0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

手術しない目の下のクマ治療【本当の目の下の切らないたるみ取り】

できれば切らないで目の下のクマ・たるみ取りをされたいと考えられていますか?

脱脂手術は、実際はまぶたの裏の結膜を切る治療です。
それに術後の腫れが気になると思います。

実は、目の下のクマ・たるみのほとんどは、簡単な注射治療だけで良くなることが多いです。

ただし、この治療は向き不向きもあります。

切らない目の下のたるみ取り治療を受けた方は、目元だけではなく、気分まで明るくなったと言われます。

ぜひ一歩を踏み出してください。

 

このページの要約

  • 目の下のクマ・たるみ取りは、グロースファクターの注射のみにより、切らないでできることも多い。
  • ふくらみが重度、赤クマが強い方は、脱脂の方がお勧め。
  • 切らないたるみ取りが向いているかどうかは、お問い合わせフォームより無料で簡単に相談できる

 

本当の「目の下の切らないたるみ取り」とは?

「目の下の切らないたるみ取り」でネット検索すると、「経結膜脱脂手術」が出てくることが多いです。

この治療法は、まぶたの裏側の結膜を切って、目の下の脂肪(眼窩脂肪)を取る手術です。

厳密には「切らない」方法ではありません。

なぜこのような表現になっているかと言うと、元々目の下のたるみ取り手術は、皮膚を切開して眼窩脂肪を取る方法が多かったためです。

当院の「目の下の切らないたるみ取り」は、文字通り皮膚もまぶたの裏側も切りません。

なぜ、簡単な1回の注射で、クマから解放されるのか?

まずは次の治療例をご覧下さい。

まぶたの裏の結膜を切らない方法で治療されています。
もちろん、皮膚も切らない方法です。

注射のみでこのようにきれいになります。

グロースファクターの注射のみによる「切らない目の下のたるみ取り」の治療例

目の下の切らないたるみ取り治療例①

目の下のクマ・くぼみ・シワの施術前写真
目の下のクマ・くぼみ・シワのグロースファクター症例写真

30代の方です。施術前/6か月後・・・切らない方法でクマがきれいになっています。
詳細な経過>>

目の下の切らないたるみ取り治療例②

目の下のクマ・くぼみ・シワの施術前写真
目の下のクマ・くぼみ・シワのグロースファクター症例写真

30代の方です。施術前/3か月後・・・皮膚も結膜も切らない注射のみで治療され、くぼみ・クマがきれいになっています。

目の下の切らないたるみ取り治療例③

目の下のクマ・くぼみ・シワの施術前写真
目の下のクマ・くぼみ・シワのグロースファクター症例写真

50代の方です。施術前/2か月後・・・目の下+頬のグロースファクターにより切らないクマ治療を受けられました。

目の下の切らないたるみ取り治療例④

目の下のクマ・くぼみ・シワの施術前写真/症例写真

50代の方です。施術前/1か月後・・・目の下+ゴルゴ線までグロースファクターを行っています。
脂肪は多めですが、広い範囲に注入することでクマを比較的目立たなくすることができます。

その他の「切らない目の下のたるみ取り」の症例写真はこちら>>

グロースファクターによる「切らない目の下のたるみ取り」後、どれくらい維持されるのか?

一度良くなった後は、何年も維持されます。
具体的には、10年以上は維持される印象です。

切らない目の下のたるみ取りの長期経過例はこちら>>

グロースファクター後の長期経過

経結膜脱脂手術(まぶたの裏を切る治療)との仕上がりの違いは?

