0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 未分類

「メラフェード」・・・通院せずに気軽に自宅でシミ・くすみ・小ジワ治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

目次

メラフェードは3本セットの塗り薬で、ご自宅で気軽にシミ・くすみ・小ジワ治療ができます。

その他、毛穴、皮膚のハリ、ニキビも改善します。
誰にも気付かれず、ダウンタイムがほとんど無く治療できます。
シミについては、肝斑なども治療も可能です。

メラフェードの利点

様々な種類のシミにご自宅でこれを塗るだけで対応できる

肝斑が混ざっていても、フォトフェイシャルやレーザーのように治療の使い分けにあまり悩む必要はありません。
1日1回塗るだけなので良くなるので、楽です。

副作用が少ない

この製品のいいところは、日本人向けに開発されているだけあって、目立つような副作用もほとんどないところです。
市販や皮膚科で処方されるハイドロキノンは、副作用として赤みが約50%の割合で出ると言われています。

他の類似のものよりも保管しやすく長持ちする

メラフェードは、冷暗所保存で半年間保存可能です。
暑すぎる場所でなければ、常温でも保存可能です。

生活に支障がない

メラフェード使用中にはお化粧もできます。

メラフェードのおもな効果はトレチノインとハイドロキノンによるもの

  • トレチノイン・・・皮膚の代謝を上げ、古い皮膚を除去して、新しい肌に入れ替える作用
  • ハイドロキノン・・・メラニンの生成を抑え、シミを改善

メラフェード3本セットの主成分

それぞれ、以下の成分が入っています。

  • メラフェードT・・・0.1%トレチノイン・4%ハイドロキノン
  • モイストエッセンス・・・ヒアルロン酸(メラフェードTを薄める役割)
  • エマルジョン・・・α-アルブチン・ビタミンC(美白成分)

メラフェードの副作用

メラフェードの使い始めの最初の1週間で、赤み・乾燥・ヒリヒリ感といった症状が出ることがあります。
これは、効いているという証拠ですが、辛ければ使用頻度を減らすことで対処可能です。
辛くなければ、ご使用を継続されても構いません。

通常は1週間くらいでこのような症状は落ち着くことがほとんどで、挫折される方の割合は非常に少ないです。
なお、これらの初期症状が仮になくても、徐々に効いてきますのでご安心下さい。
実際にメラフェードで改善が見られた方の中には、赤み・乾燥などがなかった方も多いです。

ただし、ごくまれにアレルギーの方がいらっしゃいます。
休止・再開を何度試しても赤みが出てしまう方はアレルギーが疑われます。
その場合は、ご使用を中止して下さい。
判断に迷う場合は、HPのお問い合わせよりお写真をお送り頂ければ、ご返信いたします。

メラフェードが効かないシミ

メラフェードは、日光によるシミ、肝斑、炎症後色素沈着、そばかすなど、あらゆるシミを改善できますが、ADMと呼ばれるシミには効果がありません。
ADMは、灰色で頬やコメカミ、小鼻などにできる、まだらの斑点状の根が深いシミです。
治療法は、唯一強めのレーザーが効きます。

メラフェード単独の使用例

事例1

治療前/1.5か月後・・・皮膚科で額の脂漏性角化症(日光の刺激でできるイボ)を液体窒素で治療した後にできた色素沈着です。
中央の白抜けしている部分の変化はありませんが、周辺の茶色いシミは目立たなくなっています。

事例2

使用前/7か月後・・・全体的にシミ・くすみが良くなっています。

事例3

 

治療前(メイクあり)/メラフェード使用後4ヵ月後(メイクなし)・・・目尻の小ジワがきれいになっていますね。

事例4

治療前/11か月後・・・口元の拡大です。
シワの底にたまったくすみが改善することで、より浅くなったように見えます。

事例5

治療前/4か月後・・・小ジワ・毛穴が改善しています。

事例6

施術前/6か月後・・・目の下のくすみが改善しています。
また、小ジワもきれいになっていますね。

グロースファクターとの相乗効果

メラフェードをグロースファクターと併用すると、よりきれいに仕上がり、相乗効果が期待できます。
その理由は、以下の通りです。

メラフェードは、シミ・ くすみを取るため、肌が明るく見えるだけでなく、表皮のダメージをリセットし、小ジワも改善します。
また、年単位で長期的に使用することで肌の弾力も回復します。

メラフェードは、塗り薬なので、皮膚表面をきれいにします。
一方、グロースファクターは、注射なので、比較的皮膚の深いところを強化します。
そのため、両方行うことで、劇的な若返り効果が期待できます。

