0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

目の下のたるみ取り手術

目の下のたるみ取りをご検討中ですか?

目の下のたるみを取る方にはいくつかの方法がありますが、皮膚を切る方法と切らない方法に分かれます。

目の下のたるみ取り手術は目の下の余っている皮膚を切って縫う最終手段です。

ぜひ参考にしてみて下さい。

目の下のたるみ取り治療の種類

目の下のたるみを取る方法」は以下があります。

  • 経結膜脱脂法・・・まぶたの裏側から目の下の脂肪の余分なところを取る手術
  • ハムラ法・裏ハムラ・・・脂肪を包んでいる膜ごと、ふくらみをつぶした状態で骨の表面に固定する手術
  • グロースファクター注入療法・・・皮膚のコラーゲンを増やすことで、皮膚のハリを出し、目の下のたるみを緩和させる、切らない治療
  • 目の下のたるみ取り手術・・・目の下の余っている皮膚を切って縫う手術

 

現在、当院では、目の下のたるみ取りを希望される方の中でグロースファクターのみによる治療を選ばれる方が多いです。

当院の目の下のたるみ・クマの治療方針>>

 

目の下のたるみ取り手術とは

ここでは、「目の下のたるみ取り手術」について解説いたします。

この手術は、「皮膚を切って縫う治療」で、目の下の皮膚が余っている場合の最終手段です。
通常はあまり行わない方法です。

まず、目の下の皮膚をつまんでみて下さい。

どらくらいつまめますか?

もし爪くらいまでつまめる場合は、皮膚がだいぶ余っていると言えます。

目の下の皮膚が余っている場合、余分な皮膚を切除して縫うと、目の下のたるみがすっきりします。

切除範囲の例です。

目の下のたるみ取り手術

手術手順

局所麻酔をまぶたの皮膚に注射後、メスで余分な皮膚を切除し、糸で縫います。
麻酔は冷やしながら行いますが、多少チクチクする程度です。
手術中は麻酔が効いているので、痛みはありません。

必要に応じて、脱脂も行うことが可能です。

手術時間は片側30分前後です。  

抜糸について

1週間後から10日後くらいに抜糸に当院へ来ていただきます。
糸は1週間くらいで自然に取れるようにゆるめに縫うので、抜糸は不要になることもまれにあります。
抜糸は痛みはなく、すぐに終わります。

起こりうるリスク・危険性

腫れ

傷の周囲の腫れが1週間程度(むくみやすい方は数週間程度わずかなむくみが続くことも)

内出血

青アザが出る可能性。1週間から10日くらい。(期間には個人差あり)

感染

術後に抗生剤を飲んで頂くので、可能性は非常に低いです。
赤み・痛み・腫れの症状があれば、抗生剤の追加が必要になります。

軽度の痛み

違和感に近い感じです。
かゆみのこともあります。
1週間~数週間くらいある可能性があります。

キズ跡

体質により赤みが1週間~数か月残る可能性や微妙な白いキズ跡が気になる可能性があります。
最終的には、ほとんど分からないくらいになることが多いですが、個人差があります。

目の下の結膜が見えてしまう可能性

皮膚を取り過ぎると、「あっかんベーの状態」になる可能性があります。

小ジワが残る可能性

この手術方法は、肌質が改善するわけではありません。
小ジワは、表皮が紫外線などによりダメージを受けることで生じます。
そのため、小ジワは残る可能性があります。

左右差が出る・微妙なたるみが残る可能性

技術上の限界により起こり得るリスクです。

術後の過ごし方

術後はご自宅で1日保冷材または氷をビニール袋に入れたもので冷やしていただき、洗顔は翌日から可能です。
抗生剤・痛み止め3日分と洗顔後に1週間程度塗っていただく軟膏をお出しします。
ガーゼは翌朝外していただき、それ以降は洗顔後に軟膏を塗るだけになります。
お酒・運動・温泉・サウナは1週間控えていただきます。(内出血の予防のため)  

当日について

当日は、上まぶたにガーゼを貼った状態で帰っていただきますので、帽子またはサングラスなどをご持参していただくことをお勧めいたします。
当日の術前術後に食事の制限などはありません。  

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

目の下のたるみ・クマ治療の実例と結果を出すための3ステップ

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>