0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

目袋とは?【原因から解消法までを網羅的に解説】

目袋の改善方法をお探しですか?

目袋は、目の下のたるみによるふくらみのことです。

その中には、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が入っています。

これは、皮下脂肪とは異なります。

ここでは、目袋の構造からご自宅でできるケア、さらに治療法まで解説いたします。

ぜひ参考にしていただき、きれいな目元を取り戻す一助になれば幸いです。

目袋の構造

目袋

目袋 断面図

目袋は、目の下のたるみのことで、目の下の脂肪(眼窩脂肪)の突出が原因です。
目袋の下には、くぼみが見られることが多く、目袋とくぼみによる凹凸は黒クマと言われます。

目の下の各構造の名称

目の下のたるみの詳細

黒クマの詳細

目袋と涙袋の違い

目袋は涙袋の下に位置します。
涙袋は、眼輪筋(目の周りにある筋肉)の一部が盛り上がってできます。

目の下の脂肪が出てきて、たるみの程度が重度(たるみが進行した状態)になると、両者は一体化し、「大きな涙袋」のように見えたりすることがあります。

黒クマの種類

 

目袋・クマのケア・自力で行う対策

ご自宅で目袋・クマを治す方法をお探しでしたら、よろしければ以下をご覧下さい。

その他の目袋・クマのセフルケア関連の記事

目の下のクマ・たるみ-セルフケア・予防法 
眼輪筋を鍛える方法 
要注意!逆効果な眼輪筋トレーニングの方法とは?!
眼輪筋の鍛えすぎによるデメリットついて 
ビタミンCのクマへの効果 
蒸しタオルによるクマ対策  

目袋を消す治療法

目袋を消すには、いくつかの方法がありますが、経結膜脱脂法が最もシンプルで確実です。

これにより目袋を涙袋に変えることができます。

’経結膜脱脂による涙袋の変化
こちらの方は、目の下の脂肪の量はやや多めですが、脱脂後に目袋が解消され、隠れていた涙袋が出てきています。
つまり、目袋が涙袋に代わっています。

目袋・目の下のたるみを改善する方法については、以下をご覧下さい。

当院の目の下のクマ・たるみの治療方針 
目の下のクマ・たるみを治す方法の比較 

目袋を涙袋に変えるには?

目袋・目の下のたるみを経結膜脱脂法により解消すると涙袋が復活することが多いです。

目の下のクマを取った後に涙袋が出てくるかを予測する方法としては、①昔の写真を確認してみて、涙袋があるかどうか確認する、②笑った時だけ涙袋が出るかどうかを確認するという方法があります。

注意すべき点として、ヒアルロン酸注入による涙袋形成では目袋を涙袋に変えることはできないという点です。

詳細は以下をご覧下さい。

涙袋とクマの関係について 
涙袋の作り方 

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>