0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

【モニター写真】眉毛下切開:上まぶたのたるみ治療

上まぶたのたるみに対して眉毛下切開を行った方です。



上まぶたが重い感じです。

二重の幅も狭くなっているとのことでした。


縫い跡がまゆ毛の下の端に重なるように皮膚のたるみを除去しました。

同時に上まぶたの脂肪も少し取っています。


術後は内出血、腫れがあったそうです。

上まぶたは、下まぶたに比べて腫れが目立ちやすい場所です。



1か月後・・・すっきりした感じになりました。

二重の幅も広くなっています。

キズ跡もメイクで隠せるのでほとんど分かりません。

以前よりアイラインが書きやすくなったと喜んでいらっしゃいました。



3ヶ月後・・・間近で良く見ないとキズ跡は分かりません。

溶ける糸で皮膚の中も丁寧に縫っているためです。


眉毛下切開は、上まぶたのたるみを取りたい方にはお勧めの治療法です。

この手術は、脂肪を取らなければほとんど腫れません。(皮膚を切るので内出血は当然ありえます)


腫れ・内出血を避けたい方は、グロースファクターによるたるみ治療がお勧めです。