0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

茶クマについて【画像・原因・自宅ケア・治療法を専門医が解説】

 執筆者: 加治佐 卓也
医学博士・形成外科専門医

茶クマが気になりますか?

茶クマの見分け方、画像、原因、ご自分できる対策、治療による改善方法について解説いたしました。

参考になれば幸いです。

茶クマの見分け方と画像

茶クマは目の下の茶色いシミ・くすみのことです。
ただし、凹凸があったり、小ジワ、他の色があったりすると、分かりづらくなります。

以下は、茶クマの見分け方と画像上の特徴を解説しています。

私の目の下には茶クマはありますか?【画像で見分け方を解説】

茶クマと青クマの見分け方

茶クマと青クマは、両方見られることも多く、判別するのが難しいこともあります。
日中、日の当たる屋外で、正面だけではなく、左右斜め45度から写真を撮ると、青クマと茶クマの違いが見分けやすくなります。

茶クマと青クマの見分け方について

 

茶クマの原因

茶クマの原因となるシミ・すすみについての解説です。

茶クマの3つの原因【目の下専門クリニックが写真で解説】

茶クマがひどい場合は

シミ・くすみ以外に他の種類のクマが混ざると茶クマがひどく見えることがあります。
シミ・くすみだけだと目の下の茶クマはそうひどい印象にはならないことが多いです。

ここでは、「茶クマがひどい」という方向けのチェックリストと解決策を解説いたします。

茶クマがひどい場合に確認すべき6つの点【形成外科専門医が解説】

ご自分でできる茶クマ対策

ご自宅で茶クマに対してできるお勧めの対策とやっていはいけない逆に悪化するケアに関する解説です。

茶クマ予対策日焼け止めが最も重要(普段使いはSPF15から)
メイクで茶クマを隠すことはできるが、透明感が失われて、きれいな状態からは遠ざかる。
他にできる対策は、最小限の保湿で小ジワを予防するくらい

自力でできる茶クマ対策【やってはいけない方法はこれ】

茶クマの改善方法

茶クマに対して、ハイドロキノン軟膏を処方されることが多いが、これ単独では改善効果が出にくいです。
茶クマ改善には、シミ・くすみ以外に小ジワにも改善効果があり、ハイドロキノン軟膏単独よりも副作用も出にくいメラフェードがお勧めです。
レーザーによる治療は、目の周りだけに行いにくい上、回数がかかることと、単独のレーザーでカバーできるシミの種類が限られるため、費用対効果は高くないと言えます。
そのため、ADM以外のレーザーによる茶クマ治療はあまりお勧めいたしません。

茶クマの治療・改善方法【ハイドロキノンvsレーザートーニング】

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

目の下のたるみ・クマ治療の実例と結果を出すための3ステップ

目の下のクマの種類はどの色?【画像を使った簡単な見分け方】

赤クマの原因・解消法・自力対策【目の下の専門クリニックが解説】

青クマについて【目の下のクマ専門クリニックが完全解説】

黒クマ | 特徴と原因、見分け方、ご自分でできる対策と治し方

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>