0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 頬のこけ

頬のこけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

頬のこけの対処法

頬のこけについては、
頬の内側であれば頬の領域を、
外側であれば口角の領域グロースファクターを行うことで、改善が期待できます。

その原理としては、コラーゲンを増やし、皮膚のハリを出すことで、骨ばった印象が改善したり、重力により下がっていた皮膚と脂肪が元の位置に戻ることによります。

ただし、グロースファクターで脂肪が増えるわけではないので、元々皮下脂肪が少ない方は、ボリュームアップにはある程度限界があります。  

頬のこけの原因

頬のこけは体重の増減の影響を受けます。

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12192973500.html  

そもそも、頬が骨ばったり、たるみがおこったりする理由は、頬のコラーゲンが減少して、薄くなり、支えがなくなることによります。

コラーゲン減少は、おもに紫外線や加齢などが原因です。

【よくあるご質問】口角のグロースファクターで頬の脂肪を増やしたり、こけた感じを改善できますか

頬のこけの治療例

頬のこけの治療例です。

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12190385168.html 

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12013575421.html 

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12192973500.html 

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12393907655.html

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12322369182.html 

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12168281715.html

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12507547513.html

グロースファクターによる顔のたるみ治療の症例写真です。

http://ameblo.jp/ft-bc/theme-10079481054.html

口角のグロースファクターについての詳細です。

 

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12331756959.html 

料金

頬・ゴルゴ線のグロースファクター: 186,000円  

口角・マリオネットラインのグロースファクター:186,000円 

その他の対処法

ご参考までに、その他の対処法として、以下のものがあります。

体重を増やす

3kgくらい増えると、頬の脂肪が増え、ふっくらとなることがあります。

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12192973500.html

食事の塩分を多めにしてみる

むくみが出ることで、こけが改善することがあります。

ただし、腎臓に問題がない方は多少は塩分をとってもほとんど問題ありませんが、多すぎる場合、高血圧のリスクがあります。

額・コメカミのグロースファクター

特に口角+コメカミの施術により、頬骨の上下が引っ張られて、凹凸感が減ります。

頬骨を削る

最終手段です。

頬骨の突出を減らすことで、頬のこけた部分のくぼんだ印象が緩和されます。

なお、口角のグロースファクターの追加際の注意点・リスクとして、コラーゲンが増えすぎて重くなると、口周りのたるみが悪化する可能性があります。

脂肪溶解注射でも同様です。

その理由は皮膚が余るためです。

口角のグロースファクターによる頬のこけの改善例

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12190385168.html  

ただし、グロースファクター注射によって脂肪が増えるわけではないので、改善には限界があります。  

皮下脂肪の少ない方の例です。

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12393907655.html  

なお、コメカミにも施術を行うとさらに改善することがあります。

口角+コメカミ施術例(3-CASE3)

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12256240809.html  

頬のこけに関連する疾患

頬のこけに関しましては、以下のような体重減少を伴う疾患が関連することがあり得ます。

•甲状腺機能亢進症 
•糖尿病
•吸収不良を引き起こす疾患
•精神障害(うつ病など)
•癌
•薬剤•薬物
•嚢胞性線維症
•慢性炎症性疾患(膠原病など) 
•消化器疾患(アカラシア,クローン病,慢性膵炎,消化性潰瘍,潰瘍性大腸炎など)
•慢性心疾患
•拘束性肺疾患
•神経疾患(筋萎縮性側索硬化症,認知症,多発性硬化症,重症筋無力症,パーキンソン病など)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket