0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

赤クマとは?【原因と解消法・治療法を解説】

目の下の赤クマに悩んでいますか?

赤クマは、目の下が赤くなっている状態です。
そのような方は、赤み以外に、だいたい目の下にふくらみとくぼみもあります。
こちらは黒クマ・影クマと呼ばれたりします。

赤クマの原因は、「目の下の脂肪の圧力が高まっていること」です。
それにより、筋肉(眼輪筋:がんりんきん=赤い)が赤く透けて見えている状態です。
眼輪筋は、皮膚と脂肪の間にあります。

赤クマの原因は、眼窩脂肪が眼輪筋を圧迫

実は、脱脂(経結膜脱脂法)で圧力を減らせば、赤クマは改善します。

赤クマ改善前と改善後

赤クマの治療前後です。
赤クマがなくなっています。
それと同時に、目の下の凹凸も取れています。

施術名:経結膜脱脂+グロースファクター 

経結膜脱脂法を行わずに、温めたり、サプリメントを飲んだりしても、赤クマはなかなか改善しません。

また、マッサージをした場合、摩擦による色素沈着で、茶クマがプラスされ、黒ずむことで、余計に赤クマが気になってしまうことにもなりかねません。

以下の内容により、赤クマは意外と簡単に改善されます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

このページの要約

赤クマは黒クマと一緒に起こることが多い。

脱脂+グロースファクター(黒クマ改善法)により赤クマは改善する(赤クマが強い場合は脱脂が必須)。

グロースファクターのみでも、ある程度赤クマは改善する(ただし脱脂よりは効果が弱い)。

 

目の下の赤み(赤クマ)の原因

目の下のクマは、赤以外に黒・茶・青クマのように、色で一般的には分類されます。(目の下のクマの分類>>

このうち、目の下の赤みは、赤クマと呼ばれます。

赤クマの原因は、皮膚のすぐ裏側にある眼輪筋という筋肉が透けて、赤く見えていることによります。

 

透けやすくなる理由は、以下のように2つあります。

①目の下の皮膚が薄くなっている

②目の下の脂肪(眼窩脂肪)が眼輪筋を圧迫している

上記の①②に共通することは、脂肪を包む膜や皮膚の「たるみ」によって起こります。

 

目の下の断面図です。

 

矢印のところが脂肪です。

これが前に飛び出してくると・・・

脂肪がその手前にある筋肉を圧迫し、表面から見ると、筋肉の色が赤く透けて見えます。
これが赤クマです。

同時に、皮膚も薄く引き伸ばされ、余計に赤みが透けて見えやすくなります。

生まれつき見られる赤クマの原因は?

皮膚が薄く、色が白い方で、目の周りの赤い毛細血管が発達していると、赤く見えることがあります。

この場合、鮮やかな赤みであることが多いです。
この場合は、赤クマというよりは、正常範囲であると言えます。

特に涙袋付近に赤みが出ることがありますが、こちらは元々見られるもので、子供でも見られたりしますので、治療は不要であると考えます。

茶クマとの違いは?

茶クマとは、目の下のシミ・くすみ・色素沈着によるものです。

目の下の皮膚を引っ張ってみて下さい。

皮膚が茶色いようでしたら、茶クマです。

ただし、見分ける時の注意点として、屋内の暗めの場所ですと分かりづらいです

屋根のない屋外で、斜め45度から拡大した写真を撮ると、シミ・くすみが鑑別しやすくなります。

実際の赤クマがある方の画像

赤クマがある方は、たいてい黒クマも伴っています。
黒クマは、目の下のふくらみ(脂肪)+くぼみによるものです。
目の下の脂肪のふくらみが多い方は、黒クマの影により、赤クマは、赤黒く見える傾向があります。

赤クマの画像 例

赤クマの治療法

目の下の赤クマの原因として、①目の下の皮膚が薄くなっている②目の下の脂肪(眼窩脂肪)が眼輪筋を圧迫しているということが挙げられます。

したがって、対処法としては、以下の2つを行えば、赤クマが改善します。

①目の下の皮膚が薄くなっているグロースファクター注入
こちらは、注射による方法です。
皮膚のハリを出すとともに、厚みを増すことで、赤みが透けて見えづらくなります。


②目の下の脂肪(眼窩脂肪)が眼輪筋を圧迫している経結膜脱脂法
こちらは、手術による方法です。
まぶたの裏側から脂肪を取ることで、脂肪の圧力を解除できます。
脱脂をすると、赤みは脱脂直後にスーッと引きます。

眼輪筋による圧迫が解除され、脱脂手術直後に赤クマの目の下の赤みがスーッと引く

上記の方々は、ともに目の下の脱脂手術を受けられています。
逆に言うと、これくらい目の下の赤みがある方は、脱脂手術を受けられない限りは、赤クマが残ることが多いです。

赤クマは、手術による方法(脱脂+グロースファクター)が最も確実

グロースファクターのみによる治療でも赤クマは多少は改善します。
ただし、赤みが強い場合は、脱脂手術の方が確実です。

次の方は、赤クマが強い方です。
赤クマが強いため、脱脂手術をお勧めしましたが、グロースファクターのみによる治療法を希望されました。
グロースファクターによる治療後、1年2か月後の状態を見ると、赤クマとふくらみは、多少改善されているものの、残っています。

グロースファクターの追加により対処することも可能でしたが、結局、脱脂手術を後から受けられました。
脱脂手術後は、赤クマ・黒クマがきれいになくなっています。
赤クマがある方で、手術によらない治療後に結局脱脂を受けられた例
詳細な経過>>

次の方も赤クマが強めの方です。
最初、手術をお勧めしましたが、グロースファクターのみを希望されました。
通常、目の下の脂肪の量が中等度の場合は、目の下+頬のグロースファクターが必要ですが、この方は、目の下のみを希望されました。
その結果、ふくらみとくぼみ・赤クマが残り、後から経結膜脱脂手術を受けられました。
脱脂後は、赤クマもきれいに改善しています。

赤クマがある方で、グロースファクターのみの治療後に後から脱脂を行った改善例
詳細な経過>>

 

当院の目の下のクマ・たるみの治療方針の詳細は下記をご参照ください。

目の下のたるみ・クマ治療法総論【目の下のたるみ改善の方針】

 

脱脂+グロースファクターによる赤クマの治療例

CASE1

赤クマの治療例

術前/術後4か月・・・目の下の脂肪が飛び出していますが、赤クマが強く、メイクでも隠せないくらい赤みを帯びています。
経結膜脱脂+グロースファクターによる治療で目の下の凹凸と赤クマが改善しています。

この方の詳細はこちらです。

 

 

CASE2

術前・・・目の下に赤クマが見られます。

脱脂+グロースファクター以外に頬、法令線のグロースファクターも受けられました。

その他、メラフェードによるシミ・くすみ治療も受けられています。

 

 

5

6か月後・・・赤クマが解消され、さらに目の下のクマやシワ・たるみが改善しています。

肌全体も明るくなった印象です。

この方の詳細はこちらです。

目の下のクマ+顔のたるみ+シミ治療 6カ月後の経過

 
 
CASE3
preメイク 

術前・・・赤クマがある方です。

脱脂+グロースファクターおよび頬・法令線のグロースファクターを受けられました。

 

1y1

1年後・・・クマ・シワ・たるみ・シミが改善しています。
赤クマもなくなっています。

この方の詳細はこちらです。

目の下のたるみ・クマ治療+頬・法令線のシワ・たるみ治療+シミ治療 1年後の経過

 

 

グロースファクターのみによる「手術しない目の下のクマ治療」(切らない目の下のたるみ取り)による赤クマの治療例

グロースファクターのみですと、眼輪筋への目の下の脂肪の圧迫は変わらないので、完全に赤みは取れるわけではありませんが、皮膚が薄くなることで赤みが透けて見えづらくなり、赤クマはある程度改善します。

 

CASE1

1

施術前・・・脂肪の量(進行度) としては軽度~中等度です。

また、赤クマが見られます。

目の下のグロースファクターを受けられました。

 

 