事例1

治療前・・・全体的にくすみと毛穴の開きがあります。
まず、メラフェードによる治療を受けられました。

4か月後・・・全体的にくすみが改善して肌が明るくなっています。
この時点で顔全体のグロースファクターを受けられました。

さらに2か月後・・・シワ・たるみが改善しています。
メラフェードと相乗効果が得られています。

事例2

グロースファクターによる法令線治療とメラフェードによる治療前と1年1か月後の比較です。
グロースファクターにより法令線が改善しています。
メラフェードによる鼻下の小ジワ改善効果も出ています。

事例3

顔全体のグロースファクターにより法令線やフェイスラインのたるみが改善しています。
また、メラフェードによりくすみも改善しています。
特に目の下や法令線のくすみが改善すると目元が明るく見えたり、シワが浅くみえたりします。

事例4

施術前・・・法令線の周りに小ジワがあります。

6か月後・・・全体的に肌にハリが出て、深いシワ・小ジワともにきれいになっています。

事例5

施術前・・・顔全体のグロースファクターとメラフェードによるシミ治療を受けられました。

7カ月後・・・全体的にシワ・たるみが改善するとともに、肌が明るくなっています。
併用により劇的に若返った印象です。

シミ・くすみを改善することで、シワが浅く見える効果もある

お顔にシミ・くすみがあると、くぼみ・シワのように見えたり、元々あるシワがより深く見えることがあるので、注意が必要です。

https://www.ft-bc.jp/12481428339-2/

脱脂+グロースファクターとの併用例

目の下にシミ・くすみがあると、いわゆる茶クマと呼ばれます。
目の下のクマ治療後に茶クマがあると、凹凸があるように見えてしまいます。

事例1

術前・・・脱脂+グロースファクターおよびメラフェードによる治療を受けられました。

6か月後・・・目の下の凹凸がなくなるとともに、シミも改善しています。
また、顔全体が明るくなっています。

事例2

術前・・・目の下のクマと法令線が比較的くっきりとあります。

1年8か月後・・・目の下やクマや法令線がきれいになっています。
肌もワントーン明るくなった印象ですね。

1セットのみの使用でも、効果は長期維持される

「これはずっと使い続けないといけないのでしょうか?」
このようなご質問を時々頂きますが、メラフェードの効果は、紫外線予防に気をつけていただければ、1セット限りでも効果は長く維持されます。

事例1

施術前・・・脱脂+グロースファクターによる目の下のクマ治療を受けられました。
その他、法令線・口角のグロースファクターも同時に受けられています。

5か月後・・・目の下のクマとシワ・たるみが改善しています。
ここからメラフェードを1セットのみ使用されました。
その後2年半以上放置されています。

初回手術より3年後・・・メラフェードにより肌が明るくなり、その効果はずっと維持されています。
もちろん、グロースファクターの効果も維持されています。

事例2

術前・・・脱脂+グロースファクターおよび頬・法令線・口角のグロースファクターを受けられました。

6か月後・・・目の下のクマとシワ・たるみが改善しています。
この時点でメラフェードは2セット使用されており、くすみも取れています。
この時点からさらにメラフェードを1セット追加で使用されました。
その後約2年放置されています。

初回治療より2年6ヵ月後・・・1セット追加された分、さらに肌が明るくなっています。
目の下のクマやシワ・たるみに関してもいい状態を維持されています。

メラフェードの具体的な使い方

1日1回 夜のみ使用します。(朝は普段ご使用のものをお使いいただいて構いません)

  • Step1 ・・・洗顔の後、お手持ちの化粧水(オールインワンではないものに限る)を塗る
  • Step2 ・・・メラフェード T 1滴+モイストエッセンス 3プッシュを手の平でよく混ぜ、顔全体に塗布
    (全体に塗った後、余ったものをシミの濃いところに塗ると、そこは早く改善します。)
  • Step3 ・・・メラフェードエマルジョンを顔全体に1プッシュ塗布

※この後、美容液は塗らない方がよいです。
その理由は、油分の塗り過ぎは皮膚の代謝が落ちるためです。
夜はメラフェードのみで十分改善が期待できます。

メラフェードの調整方法

メラフェードTが一番強いお薬です。
これは必ず1滴にして下さい。
2滴使うと副作用が出やすくなります。

初めは、メラフェードT 1滴に対してモストエッセンス3プッシュと、メラフェードTを薄め気味で開始します。
1~2週間くらい経って、赤み・乾燥などの不快感がなければ、モイストエッセンスを3プッシュから2プッシュ、さらに1プッシュへと1~2週間ごとに減らしていき、メラフェードTを徐々に濃くしていきます。

どうしても赤み、乾燥などが気になる場合は、使用頻度を減らすか、モイストエッセンス3プッシュ+メラフェードT1滴を継続します。

メラフェードが向いていない方・使えない方

皮膚をこすったり、マッサージを受けたりしている方

クレンジングの際に皮膚をこすったりすると、摩擦による刺激で色素沈着が生じることがあります。
また、マッサージなどの刺激も同様です。
メラフェードを使用すると皮膚が新しく生まれ変わり、より敏感になります。
その状態で刺激が続くと黒ずんでくることがあります。

