0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

【形成外科専門医解説】ほうれい線の原因・種類・治療法・自宅ケア

 執筆者: 加治佐 卓也
医学博士・形成外科専門医

ほうれい線が気になりますか?

ここでは、ほうれい線の種類・原因やセルフケア・治療法などについて解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

ほうれい線とは?

ほうれい線(ほうれい線)とは、鼻の横から口元にできるシワです。
鼻唇溝(びしんこう)とも呼ばれます。


典型的なほうれい線の写真です。

 

ほうれい線の原因は?

「皮膚の老化」が主な原因

皮膚の主成分はコラーゲンです。
コラーゲンが紫外線や加齢などの影響により減ってくると、頬が重力により落ちてきます。

ほうれい線部の皮膚も薄くなっているので、上からの重みに耐え切れず、シワができます。

頬の脂肪の量・厚みもほうれい線の見え方に影響を与える

頬の脂肪の厚みがあると、影ができるため、ほうれい線が深く見えてしまう原因になります。

次の方々は、ともにグロースファクターでほうれい線治療を受けられた方々です。
頬の脂肪の厚みの違いにより仕上がりに違いが出ています。(頬の脂肪が少ない方がよりシワが少なく見えます。)

頬のむくみも頬の厚みに影響を与える

頬の脂肪の重みが多い方の中には、むくみによるものも含まれます。
その場合、頬の厚みによる影が目立つこともあります。
頬のむくみに対しては、食事による塩分の調整やマッサージ・表情筋トレーニングにより改善が期待できます。

ほうれい線にできる頬の厚みの影について>>

 

笑顔の時だけできるほうれい線もある

軽度のほうれい線の場合、笑顔の時にだけ深くなることがあります。
その場合、真顔ではほとんどシワが見られなかったりします。

笑顔の時だけにできるほうれい線の詳細>>

 

えくぼが関係していることもある

えくぼは、表情筋の皮膚への付着が浅いことが原因です。
表情を作った時に皮膚が筋肉により引きこまれてくぼみができます。
ほうれい線近くやほうれい線上にえくぼができることもあります。

ほうれい線とえくぼの関係について>>

 


 

 

ほうれい線が目立ってしまう・ひどく見える特徴とは?

頬の厚み・むくみがある場合以外に、次のような特徴があると、ほうれい線が強調されて目立ったり気になってしまう原因となります。

左右差がある

ほうれい線の左右差がある方も時々見られます。


こちらの写真の方のほうれい線は、左(向かって右)の方がより深いです。
頬の脂肪の厚さの違いや皮膚のたるみの左右差、筋肉の力加減の左右差などが非対称性の原因となります。

周りに小ジワをともなう

ほうれい線の周りに小ジワができることがあります。
グロースファクターまたはメラフェードで改善可能です。

小ジワについての詳細>>

枝分かれがある

ほうれい線の周りの小ジワが深くなると枝分かれのように進展します。

マリオネットラインとつながる

ほうれい線が下の方までくっきりとできるようになると、マリオネットラインと連続しているように見えることがあります。
この場合、ほうれい線と別にマリオネットラインを治療することで改善可能です。


 

ほうれい線が目立つ原因・ひどく見える原因について詳しくご覧になりたい方は、以下をクリックして下さい。

 

ほうれい線の種類・進行度はどのように分類できるか?

当院では、ほうれい線をシワ深さにより以下のように種類分けしています。

進行度 特徴
シワなし 鼻横のくぼみ
軽度 全体的な浅いシワ
部分的なシワ(頬の脂肪の厚みによる影も影響)
中等度 鼻の付け根から口角付近に至るくっきりとしたシワ。
まだ折れ癖にはなっていない状態。
重度 全体的な深いシワ。
シワの上に頬の皮膚がかぶさっている。
折れ癖や周りの小ジワ・マリオネットラインとつながることも。


ほうれい線の種類について>>

 

軽度のほうれい線は「鼻横のくぼみ・シワ」と表現されることが多い

範囲修正 

軽度のほうれい線のうち、上の方だけに限局しているものは、「鼻横のシワ」と表現されたします。

鼻の横にできたほうれい線について>>

なお、こちらは骨格が関与していることが多いです。

 

ほうれい線と骨格の関係について

鼻横のくぼみ・シワは以下のような骨格が原因となることが多いです。

目の下~ほうれい線の間の骨格が低めの場合は、鼻横のシワ・ほうれい線が出やすくなります。
その他、抜歯により上アゴが小さくなり、法令線が悪化することがあります。

ほうれい線が目立つ骨格の特徴とは?>>

 

自宅でのほうれい線対策は何が良いか?