3

1年2ヵ月後・・・黒クマが改善してます。

赤みは多少残っていますが、改善が見られています。 
元々目の下の脂肪の量は中等度で、本来は、目の下だけでなく、頬のグロースファクターまで受けられた方が確実です。

この方の詳細はこちらです。

30代女性 グロースファクターによる「手術しない目の下のクマ治療」 1年2ヵ月後の経過

 

 

CASE2

施術前・・・目の下にはふくらみとともに赤クマがあります。

目の下+頬のグロースファクターを受けられました。

6か月後の時点で、目の下に少量追加投与を受けられています。

 

9か月後・・・目の下の凹凸がさらに改善しています。

また、赤クマも目立たなくなっています。

この方の詳細はこちらです。

30代女性 グロースファクターによる「手術しないクマ治療」+くすみ治療 9か月後の経過

 
CASE3
1

施術前・・・脂肪の量(進行度) としては中等度です。
赤クマがわずかに見られます。

目の下のグロースファクターを受けられました。

6か月後の時点でグロースファクターの追加投与を受けられています。

 

5

1年1ヵ月後・・・凹凸と赤クマが改善しています。

この方の詳細はこちらです。

 
 

脱脂をしたのに「赤クマが治らない」場合は、何が考えられるか?

目の下の脱脂をしたのに「赤クマが治らない」ということもあります。

経結膜脱脂法をすれば、必ず赤クマが治るわけではありません。

脂肪を、控えめに、残し気味で取ると、赤クマが残ってしまいます。
これは、脱脂後にくぼんだというのを避けるために控えめに取っていることが考えられます。

当院の経結膜脱脂法は、脂肪を過不足なく取るようにしています。

経結膜脱脂法を成功させる5のポイント【失敗を避けるには?】

他院様で脱脂を受けられ、赤クマが残った方の修正例

実際に当院で修正治療を受けられた方々の例です。

CASE1

1
修正前・・・他院様にて脱脂のみを受けられた後のに来院されました。

4
3年3か月後・・・脱脂+目の下・頬のグロースファクターにより赤クマが改善しています。
詳細な経過>>

 

CASE2

1
修正前・・・他院様にて脱脂のみを受けられた方です。

1
6か月後・・・赤クマがきれいになっています。
詳細な経過>>

症例写真 | 目の下のクマ他院修正治療【目の下のたるみの再治療】

 

グロースファクターのみによる治療後に赤みが気になった場合の対処法

どうしても手術に抵抗がある方は、まずはグロースファクターで様子を見ることも可能です

グロースファクターのみでも凹凸感を解消できたり、赤みが緩和されることがほとんどで す。

グロースファクターのみの治療で物足りない場合は、グロースファクターの追加を受けて頂くことも可能です。

もしそれでもふくらみや赤クマの残存が気になる場合は、後から脱脂を 追加することも可能です。

しかし、実際は、赤クマが強い方には、じっくりとご検討いただいくことが多く、仮にグロースファクターのみを受けられるとしても、赤クマが残ることを事前にご了承いただいております。
そのため、実際は、後から「やっぱり脱脂を受けたい」という方はほとんどいらっしゃいません。

前述の「後から脱脂を受けられたという例」は非常にまれです。(これまで数例のみ)

 「目の下のグロースファクター⇒脱脂例」

 

赤クマがアイクリームでは治らない理由

市販のアイクリームには、赤クマの根本を解決できるような成分、例えば皮膚を厚くしたり、目の下の脂肪を減らすほどの効果を期待できるような成分は入っていません。

そのため、効果としては、保湿程度で、赤クマの改善は難しいとお考え下さい。

赤クマの関連記事

 

目の下の赤み(赤クマ)を取るには、どのような改善法がありますか?

その他の目の下のクマの関連記事

青クマや紫クマは、治療により改善することができますか?

青クマの見分け方・画像・原因・対策・整形による治療法の全て

黒クマ | 特徴と原因、見分け方、ご自分でできる対策と治し方

茶クマの見分け方・画像・原因・自宅でできる対策・治療法の解説

「目の下のたるみ・クマ」の分類・進行度

目の下のたるみ・クマ

「目の下のたるみ・クマ」の分類・進行度

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックで治療を受けてみたいけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々の直接の声を聞いてみませんか?


1.似たような症状の方の経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンから資料ご覧ください。


資料を読む>>