0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

ほうれい線【原因とシワの分類・治療法・セルフケアについて】

ほうれい線が気になりますか?

ここでは、ほうれい線の原因やセルフケア、治療法などについて解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

ほうれい線とは?

ほうれい線(ほうれい線)とは、鼻のよこから口元にできるシワです。
鼻唇溝とも呼ばれます。

典型的なほうれい線の写真です。
小鼻の横から口の横にかけて生じるシワがほうれい線です。

 

ほうれい線の原因

なぜほうれい線ができるのでしょうか?

皮膚の老化が主な原因

皮膚の主成分はコラーゲンです。
コラーゲンが紫外線や加齢などの影響により減ってくると、頬が重力により落ちてきます。

ほうれい線部の皮膚も薄くなっているので、上からの重みに耐え切れず、シワができます。

コラーゲンは年々減少する

コラーゲンの量を示したグラフです。
30代~40代くらいからコラーゲンの減りが気になる年齢であることと一致します。
また、女性では、エストロゲン(女性ホルモン)の減少により50代くらいからかなりコラーゲンの減少が目立つことが多いです。

このことから、ほうれい線は年々深くなると言えます。

頬の脂肪の量がほうれい線に影響を与える

年々頬の脂肪は減少します。
頬の脂肪のボリュームが減ることで皮膚が余ります。
すると、頬の皮膚が下に落ちてきます。
皮膚と脂肪はある程度くっついているので、一緒になって落ちてきます。

ほうれい線のできる場所には、線維が密になっていています。
ほうれい線上の皮膚が上からの重みに耐えられなくなることでシワができます。
ほうれい線の少し上は、落ちてきた皮膚がたまってふくらみになっていることも多いです。

頬のむくみも関与している

頬の脂肪の重みが多い方の中には、むくみによるものも含まれます。
頬の脂肪の厚みもほうれい線には関与しています。
脂肪が厚い方は、影が生じて、シワがより深く見える原因にもなります。

 

ほうれい線に見られる個人差

左右差があることも多い

ほうれい線は左右差がある方も時々見られます。

この写真の方のほうれい線は、左(向かって右)の方がより深いです。
頬の脂肪の厚さの違いや皮膚のたるみの左右差、筋肉の力加減の左右差などが原因です。

ほうれい線の各種タイプは?

周りに小ジワをともなう

ほうれい線の周りに小ジワができることがあります。
グロースファクターまたはメラフェードで改善可能です。
グロースファクターであれば、小ジワの一本一本に注入するか、水光注射で広く浅く治療する方法があります。

枝分かれがある

ほうれい線の周りの小ジワが深くなると枝分かれのように進展します。

マリオネットラインとつながる

ほうれい線の外側の皮膚が下がってくるとマリオネットラインができます。
ほうれい線が下の方までくっきりとできるようになると、マリオネットラインと連続しているように見えます。
ほうれい線とマリオネットラインがつながっています。
ほうれい線と別にマリオネットラインを治療することで改善可能です。

ほうれい線の進行度はどのように分類できるか?

ほうれい線はシワ深さにより以下のように分類できると考えます。

軽度:

全体的な浅いシワ
部分的なシワ(頬の脂肪の厚みによる影が影響していることも多い)

中等度:

鼻の付け根から口角付近に至るくっきりとしたシワが見られる。
シワはあるがまだ折れ癖にはなっていない状態。

重度:

全体的な深いシワが特徴。
シワの上に頬の皮膚がかぶさっている。
折れ癖や周りの小ジワを伴うこともある。

左から「軽度」・「中等度」・「重度」の方々の症例写真です。
この写真は全て異なる方のものです。

右にいくにつれ、年代が上がっています。

まずうっすらとした状態で、上半分に限局していることが多いです。
初めはくっきりした線ではなく、影のような状態から始まります。
その後、徐々に下の方まで線ができてきます。

繰り返し皮膚が動かされることで徐々に折れ癖ができ、最終的には深く刻まれていく経過を一般的にとることが多いです。
最終的には一番右側の写真のようにくっきりした線が刻まれていき、しばしば口角を超えてマリオネットラインとつながることもあります。

 

ほうれい線は放置した場合どのように悪化するか?

