0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

「若いのにほうれい線が!」原因と簡単な対処法|専門医が解説

 執筆者: 加治佐 卓也
医学博士・形成外科専門医

20代・30代のあなたは、「若いのにほうれい線ができた理由を知りたい」「何とかしたい」と思っているのではないでしょうか?

ここでは、原因と対処法・セルフケアについて解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

若い方のほうれい線はどんな感じか?

「鼻横のくぼみ」が多い

特に20代・30代の方で多いのは、「鼻横のくぼみ・溝」のパターンです。

鼻の横のほうれい線の3つの原因と簡単な2つの治し方

 

年配の方のほうれい線との違いは?

年配の方では、以下のような特徴が見られることがあります。

若いうちからの早めの対処がお勧め

ほうれい線を放置すると、年々深くなっていきます。

そのため、早めに治療・ケアすることで、進行を予防し、いい状態を長く維持することが可能です。

 

若いのにほうれい線ができる原因は?

若い方のほうれい線は、ほとんどは骨格の問題

以下の矢印のところが低いと、「鼻横のくぼみ」が出やすくなります。

下のグラフを見ていただくと、骨格による原因(骨後退型)が、若い方のほうれい線の多くを占めます。

頬の厚み(皮下脂肪やむくみ)

頬の皮下脂肪による影が濃いと、ほうれい線は深く見えます。

まれに皮膚のコラーゲンの減少によるシワがある場合も

紫外線を多く浴びている方や喫煙者などは、皮膚の老化によるある程度深いシワができるようになります。

シミ・くすみ・毛穴の開きもほうれい線の見え方に影響する

シワがあまりなくても、色の問題により線のように見えることがあります。

特に暗めの場所では、見え方が変わるので、注意が必要です。

シミとシワの関係【暗い場所でのシミ・くすみの注意点】

どうすれば治るのか?

上記の原因を一つ一つ取り除くと良くなります。

  • 鼻横のくぼみ・深めのほうれい線⇒皮膚のコラーゲンを増やす
  • シミ・くすみ・毛穴の開き⇒表皮に対する治療を行う
  • 頬の厚み・むくみ⇒食事の塩分コントロール・適切な体重維持

詳細は以下をご覧下さい。

ほうれい線を最小限の手間と費用でリフトアップさせる5つの手順

 

若々しいほうれい線を維持するために意識すべき生活習慣は?

一度きれいになったほうれい線は長く維持したいですよね?

以下のようなことをお勧めいたします。

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワ、たるみ自動診断

 

関連記事


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>