0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

涙袋とクマの関係は?【画像で詳しく解説】 

涙袋と目の下のクマの関係について知りたいですか?

涙袋にとって、クマは天敵のような存在です。
その理由は、クマがあると、元々きれいな涙袋があったとしても、きれいに見えないためです。

さて、涙袋は、目の下のまつ毛の直下のふくらみです。
「目の下のクマ」は、その下にあるふくらみ(黒クマ)のことを指すことがほとんどです。

涙袋は、ふくらみに埋もれることがあり、その場合の涙袋の作り方としては、ヒアルロン酸を入れるのではなく、ふくらみを取ると涙袋がきれいに出てきます

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

このページの内容

  • 涙袋は目の下のクマ(黒クマ)によって埋もれることで目立たなくなることがある。
  • 埋もれた涙袋は、経結膜脱脂法で復活できる。
  • 黒クマで埋もれた涙袋にヒアルロン酸を入れてもきれいにならない。

 

涙袋とクマの位置関係

涙袋とは、目の下のまつ毛の直下にあるぷっくりとしたふくらみです。
目の周りの眼輪筋という、目をつぶる時の筋肉の一部です。

目の下のクマとは、目の下のふくらみを一般的に指します。
涙袋の下にふくらみができます。
こちらは、目の下の脂肪が飛び出してきたものです。

クマと涙袋の位置関係 

上記の目の下のふくらみは、正確に言うと、黒クマのことを指します。
クマには色による種類分けがあります。

涙袋は目の下のクマに埋もれて目立たなくなることがある

目の下のクマは、目の下の脂肪によるふくらみ(目袋)が原因です。

クマを放置すると、徐々に脂肪が出てくるにつれ、涙袋が埋もれてきます。

②以上の中等度の状態になると、涙袋が埋もれてきます。

「昔は涙袋があった」という方もいれば、目の下のふくらみがかなり昔からあるために、「元々涙袋がなかった」という方もいます。

例えば、次の方は、涙袋がクマの影響で見えづらくなっています。
「目袋」に涙袋が埋もれている状態です。
脱脂により涙袋は復活します。

クマが涙袋が埋もれた状態から脱脂により復活した例
目の下の脂肪を取ることで、埋もれていた涙袋が出てきました。
詳細な経過>>

’経結膜脱脂による涙袋の変化
目の下の脂肪の量は中等度です。
脱脂後、隠れていた涙袋がきれいになりました。
詳細な経過>>

埋もれた涙袋は、経結膜脱脂法によるクマ治療で復活させることが可能

目の下のクマを取った後に涙袋が出てくるかを予測する方法

脱脂後に涙袋が出てくるかどうかは手術してみないと分らないところもありますが、昔涙袋があったかどうかが一番参考になります。
昔涙袋があった方は、たいてい脱脂後に涙袋が復活します。

昔の涙袋の状態が不明な場合は、鏡の前で目を細めてみて下さい。
もし涙袋がぷっくり出てくるようなら、脱脂後に涙袋が出てくる可能性は高いです。

なお、涙袋は眼輪筋の一部なので、筋肉に左利き・右利きがあるように、多少左右差があることも多いです。

左右の涙袋の大きさが同じになるように脱脂(目の下のクマ治療)をすることはできるか?

涙袋は筋肉による盛り上がりですので、本来持っている力の入れ具合の違いが、最終的な左右差になります。

そのため、微妙な涙袋の左右差はどうしても出る可能性はあります。
とは言っても、これまで涙袋の左右差が術後に問題となったことはありません。
それは、涙袋の左右差はあったとしても、微々たるものであることが多いからだと思います。

また、究極的に顔貌が左右対称な人はいません。
法令線や歯並び、髪型など左右非対称のはずです。
それらの中に涙袋の左右非対称性も埋没するのではないかと思います。

ヒアルロン酸注射をした後であれば、脱脂手術は、ヒアルロン酸を事前に溶かす必要がある

ヒアルロン酸を涙袋に入れられた場合、当院で治療をご希望の場合は、ヒアルロン酸を溶かして頂く必要があります。

当院での脱脂手術は、グロースファクターも同時に行うことがほとんどです。
その理由は、目の下のふくらみがある方は、目の下のくぼみも見られることがほとんどだからです。

ヒアルロン酸が入っていると、脱脂の量を調整しづらくなる上、グロースファクターの注射にも悪影響を及ぼします。

詳細は以下をご覧下さい。

涙袋にヒアルロン酸を入れていても目の下の脱脂は可能ですか?