保湿により乾燥を防ぐことで、ほうれい線を予防できるか?

皮膚の乾燥は小ジワの原因です。
その他、疲労などによっても小ジワが増えることがあります。
繰り返し動かすことで、小ジワは徐々に深いシワになります。

ほうれい線の乾燥の原因について

ほうれい線の乾燥は表皮の問題です。
洗い過ぎなどによりより表皮が傷ついている場合は、小ジワができやすくなります。

ほうれい線の乾燥を防ぐには?>>

 

ほうれい線の保湿について

小ジワ対策は、保湿が有効です。
入浴後を含め、1日に何回か塗ることをお勧めします。
しかし、保湿だけで表皮が本来持つ保水力を回復できるわけではありません。
メラフェード(ご自宅用の塗り薬)などにより肌質を改善することも有効です。

ほうれい線の乾燥を防ぐには?>>

 

その他、グッズ・美顔器・マッサージ・表情筋トレーニング・サプリメントなどの効果・選び方については、以下をご覧下さい。

顔のたるみに対するセルフケアについて>> 

 

ほうれい線はいつからできる?

543名の統計を取った結果、男女ともに40歳ごろに気になり出し、46歳くらいで施術を受けられています。

ほうれい線ができる時期についての詳細>>

 

年代別のほうれい線の特徴は?

  • 20代・・・軽度から中等度の方が多いです。頬の脂肪の厚みによっては、中等度でも深く見えることも。毛穴や頬の厚みで見え方が深く見えることがあります。
  • 30代・・・中等度の割合が20代よりも多くなります。紫外線対策などの生活習慣の差が出てきます。
  • 40代・・・重度の方も時々見られます。折れ癖になる前の対策がお勧めです。

各年代別のほうれい線の詳細については、以下をクリックして下さい。

20代の方>>

30代の方>>

40代の方>>

 

ほうれい線は放置した場合どのように深くなるか?

ほうれい線を放置した場合、皮膚のコラーゲンが減ることと繰り返し皮膚が動かされることで時間とともに深くなっていきます。
実例をお見せいたします。

長期間ほうれい線を放置した結果、深くなってしまった例

ほうれい線未治療例1


5年間の自然の経過です。
頬のたるみとともに、ほうれい線が深くなっています。

ほうれい線未治療例2


7年間未治療だった方の自然の経過です。

 

自然な経過によりほうれい線に起こる変化

その他、年齢を重ねることにより起こる自然なほうれい線の変化として、以下があります。

詳細は以下をご覧下さい。

【よくあるご質問】法令線は放置するとどのように変化していくのでしょうか? 

 

ほうれい線はメイクで隠せる?

メイクをした場合、強い光のもとでは正面から見た場合には反射で多少シワを薄く見せることが可能ですが、シワの凹凸がなくなるわけではないので、斜めから見た場合などにシワが見えてしまいます。

以下に同一人物の”メイクあり”と”メイクなし”のシワの見え方の事例を示しますが、メイクによっては多少印象を変えるのみで、治療をして初めて良くなっています。
特にシワが深い方はその傾向が顕著です。

・30代の方の例・・・

例1:


メイクなし


メイクあり 
詳細な経過>>

 

例2:

1
メイクなし

2
メイクあり
詳細な経過>>

 

例3:

1 
メイクなし

 
メイクあり
詳細な経過>>

 

・40代の方の例・・・

pre 
メイクなし

preメイク 
メイクあり
詳細な経過>>

 

・50代の方の例・・・


メイクなし


メイクあり
詳細な経過>>

 

ほうれい線治療の比較

ほうれい線を治す方法にはいくつかの方法があります。

ほうれい線の各種治療法の比較をご覧になりたい方は以下をご覧下さい。

 

お勧めのほうれい線治療は?

当院ではグロースファクター注入療法を受けられる方が多いです。(グロースファクターのリスク・副作用・手順・費用などの詳細>>

グロースファクターには、以下のメリットがあります。

  • 肌質そのものが改善し、仕上がりが自然
  • 笑った時のシワも改善
  • 腫れが少ない
  • 1回の治療効果が長期維持できる⇒高い美容液を使ったり、エステに行く必要などもなくなる。
  • 副作用・リスク・危険性が最小限かつ比較的コントロール可能である

ほうれい線のグロースファクターはどのように効果を発揮する?

ほうれい線リフトアップのメカニズム

グロースファクター+メラフェードによる治療 6か月後
詳細な経過>>

 

グロースファクターによるほうれい線治療についてさらに詳しくご覧になりたい方は、以下をご覧下さい。

 

ヒアルロン酸によるほうれい線治療のデメリット・リスクは?