経結膜脱脂手術は、目の下のふくらみを取る手術です。
「手術しない・切らない目の下のたるみ取り治療」は、皮膚のハリを出すことで、くぼみだけではなく、ふくらみをも目立たなくする効果があります。
結果的に、脂肪を取らなくても、ふくらみは目立たなくなります。

当院では「切らない目の下のたるみ取り治療」を選択される方が約3分の2を占めています。

なお、「切らない目の下のたるみ取り治療」は、脱脂手術に見られる、小ジワ・たるみのリスクが回避できます。
特に50代以上の方、皮膚が薄い方は、脱脂手術は、小ジワ・たるみが術後に起こりやすいので要注意です。
そういった方は、脱脂手術ではなく、切らない目の下のたるみ取り治療の方がよいこともあります。

小ジワのリスクが高い方の治療例(50代女性):

1
施術前・・・元々脱脂を希望されていましたが、術後の小じわのリスクが高いと判断。
切らない目の下のたるみ取り治療をお勧めし、目の下+頬+法令線のグロースファクター、メラフェードによる治療を受けられました。

4
6か月後・・・クマは改善しており、小ジワも目立ちません。

詳細な経過>>

当院の「手術しないクマ治療」は、本当の「切らない目の下のたるみ取り治療」

「切らない目の下のたるみ取り」でネット検索すると、「経結膜脱脂法」が出てくることが多いです。

経結膜脱脂法は、まぶたの裏側を切る治療です。

皮膚は切らないのに、なぜこれが「切らない目の下のたるみ取り」となっているかと言いますと、元々目元のふくらみを取る手術方法は、皮膚を切って縫う方法が多かったからです。

当院では、開院以来15年以上にわたる治療法の進化により、注射のみでもクマ・たるみの改善が可能になりました。

グロースファクターとは?

グロースファクターは、コラーゲンを増やし、皮膚のハリを出す注射による治療法です。

皮膚のハリが出て、凹凸が改善することで、クマやたるみが改善します。

グロースファクターの治療原理の詳細>>

ヒアルロン酸とは全く違う原理

ヒアルロン酸は半年から2年程度で吸収されますが、グロースファクターにより作られた皮膚のコラーゲンは何年も長持ちします。

また、ヒアルロン酸とは違い、グロースファクターは皮膚そのものを若返らせるので、仕上がりも自然です。

グロースファクターとヒアルロン酸との違いについての詳細>>

グロースファクターによる切らない「切らない目の下のたるみ取り」が向いている方

目の下の脂肪の量が軽度・中等度の方が、切らない目の下のたるみ取り治療に向いています。

軽度の方

1
詳細な経過>>

中等度の方

1
詳細な経過>>

脂肪の量についての詳細>>

「切らない目の下のたるみ取り」が不向きな方

以下が該当する方は、グロースファクターによる「切らない目の下のたるみ取り治療」は対象外となります。

目の下の脂肪の量が重度の方・・・術後のたるみのリスクを回避するために「脱脂+グロースファクター」+頬のグロースファクターをお勧めいたします。
特に弾力が低下している方は「控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクター」が適応になります。
「切らない目の下のたるみ取り治療」を試みることは不可能ではありませんが、どうしても改善度が乏しくなりますので、お勧めいたしません。

赤みが強い方(重度の赤クマ)・・・脱脂+グロースファクターが適応になります。
「切らない目の下のたるみ取り治療」だと、赤みは多少緩和されるものの、赤クマが残った印象になってしまいます。

赤クマの詳細>>

目の下の脂肪の量が「重度」の方

ふくらみがかなり多い場合は、グロースファクターのみでは治療は難しいです。
かと言って、脱脂+グロースファクターのみですと、術後のシワ・たるみが問題になりやすくなります。
そこで、術後のたるみのリスクを回避するために「脱脂+グロースファクター」+頬のグロースファクターが有効です。
頬にまでグロースファクターを打つことで、下に支えを作り、たるみを目立ちにくくさせることができます。

特に術後のたるみのリスクが高い方は、控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクターが適していることもあります。

・「脱脂+グロースファクター」、頬・法令線のグロースファクターを受けられた、重度の方の例

手術しない目の下のクマ治療適応外 

・「脱脂+グロースファクター」、頬・法令線・口角のグロースファクターを受けられた、重度のクマの方の例

手術しない目の下のクマ治療適応外 

赤クマが目立つ方

赤クマがはっきりとある方は、前述の通り、脱脂をお勧めいたします。
その理由は、赤みがある方は、脱脂をしない限りはしっかり取れないためです。
グロースファクターのみですと、皮膚が厚くなることで多少薄くなる程度です。

