0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

ほうれい線のお勧めの保湿方法は?【形成外科専門医が解説】

ほうれい線の乾燥が気になり、しっかり保湿方法するにはどのような方法が良いか知りたいと思っていますか?

実はあまり保湿をしすぎるのはお勧めしません。

皮膚の代謝が落ち、ほうれい線がかえって深くなることがあり得るからです。

まずは、ほうれい線が乾燥しないようにする塗り薬で保湿があまりいらなくなるような体質改善をされることをお勧めいたします。
その上で、保湿は必要最低限にされるとよいです。

簡単なお手入れで済むようになるので、とても楽になり、小ジワも改善します。

ここではほうれい線の乾保湿方法について解説いたします。
ぜひ参考にしてみて下さい。

 執筆者: 加治佐 卓也
二子玉川美容外科クリニック院長
(医学博士・形成外科専門医)

ほうれい線の保湿しすぎがあまりよくない理由とは?

保湿しすぎると皮膚がの代謝が落ち、肌によくないから

保湿をしすぎると、肌の代謝が落ちてしまいます。
肌は古い角質がはがれ落ち、新しい細胞が常に生まれるといったサイクルを繰り返しています。

「乾燥するからしっかり保湿しないといけないのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、保湿しすぎると、肌が正常な状態に生まれ変わりにくくなります。

すると、余計に乾燥が悪化します。

洗い過ぎをまずやめる

実は、洗い過ぎにより皮膚表面の表皮が傷つき、ご自身の体で作られる保湿成分が失われることで、逆に乾燥しやすくなってしまうことが多いです。

それによりほうれい線に小ジワができたりします。

つまり、洗い過ぎによる乾燥に注意すべきと言えます。

ほうれい線が乾燥しないような洗い方の詳細>>

 

ほうれい線のお勧めの保湿方法

ほうれい線に保湿クリームを塗るとしたら

お勧めの保湿クリームとしては、セラミドを含むものです。
セラミドには複数の種類がありますが、目的は「皮膚が乾燥しないこと」なので、目的が達成できれば、どのようなものでもありません。
保湿剤は皮膚に載せるだけのもで、一時的なフタに過ぎません。
また、高いクリームには「有効成分」として色々入っているものが、ありますが、少なくとも市販のものではほうれい線が改善するということは、残念ながらありません。

どれくらいの頻度で保湿クリームを塗ればよいのか?

美容皮膚科の文献などを見ると、「お風呂上りを含めて頻回に塗るべき」と言ったことが書かれています。

しかし、前述のように、これは「保湿」の目的を達成できるかもしれませんが、長期的な肌質改善のことをあまり考えているとは言えません。

あまり塗りすぎないようにして、頻度も1日1回~2回程度にとどめた方がよいです。

保湿クリームに頼らなくてもよい肌質改善方法は?

メラフェードによる肌質改善がお勧めです。
これは、トレチノイン+ハイドロキノンが主成分です。
他の製剤よりも副作用がでにくいのが特徴です。

古い角質を外に出して、新しく乾燥しづらい表皮に生まれ変わります。
また、法令線にできた小ジワの底にたまったくすみも取れてきますので、シワ治療をしなくてもほうれい線が浅く見えるようになることが多いです。

 


よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワ、たるみ自動診断

 

関連記事

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による以下の内容が書かれた直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?


・痛み・内出血・腫れ

・お休みを取った期間

・結果の満足度


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>