0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

口元のたるみ【6つの症状と効果的な治療法・セルフケア】

口元のたるみに悩んでいますか?

口元のたるみを解消しようとして、表情筋トレーニングやマッサージ、美顔器を試されたことがあるかもしれません。

しかし、残念ながらそれらでは解消は難しいです。

なぜならば、美容医療の照射治療などをもってしても、口元の皮膚の老化というのは、なかなか改善しない場所です。

それは、お顔の一番下に位置するため、最も重みを受けるところだからです。

例えば、目の下や額などは、比較的治療しやすい場所だと言えます。

それに対して、マリオネットラインや口元のシワ・たるみは、例えばたるみ用のレーザーや糸を入れても効果は一時的だったりします。

ここでは、口元のたるみの特徴と分類、治療法について解説いたします。

こちらを読んでいただけることで、より若々しい口元になられる参考になれば幸いです。

口元のたるみが起こる場所

以下のような症状に困っていませんか?

  • ほうれい線・・・頬中央の皮膚の重みによって鼻の横から口角にかけてシワができます。
  • マリオネットライン・・・頬外側の皮膚の重みによって口角から下にシワができます。
  • 口元のもたつき・フェイスライン・・・頬外側の皮膚が落ちて、口周りにたまることで生じます。
  • 口周りの小ジワ・・・皮膚の浅いところにある表皮が紫外線などの影響により浮いてくることで起こります。
  • 鼻下の縦ジワ・・・表皮が浮いてくることや、コラーゲンが減少することで、小ジワあるいはシワが生じます。

シワは、厳密にはたるみとは別なものですが、たるみの結果としてシワが起こることも多く、表裏一体の関係にあります。
また、シワとたるみに共通する根本的な原因は、紫外線や皮膚の加齢により皮膚のコラーゲンが減少することです。

また、口周りのたるみから派生する症状としては、以下も見られることがあります。

  • アゴのシワ・・特にアゴがシャープな方は、アゴの中央に横ジワが生じやすいです。

 

口元のたるみ方のタイプ

頬の外側の皮膚が外側に落ちるか、内側に落ちるかにより、マリオネットラインができやすいか、フェイスラインのたるみが起こりやすいかが異なります。

口周りのたるみ方の分類 - マリオネットラインとフェイスライン

マリオネットラインの詳細>>

フェイスラインの詳細>>

口元のたるみの画像

皮膚のコラーゲン減少の結果、さまざまな口元の変化が起こります。
ここでは、口元に起こる様々な症状の画像を紹介いたします。

マリオネットライン

口角から延びるシワです。
口元のシワで最も典型的な症状です。
次の方は、マリオネットラインとほうれい線がほとんどつながっている状態になっています。
1

マリオネットラインの詳細>>

口角のグロースファクター >>

口横の縦ジワ(口元の横の皮膚が薄くなった状態)

皮膚のコラーゲンが減ると、口元を動かした時にシワが寄りやすくなります。
その原因は、口元の横の皮膚が伸び、弾力が低下するためです。

口元の横のシワは、繰り返し動かすうちに固定されることがあります。
そうなると、口元を動かさなくても口横に線が常にある状態になってしまいます。

また、シワを放置しすぎると、いざ治療しても折れ癖として残ることがあります。
そのため、早めに口元の治療されることをお勧めいたします。

また、口元の横の皮膚の弾力低下により、伸びた皮膚が内側に押し寄せることで、ほうれい線の内側(まれに外側)にふくらみができることがあります。
ほうれい線治療を行っても、それは残ることがあります。
ほうれい線内側のふくらみは口元外側のたるみにより生じたもの

ほうれい線の詳細>>

ほうれい線のグロースファクター>> 

アゴのシワ

アゴがシャープな方は、頬外側の皮膚の重みで、アゴの皮膚がつぶされやすくなっています。
余った皮膚が下に重力で下がってきます。
それがアゴに外側からかぶさるためです。
重みにより、アゴに横線が入ります。
初期の症状は、うっすらとした横方向のくぼみから始まることが多いです。
3