・グロースファクターのみによる治療後に、後から脱脂を受けられた方の例

pre
グロースファクター前・・・赤クマが見られます。
最初は手術を希望されていなかったため、目の下・頬・法令線・口角のグロースファクターによる「切らない目の下のたるみ取り」を受けられました。

6m
6か月後・・・赤みとふくらみが残っています。
グロースファクターの追加という選択肢もありましたが、後から脱脂を受けられました。


脱脂後6か月・・・赤みとふくらみが改善しています。
詳細な経過>>

ちなみに、最初に「切らない目の下のたるみ取り」を試み、結局後から脱脂を受けるとなった場合、間隔を半年以上空ける必要があり、また費用も多く必要になってしまいます。

・「脱脂+グロースファクター」、頬・法令線のグロースファクター、メラフェードによる治療を受けられた、目元の赤みが強い方の例
手術しない目の下のクマ治療適応外
このような赤みが強めな方は、「切らない目の下のたるみ取り」だと赤みが残ってしまいます。

・「脱脂+グロースファクター」、頬・法令線のグロースファクターを受けられた、目元の赤みが強い重度の方の例

 脱脂+グロースファクター、頬・法令線のグロースファクター治療前後
こちらの方は、赤みだけではなく、脂肪の量も重度であるため、「切らない目の下のたるみ取り」はお勧めいたしません。

「切らない目の下のたるみ取り」の限界とは?

この治療法は、「切らずに」、注射のみで治療できるという反面、限界もあります。

それは、目元の脂肪の輪郭が見えてしまうという点です。
特に脂肪の量が多めの場合、隠しきれないことがあります。

次は、そういった方の例です。

pre
施術前・・・目の下+頬グロースファクターによる「切らない目の下のたるみ取り」を受けられました。

1
6か月後・・・目元のハリが出て、クマが目立たなくなりました。
ただし、元々脂肪の多かった左側は、多少脂肪の輪郭が多少見えています。

しかし、実際は、最初に比べるとだいぶ改善が得られるので、「これでもいいです」と言われる方がほとんどです。

詳細な経過>>

「切らない目の下のたるみ取り」により脱脂後の他院修正治療も可能

当院では他院様で脱脂・注入などを受けられた方々の修正治療も多く行っています。

以下のような様々な状態に対応できます。

  • 脱脂のみを受けられた方の脂肪の取り残し
  • 脱脂後の脂肪の取り過ぎによるくぼみ
  • 脂肪注入後の凹凸

※ヒアルロン酸やレディエッセなどの注入後は、注入物がなくなった時点でグロースファクターによる治療が可能となります。

他院修正治療の詳細>>

「切らない目の下のたるみ取り」の適否については無料相談をご利用下さい

脂肪の量・ふくらみがよほど多くなければ、切らないで、グロースファクター注入のみでも改善可能なことが多いです。

手術しない目の下のクマ治療の適応の詳細>>

無料相談はこちら

お問い合わせ」よりお写真をお送りいただければ、「切らない目の下のたるみ取り」の適否やお見積もりについてお答えいたします。

手術しないクマ治療(本当の目の下の切らないたるみ取り)の関連記事

当院での治療を決められた方へ

「切らない目の下のたるみ取り」前の注意点を解説しています。

目の下の治療前の過ごし方

 

「切らない目の下のたるみ取り」を受けられた方向け

「切らない目の下のたるみ取り」後の過ごし方の注意点

目の下の治療後の過ごし方

「切らない目の下のたるみ取り」施術後半年未満の方向け

グロースファクターの効果の出る時期

 

「切らない目の下のたるみ取り」後の追加修正治療などについて

手術しないクマ治療後のフォローアップ【切らない目の下のたるみ取り】

 

その他の関連記事

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックで治療を受けてみたいけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々の直接の声を聞いてみませんか?


1.似たような症状の方の経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンから資料ご覧ください。


資料を読む>>