ほうれい線を放置した場合、時間とともに深くなっていきます。
では、どのように変化していくのでしょうか?

実際の未治療例

ほうれい線未治療例1

5年間の自然の経過です。
頬のたるみとともに、ほうれい線が深くなっています。

ほうれい線未治療例2

7年間未治療だった方の自然の経過です。

ほうれい線の出方と骨格の関係はある?

上あごが小さめの場合は、皮膚が余りかぶさってくることでほうれい線が出やすくなります。

例えば、抜歯により歯列が変化した場合、特にアゴが小さくなった場合などにほうれい線が悪化することがあります。

 

乾燥を防ぎ、保湿により完全に予防できるか?

皮膚の乾燥により小ジワが発生します。
その他、疲労などによっても小ジワが増えることがあります。
繰り返し動かすことで、小ジワは深いシワになります。

小ジワ対策は、保湿が有効です。
入浴後を含め、1日に何回か塗ることをお勧めします。
しかし、それだけでは紫外線などの他の要因もあるため、完全には予防できないと考えます。
メラフェード などにより肌質を改善することも有効です。

 

ほうれい線はいつからできる?20代、30代、40代の方の特徴は?

20代の方の特徴

軽度から中等度の方が多いです。
頬の脂肪の厚みによっては、中等度でも深く見えることがあります。
また、脂肪の厚い方で毛穴が広がっている場合は、頬の厚みの影が目立つことがあり、ほうれい線がより深く見えることがあります。
その場合、毛穴を含めた肌質改善が有効なことが多いです。
20代の方のほうれい線治療例:例1 例2

30代の方の特徴

30代の方でも20代と同様のことが言えますが、20代の方と比較して中等度の方が多く見られます。
おもに紫外線の影響をどれだけ受けてこられたかが影響します。
30代の方のほうれい線治療例:例1 例2

40代の方の特徴

40代になると、中等度だけでなく、重度のシワが見られることも多くなります。
折れ癖が完成させる前に治療を受けることが有効です。
40代の方のほうれい線治療例:例1 例2

 

ほうれい線はメイクで隠せる?

メイクをした場合、強い光のもとでは正面から見た場合には反射で多少シワを薄く見せることが可能ですが、シワの凹凸がなくなるわけではないので、斜めから見た場合などにシワが見えてしまいます。

以下に同一人物の”メイクあり”と”メイクなし”のシワの見え方の事例を示しますが、メイクによっては多少印象を変えるのみで、治療をして初めて良くなっています。
特にシワが深い方はその傾向が顕著です。

・30代の方の例・・・

例1:


メイクなし


メイクあり

この方の治療経過の詳細はこちらです。

例2:

1
メイクなし

2
メイクあり
この方の治療経過の詳細はこちらです。

例3:

1 
メイクなし

 
メイクあり
この方の治療経過の詳細はこちらです。

・40代の方の例・・・

pre 
メイクなし

preメイク 
メイクあり

この方の治療経過の詳細はこちらです。

・50代の方の例・・・


メイクなし


メイクあり

この方の治療経過の詳細はこちらです。

 

ヒアルロン酸によるほうれい線のリスクは?

ヒアルロン酸の注意すべきリスクとして、血管を詰まらせることによる鼻の皮膚の壊死があります。

動脈の枝分かれの模式図です。
鼻の先端の皮膚を栄養する血管が詰まると、その先に血流が行かなくなります。

また、頻度的には低いですが、ほうれい線のヒアルロン酸では、失明のリスクもあります。
これは、顔の動脈はネットワークが発達しているため、ほうれい線に注入しても視神経への血流を途絶させることがあるためです。

ヒアルロン酸のリスクの詳細についてはこちらをご覧下さい。

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワたるみ自動診断

 

関連記事

グロースファクターによるほうれい線治療の詳細へ>>

シワ・たるみの記事一覧へ>>

グロースファクターによるゴルゴ線治療の詳細へ>>

グロースファクターの詳細へ>>

症例写真一覧へ>>

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>