 

黒クマで埋もれた涙袋にヒアルロン酸を入れてもきれいにならない

「黒クマで涙袋が埋もれた状態だけど、ヒアルロン酸注入で涙袋を作れないか・・・」
そう考えられている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、以下の3つの理由からお勧めいたしません。

  • 目の下に黒クマのふくらみがある場合、涙袋にヒアルロン酸を入れても、脂肪の圧迫による皮膚の緊張で涙袋に入れたヒアルロン酸が流れやすくなる
  • 涙袋を作っても、クマによる凹凸の方のインパクトが強く、涙袋の印象が薄れる
  • そもそも黒クマによるふくらみよりもさらに高い涙袋があるというのは、生理的にはあり得ない状態である

黒クマに埋もれた涙袋にヒアルロン酸を入れられた方の例

黒クマに涙袋が埋もれた状態で他院様にてヒアルロン酸による涙袋形成を受けられたものの、ヒアルロン酸が流れて型崩れしたという方がいました。

結局、ヒアルロン酸を溶かして、脱脂を受けられました。

涙袋がクマに埋もれた状態から、脱脂を行い復活した例
詳細な経過>>

脱脂による涙袋の復活の経過

目の下のクマにより、「埋もれていた涙袋」が復活した方々の経過です。

目の下のクマにより埋もれていた涙袋が脱脂により復活した例6
脱脂により涙袋が出てきた場合、その後は長期にわたり、涙袋はいい状態を維持されます。
ヒアルロン酸による涙袋形成を行った場合は、ヒアルロン酸が下に流れて涙袋の形が崩れたり、あるいはヒアルロン酸が吸収されたりするため、数か月後には再度涙袋への再治療が必要になることが多いです。
脱脂後の長期経過>>

 

目の下のクマにより埋もれていた涙袋が脱脂により復活した例7
涙袋は、元々それほどふくらみがない方もいます。
こちらの方の術前のお写真を見ていただくと、涙袋がぷっくりなっているように見えます。
術後、それなりの大きさの涙袋しか出てきていません。
術前に目を細めて確認すると、術後の涙袋の状態が予測できます。

 

目の下のクマにより埋もれていた涙袋が脱脂により復活した例5
こちらの方も術前は、涙袋が黒クマに埋もれています。
術後、涙袋が復活していますが、それほど涙袋自体は大きくありません。
しかし、もしこの方が、脱脂ではなく、ヒアルロン酸注入をされたとしても、脱脂術後のような自然な印象の涙袋にはならないと思います。

 

目の下のクマにより埋もれていた涙袋が脱脂により復活した例4
こちらの方は、黒クマ以外に赤クマ茶クマもあります。
左の黒クマは、涙袋よりもふくらみの高さが高い状態になっています。
なお、赤クマは脱脂で改善します。
この方は、茶クマは、メラフェードにより治療されています。
涙袋が出てきたとしても、茶クマが残っていると暗い場所で凹凸があるように見えてしまいます

 

目の下のクマにより埋もれていた涙袋が脱脂により復活した例
こちらの方は、涙袋のふくらみの位置が、たるみによりやや低く、涙袋が2段になっているように見えます。
術後1週間の時点では涙袋がきれいに出てきているように見えますが、実はこの時点では、まだ腫れがあります。
半年かけて、涙袋は、キュッと引き締まります。
脱脂における腫れの詳細>>

 

目の下のクマにより埋もれていた涙袋が脱脂により復活した例2
こちらの方は、脱脂後、涙袋はきれいに出てきていますが、青クマがあるため、涙袋の下がやや暗めになっています。
また、グロースファクターの注射による内出血が術直後に見られます。
脱脂後の内出血についての詳細>>
ただし、1週間後の時点では、内出血は多少残っているものの、腫れはほとんど引いており、この時点で涙袋がきれいに復活しています。


目の下のクマにより埋もれていた涙袋が脱脂により復活した例1
こちらの方も涙袋が復活していますが、術後、青クマが多少見られています。
1週間後の時点では、わずかに腫れがあり、涙袋がまだ不明瞭になっています。

涙袋・クマの関連記事

「涙袋とは?」についての詳細はこちらをご覧下さい。

涙袋とは何でしょうか?【目の下の専門クリニックが画像で解説】

 

ヒアルロン酸の涙袋形成の詳細はこちらをご覧下さい。

知らないと損!ヒアルロン酸で涙袋を作ることの5つのデメリット

 

美容整形による各種の涙袋形成の詳細はこちらをご覧下さい。

【実例解説】 半永久的!美容整形による涙袋の作り方・出し方

その他の関連記事

経結膜脱脂法の詳細は、こちらをご覧下さい。

経結膜脱脂法【目の下のたるみ・クマ専門クリニックが解説】

 

目の下のふくらみについての詳細は、こちらをご覧下さい。

「目の下のクマ」の種類・「目の下のたるみ」の進行度

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックで治療を受けてみたいけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々の直接の声を聞いてみませんか?


1.似たような症状の方の経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンから資料ご覧ください。


資料を読む>>