0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

額のシワ

額のシワの原因

額には縦方向に前頭筋という筋肉が走っています。
額を動かす癖がある方は、繰り返し皮膚に折り目ができることでシワが発生します。

額のシワがある方には眼瞼下垂がある場合も多い

眼瞼下垂とは、まぶたが下がった状態のことをいいます。
眼瞼下垂には生まれつきのもの(先天的)と生まれた後発症したもの(後天的)があります。
眼瞼下垂には様々な種類が多いですが、一番多いものは加齢によりまぶたを持ち上げるスジ(眼瞼挙筋腱膜)が伸びることで目が開けづらくなるものです。

額のシワの治療法

額のシワ治療にはグロースファクターまたはボトックスが用いられます。

違いは以下の通りです。

ボトックス・・・筋肉の動きを抑える


グロースファクター
・・・
皮膚のコラーゲンを増やすことによりシワを改善する

ボトックスは4~6か月程度で効果がなくなりますが、筋肉を動かなくさせるので、しっかりシワが取れます。
ただし、額が重くなったり、目が開けづらくなったりするリスクがあります。

グロースファクターは、額の筋肉を麻痺させることなく、眉毛は自由に動かせるので、上まぶたが重くなることはありません。
そのため、比較的シワは残りやすい傾向にはありますが、繰り返し打つ必要はありません。

額のシワはボトックスによる治療が世界的にも一般的です。(詳細はこちら
しかし、ボトックスは効果が4~6か月程度しか維持されません。
また、額の筋肉の動きが制限されるため、目が開けづらくなることがあります。
特に前述の眼瞼下垂がある方は、まぶたが開けづらくなっており、額の力で目を開けようとしています。

そういう方に額のボトックスを行うと、目が重くなるため、ボトックスは禁忌と言えます。
グロースファクターは、皮膚そのものを若返らせることで、自在に動かせる状態のまま、シワができにくくなります。(グロースファクターによる額の治療例)。

額の細かいシワ(小ジワ)

額にははっきりとしたシワがなく、小ジワがメインの場合は肌質の改善を行った方が効果的です。
こちらはグロースファクターで治療しても残る可能性が高いです。
詳細はこちらをご覧ください。

額のシワには、繰り返しの不要なグロースファクターがお勧め

グロースファクターによる治療例

額のグロースファクター施術前
<施術前>
額のグロースファクター1ヶ月後
<1か月後>

おでこのシワが目立たなくなっています。
「額のグロースファクター」により額のシワや骨ばってデコボコした印象を改善することができます。
ちなみに、コメカミは、額とは別な部位になります。
コメカミのグロースファクターは、くぼみ改善作用があります。
額・コメカミの症例写真はこちらです。

額のシワでグロースファクターが有効なタイプ

グロースファクターによる額のシワ治療の対象となる方の典型例は、くっきりとしたシワがある方になります。
くっきりとしたシワというのは以下のような方々です。
例1 例2 例3 例4 例5

深いシワがなく、浅めの折れ癖だけの方の例です。
それなりの改善は期待できます。
例1 例2 例3

小ジワがある方で、メラフェードも併用された方の例です。

グロースファクターで早めに対策を打つことで今後の予防にもなる

額のようによく動く場所は、シワを放置しすぎるとどんどん深くなっていきます。
深くなりすぎないうちに対策を打たれることで、その後の予防にもなります
癖が強い深いシワがある方は追加が必要になることがあります。(
深い折れ癖がある方でも、ある程度は良くなることが多いですが、完全にゼロにはなりません(

一旦治療を受けられた後は、その後は老化防止に効果がある生活習慣を続けられるだけでよいです。
具体的には、紫外線防止、糖質を避け、栄養と睡眠をしっかりとる、運動を週3回以上行うなどがあります。
これらは、美容だけではなく、健康にも寄与します。

小ジワには、グロースファクターよりも皮膚表面に作用する治療が適している

額表面の小ジワはメラフェードにより改善可能です。
小ジワは、表皮が紫外線などのダメージを受けることで発生します。(大きなシワは真皮のコラーゲン減少が原因です)
グロースファクターで皮膚のハリが出ることで小ジワもある程度は良くなるのですが、表皮は別なアプローチが有効なことがあります。

いくつかの改善方法がありますが、その中でもご自宅でも比較的簡単に治療できるメラフェード(塗り薬)をおすすめしております。
メラフェードを併用すると、よりきれいに仕上がり、グロースファクターとの相乗効果が期待できます。
その理由は、以下の通りです。

メラフェードは、 くすみを取るため、肌が明るく見えるだけでなく、表皮のダメージをリセットし、小ジワを改善します。
メラフェードは、塗り薬なので、皮膚表面をきれいにします。
一方、グロースファクターは、注射なので、比較的皮膚の深いところを強化します。
そのため、両方行うと、劇的に改善します。

グロースファクターのみの場合ですと、表面の小ジワは残ります。(
グロースファクター+メラフェードの場合ですと、小ジワまで改善します。(