0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

眉間のシワ

眉間のシワができるメカニズム

眉間の両側には、眉毛の上縁に沿って皺眉筋(すうびきん)と呼ばれる筋肉があります。
この筋肉の収縮により眉間にシワが生じます。

眉間のシワ治療について

以下の2つがあります。

ボトックス・・・筋肉を麻痺させる治療法です。
グロースファクター・・・皮膚のコラーゲンを増やします。

グロースファクターによる眉間のシワ治療

グロースファクターにより、力を入れていない状態および力を入れた状態の両方で、眉間のシワの改善が期待できます。
治療例: 例1 例2 例3 例4 例5 例6 例7 例8 例9

ただし、ボトックスとは違い、力を入れた時には多少シワはできることが多いです。
注意点として、シワができて長年経っている場合、グロースファクターのみによる治療では、折れ癖が少し残ることがあります。

深いシワをしっかり治す方法として、グロースファクターによる根本的治療とボトックスによる速効性のある「アイロンがけ」を併用するという方法があります。
グロースファクターのみですと、施術直後にシワを動かすことで、水分が逃げて多少型崩れを起こすことがあります。
速効性があるボトックスにより、それを防ぐことができることができると考えます。
ボトックスの効果は4~6か月くらいで切れますが、切れるころにグロースファクターによる効果が出てきます。

グロースファクターの詳細はこちらです。