0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目のくぼみ・上まぶたのたるみ・眼瞼下垂診断

上まぶたのたるみがおありの方へ

お勧めの治療法

目の上の伸びた皮膚はグロースファクターで縮めることはできません。

まぶたのたるみ取り手術が必要となります。(切って縫う手術で、抜糸が必要となります)

グロースファクターによる治療は、くぼみのみの治療になります。

 

また、目を開けて正面を見た時に黒目はほとんど隠れていない方は、まぶたを開ける機能は保たれています。
その場合は、余った皮膚を処理すればよく、眼瞼挙筋腱膜と呼ばれる、まぶたの奥の方にあるまぶたを上げるスジは触る必要はないと考えます。

つまり、余っている余分な皮膚を切除して縫う治療(上まぶたのたるみ取り手術)により改善します。

 


 

上まぶたのたるみ取り手術を受けられた方です。

術前・・・上まぶたの皮膚が下がっています。

二重は不明瞭になり、重い印象です。

誰にも分からないような、年齢相応のマイルドな改善を希望されました。

 

1か月後・・・腫れがやや見られますが、すっきりとした印象です。

キズ跡もメイクで隠せるのでほとんど分かりません。

あまり皮膚を取りすぎると、皮膚がつっぱたりして不自然になるので、どこまでの改善を希望されるかご相談の上、ほどよい加減にすることが重要です。

 


 

なお、皮膚を切る場所は、二重まぶたの線のところまたは眉毛の下で行います。
眉毛の下の場合、眉毛下切開とも呼ばれます。

 


 

上まぶたのたるみに対して眉毛下切開を受けられた方です。

 

上まぶたが重い感じです。

二重の幅も狭くなっているとのことでした。

眉下切開と同時に上まぶたの脂肪も少し取っています。

術後は内出血、腫れがあったそうです。

上まぶたは、下まぶたに比べて腫れが目立ちやすい場所です。

 

1か月後・・・すっきりした感じになりました。

二重の幅も広くなっています。

キズ跡もメイクで隠せるのでほとんど分かりません。

以前よりアイラインが書きやすくなったと喜んでいらっしゃいました。

 

3か月後・・・間近で良く見ないとキズ跡は分かりません。

溶ける糸で皮膚の中も丁寧に縫っているためです。

 


 

以下に詳細があります。
よろしければご覧下さい。

上まぶたのたるみ取り手術 
眉下切開