多くのクリニックでは、ヒアルロン酸を勧められることが多いと思います。
グロースファクターとヒアルロン酸の違いは以下の通りです。

ヒアルロン酸 グロースファクター
肌質の改善 なし(笑った時のシワが出やすい) あり
持続性 一過性 長期維持
失明・皮膚壊死のリスク あり なし
しこりのリスク あり 当院のグロースファクターでは正しい方法で行えばしこりの可能性はないことが経験上分かっている
長期的な費用 費用が掛かり続ける 初回費用のみ

グロースファクターとヒアルロン酸との違いについて>>

 

ヒアルロン酸注入における「失明」・「皮膚壊死」というまれなリスクについて

 

ヒアルロン酸の注意すべきリスクとして、血管を詰まらせることによる鼻の皮膚の壊死があります。(ヒアルロン酸注入による皮膚壊死のリスクの詳細>>

動脈の枝分かれの模式図です。
鼻の先端の皮膚を栄養する血管が詰まったり、圧迫されると、その先に血流が行かなくなります。

また、頻度的には低いですが、ほうれい線のヒアルロン酸では、失明のリスクもあります。
これは、血管内に誤って入った場合に、網膜への血流が遮断されてしまうからです。

なぜほうれい線に注射して目の血流に問題が出るのでしょうか?
これは、顔の動脈はネットワークが発達しているため、ほうれい線に注入しても目の方までヒアルロン酸が流されてしまうことがあるからです。

ヒアルロン酸の一般的なリスク・副作用の詳細>>

ヒアルロン酸注入による失明のリスクの詳細>>

ヒアルロン酸による皮膚壊死のリスクについて>>

 

ほうれい線の上の脂肪を脂肪溶解注射で減らすことのデメリットは?

「ほうれい線の上の皮下脂肪を減らすとほうれい線が改善するのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

「ほうれい線の上の皮下脂肪」は、頬のたるみにより生じます。
皮膚の弾力が低下している方は、実は、頬の脂肪溶解注射を打つと、かえってほうれい線が悪化するリスクがあります。

脂肪溶解注射は、肌のハリがあるうちは顔のたるみ改善に有効なこともありあすが、年々脂肪は減っていきますので、一時的に効果があったとしても、10年後~20年後など、将来的にかえってシワ・たるみに困ることになりかねません。

顔のたるみへの脂肪溶解注射 | 有効な場合と逆効果な場合の差>>

【よくあるご質問】頬の脂肪溶解注射は法令線解消に有効でしょうか?

ほうれい線の上の「頬のたるみによるふくらみ」はなぜできる?

ほうれい線上の「頬のたるみによるふくらみ」は、目の下と頬の皮膚が伸びてしまい、その重みで下がることで生じます。

頬のたるみによるふくらみ'

 

ほうれい線の上の「頬のたるみによるふくらみ」を改善させるには?

(目の下+)頬・ほうれい線のグロースファクターがお勧めです。
「頬のたるみによるふくらみ」を上下から引っ張り合うことで凹凸感が緩和されます。

1
治療前・・・目の下・頬・ほうれい線・口角・こめかみのグロースファクター注入療法を受けられました。

2
10か月後・・・頬のたるみによるふくらみの上下の皮膚のハリが出ることで、凹凸感が緩和されています。
ほうれい線も目立たなくなりました。
詳細な経過>>

 

頬のグロースファクターのみで改善できないか?

伸びた皮膚自体はグロースファクターで縮むことはありませんが、頬のグロースファクターにより頬の上半分がリフトアップすることにより、多少ふくらみ感が目立たなくなることが多いです。

ただし、「頬のたるみによるふくらみ」の下にはほうれい線があり、ほうれい線を治療しない限りは、下からの支えが弱いことで、頬のたるみが下にある程度落ち込んでしまいます。
そのため、どうしてもある程度は残ってしまいます。

逆に、ほうれい線まで治療された場合は、「頬のたるみによるふくらみ」は上下からの力により分散され、目立たなくなることが多いです。

ほうれい線まで治療した場合としない場合との比較につきましては、症例写真をご覧いただければ幸いです。

30代 女性

40代 女性

50代 女性

※ちなみに「頬のグロースファクター」でほうれい線が改善することはありません。(詳細はこちら>>

 

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワたるみ自動診断

 

関連記事

ほうれい線のグロースファクターの詳細>>

ほうれい線のリフトアップ法の詳細>>

ほうれい線治療の症例写真>>

シワ・たるみの記事一覧>>

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>