日常的に強い紫外線に当たる方

皮膚のメラニンは紫外線のバリアの役割があります。
それが減ることで、紫外線の防御が弱くなります。
日焼け止めを塗ればよいのですが、強い紫外線に当たる機会が多い方は、逆に日焼けしやすくなります。

妊娠中・授乳中の方

妊娠中の方や妊娠を予定している方、授乳中の方は、ご使用できません。

メラフェードを塗れない場所

上まぶた、唇は塗らないでください。(目に入らないようにして下さい)
頸部は、使用上の注意で塗布できないことになっています。

※目の下は目に入らないようにすれば、塗ることは可能です。
※口周りは荒れやすいので、皮膚がポロポロ出たりする場合は、塗る範囲を調整して下さい。

メラフェードを継続する場合の使用法

継続される場合は、3か月使用後、1か月間休止するようにします。

これは、肌が慣れてくるためで、あえて休んでいただくことで、再開した時に効果が高まるという意味があります。
ただし、ずっと継続されても害はありません。
休止中にシミが濃くなった場合は、再開を考慮して下さい。

メラフェードの効果が感じにくい時の対処法

1か月程度継続してシミの改善の実感が乏しい場合は、以下を考えます。

モイストエッセンスを1プッシュに減らしてみる

モイストエッセンスは、ヒアルロン酸で、メラフェードT(トレチノイン・ハイドロキノンが入っている主成分)を薄める役割があります。
最初3プッシュでスタートして、徐々に3プッシュから2プッシュ、1プッシュへと減らしていきます。
メラフェードT薄めれば薄めるほど、赤みなどの副作用のリスクは低くなりますが、効果も出にくくなります。

メラフェードTの滴下量が少なすぎないか確認する

メラフェードTはスポイト状になっており、力加減で多少量が変わってきます。
1円玉くらいの大きさの滴下量を目指して下さい。
つまようじの頭くらいの少ない量だと、目に見える効果が出にくいです。

肌をこすっていないか注意する

クレンジングの際の摩擦がシミ・シミを悪化させることがあります。
泡をふわふわにして、指が皮膚に触れないようにするとよいです。
ジェル・シートによるクレンジングは、意外と刺激になります。
その他、美顔器やマッサージも刺激により、シミ・くすみが悪化する原因となります。

メラフェードのご購入について

メラフェードは医薬品ですので、初回は診察が必要です。
一度処方を受けられた方は、お電話とお振込みでご郵送も可能です。(メラフェード購入フォームはこちら
ご予約の上、ご来院の上ご購入されることもできます。

料金はこちらをご確認下さい。
https://www.ft-bc.jp/price/

よくあるご質問

メラフェード使用中にケミカルピーリングは可能でしょうか?

メラフェード中にケミカルピーリングをやりすぎると、角質が必要以上に減り、乾燥や小ジワが増えるリスクがあるので、注意が必要です。

詳細はこちらをご覧下さい。

敏感肌でもメラフェードは使えますか?

元々乾燥することが多い方(常に粉を吹いた状態など)や皮膚にアレルギーが出やすい方は、おすすめしません。

詳細はこちらをご覧下さい。

メラフェードを使用して1か月です。効果の実感がない場合、何が考えられますか?

まずは以下を考えます。

・モイストエッセンスの量がメラフェードTに対して多い。(モイストエッセンスを1プッシュに減らしてみる)
・メラフェードTの量が少なすぎる。(メラフェードTの量は1円玉くらいを意識する)
・肌をこすっていないか注意する。
・紫外線を浴びすぎている。

詳細はこちらをご覧下さい。

メラフェード使用中に頬が黒ずむことはありますか?

こすり過ぎで頬が黒ずむことがあります。
洗顔の時に特に注意して下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。

メラフェード使用中に気をつけることはありますか?

メラフェードによるシミ治療のポイントは、①こすらないことと②屋内でも日中は日焼け止めを塗るようにすることです。

詳細はこちらをご覧下さい。

メラフェードを1対1にしても赤み・皮むけがありませんが、効果は出ますか?

メラフェードの使い始めで赤み・乾燥・ヒリヒリ感などが起こる方もいますが、起こらない方もいます。
通常、起こったとしても最初の一週間くらいで落ち着いてきます。
これは効いているということの証拠ですが、仮にこれらの症状がなくても徐々に効いてきます。
実際にメラフェードでシミや小ジワの改善が見られた方の中には、赤み・乾燥・ヒリヒリ感などがなかった方も多いです。

関連記事

いくつかあるシミ治療の違いは何でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket