の方が追加治療をされました。)

◆ 当院は完全予約制のプライベートクリニックです。

1回でここまで改善するグロースファクターの技術は当院オリジナルのものですので、全国から患者様がいらっしゃいます。
また、お一人お一人を丁寧に診療しておりますので一日の枠には限りがあります。
そのため、もしご予約される場合はお早めにお問い合わせください。


お問い合わせ・ご相談ご希望の方は、まずオンライン相談またはお電話でご連絡下さい


来院予約

お問い合わせ

(お電話は診療日の10~12時、13~18時にお願いします)

◆ まとめ

グロースファクターは、加齢により減少したコラーゲンを増やす注射です。それにより皮膚のハリやシワ・顔のたるみ・目の下のクマ・フェイスラインのたるみを改善します。
1回良くなったものは何年も効果が持続します。
痛み・腫れ・内出血はほとんどありません。
今から半年後からのあなたの人生を変えてみませんか?
もしよろしければ、今すぐ無料のメール相談をぜひご利用下さい!(治療の適否や有効な方法について、院長が直接コメントいたします。無理にお勧めすることは一切ありません。)

※目の下のクマ・たるみについての詳細はこちらです。
※経結膜脱脂法・手術しない目の下のクマ治療についての詳細はこちらです。
※お顔全体のたるみ治療についての詳細はこちらです。
※各種たるみ治療を比較検討中の方への詳細はこちらです。
※お顔のシワに関する詳細はこちらをご覧下さい。

◆ クリニック概要

世田谷区二子玉川の美容皮膚科 美容外科

二子玉川美容外科クリニック

〒158-0094
東京都世田谷区玉川 3丁目6-5 M.R.E.ビル3F

二子玉川駅 徒歩1分

二子玉川駅の改札を出て左に曲がります。
道路を挟んでパチンコ屋「GOLD」と「川渕不動産」が見えると思います。
その間の道を進んで最初の十字路の左手の角の小さなビルの隣のガラスが大きい3階建てのビルの3階です。

TEL. 0120-735-538(フリーダイヤル) 
TEL. 03-5491-5588(直通)

(お電話は診療日の10~12時、13~18時にお願いします)

■ カード 可

診療時間:10:00 - 19:00
休診:日曜日
その他は不定期休診(下のカレンダーでご確認下さい)
当院は完全予約制のプライベートクリニックです。お一人お一人を丁寧に診療いたしますので一日の枠には限りがあります。ご予約はお早めにお問い合わせください。


診療カレンダー