0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • ほうれい線診断

6か月以上前に再生医療または脂肪注入後を受けられた方へ

修正治療には、凹凸・膨らみすぎのリスクがあります

再生医療後の方へ

グロースファクターを含む再生医療は、コラーゲンを増やす効果があります。
グロースファクターとの効果が重複することで膨らみすぎになるリスクがゼロではありません。
また、投与が複数回になると、投与部位が不均一になることで、凹凸が生じるリスクもあります。

これらは、特に弾力が低下した方(年齢、紫外線、甘い物のとりすぎなどが関与しています)にリスクが高いです。

実際は、ほうれい線ではそのような例は経験していませんが、目の下ではそのような事例があります。
その場合の対処法としましては、脂肪溶解注射やグロースファクターによる修正などがあります。

次の方々は、目の下の修正治療後にさらに修正を要した例です。
https://www.ft-bc.jp/12231453938-2/
https://www.ft-bc.jp/12302565139-2/

脂肪注入後の方へ

脂肪注入後の方の修正治療は、注入した脂肪のボリュームにより、グロースファクターの効果との重複で、膨らみすぎや凹凸が生じるリスクがあることをご了承下さい。