アゴのシワは頬外側のたるみによりアゴがつぶされるために起こる

アゴのシワの詳細>>

アゴのシワへのグロースファクター>> 

口元のたるみの原因

ここでは、口元のたるみがおこる原因について解説いたします。

口元のたるみの主な原因は皮膚の老化(コラーゲンの減少)です。

口元のたるみの原因となる要因

皮膚の老化についてのメカニズムの詳細>>


また、歯列矯正や抜歯も口元のたるみの原因になり得ます。

歯列矯正前と1年1か月後の比較では、抜歯をしたこともあり、口元のたるみが悪化している
歯列矯正により1年1か月でマリオネットラインが少し深くなった例

その他、体脂肪増加や急激なダイエット、脂肪溶解注射、脂肪吸引も口元のたるみの原因となります。

口元のたるみの原因の詳細>>

口元のたるみの見え方に影響を及ぼす要因

以下があると、マリオネットラインがより悪化したように見えることがあります。
小ジワ

  • シミ・くすみ
  • 毛穴の開き

特に暗い場所では、口元のマリオネットラインが深くなったように見えがちなので、注意が必要です。

上記に関しては、上記とは別に、メラフェードのような、シミ・くすみ・小ジワに同時に効く治療により解決できます。

暗い場所でのシミ・くすみの注意点>>

口元のたるみの整形による改善方法について

口元のたるみに有効な治療法の比較

口元のたるみの治療法としては、以下があります。

これらの治療法を、メリット・デメリット・腫れ具合で比較すると以下のような結果になります。

マリオネットラインの治療法、たるみ治療の全体像

上記より、①腫れにくく、②ネックになるようなデメリットがない、③効果が期待できる治療法ということで、当院では、グロースファクター注入療法を受けられる方が最も多いです。

年代別の口周りのたるみ改善の方針

年代別の口元のたるみ改善の方針は以下の通りです。

口元のたるみが生じてしまった場合、ほとんどの場合、グロースファクター注入療法で改善できることが多いです。

ただし、シワが深い方は、追加治療が必要なことがあります。
それでも、1回良くなった後は繰り返しは不要なことがほとんどです。
しかも、追加治療は1回のみであることがほとんどです。

実際のところ、切って縫う治療であるたるみ取り手術(フェイスリフト)は、当院では滅多に行っていません。

年代別口元のたるみ治療法

口元のたるみの治療法の詳細>>

 

口元のたるみを自力で予防するケアについて

デメリットの少なそうなケア方法

「何とか自力でケアできないか?」
そう思われる方もいらっしゃいるかもしれません。

例えば、下記の方法は、試してもそれほどデメリットはないと考えます。

  • 口元たるみ用の解消グッズ 
  • 口元たるみ改善のトレーニング
  • 口元のたるみをペットボトルで解消

皮膚と筋肉はある程度つながっているので、筋肉が収縮することで、筋肉の緊張が得られれば、多少は皮膚もリフトアップする可能性がありそうです。
特に、口周りは、皮膚と筋肉が比較的しっかりとくっついています。
しかし、実際は、顔のトレーニングで医学的にきちんと証明されているものは少ないため、効果は限定的な可能性も高いです。
ただし、行うにしても、最低数か月ないし年単位で継続する必要があり、やめると元に戻るので、注意が必要です。

お勧めしないケア方法

以下の方法はあまりお勧めしません。

  • 口元たるみ用の美顔器

なぜなら、それほどコラーゲンが増えるような家庭用機器はないためです。
もしコラーゲンが増える効果があれば、やりすぎにより皮膚が重くなり、かえって口元のマリオネットラインなどが悪化するリスクがあります。
また、皮膚への接触により色素沈着が起こり、くすみによりたるみが悪化したように見えるリスクもゼロではありません。

本当に口元のたるみに有益なセルフケアとは?>>

マッサージが口元のたるみケアとしてお勧めできない理由は?

その他、マッサージもあまりお勧めいたしません。
マッサージでコラーゲンが増えるということはなく、水分移動はごく一時的な効果だからです。
それよりも、摩擦によるくすみ増悪のリスクというデメリットが勝ると考えます。

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワたるみ自動診断

 

口元のたるみの関連記事

口元のたるみ>> 
口元のたるみの原因>>
口元のたるみに対する筋トレについて>> 
口元のたるみに有効なマッサージとは?>> 
口元のたるみに効くセルフケアとは?>>
口元のたるみ対策の解消グッズの詳細>> 
口元のたるみを整形で治す方法>> 
口角のグロースファクター>>
口角のたるみ取り手術>>

 

その他の関連記事

シワ治療総論

グロースファクター注入療法【クマ、顔のシワ・たるみ治療専門】

グロースファクターによる顔のたるみ治療

リフトアップ整形治療【顔のたるみを自然な感じで改善するには?】

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>