0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • よくあるご質問

【よくあるご質問】グロースファクター注入療法と水光注射はどのような違いがありますか?

グロースファクターと水光注射の違いは、深さと量

グロースファクター注入療法と水光注射(グロースファクターマイクロインジェクション)の大きな違いは、一言で言うと、注入する深さと量が違います。

また、水光注射は、通常のグロースファクターよりも広く注射することが多いです。

 

 

水光注射の効果は小ジワ改善
水光注射は、浅いところにグロースファクターを広く浅く、均一に注入することで、小ジワやキメの改善効果があります。

ただし、単位面積あたりの量は、通常のグロースファクターよりも少ないため、一度できてしまった深いシワをなくすほどの効果はありません。

例えば、通常のグロースファクターは、ほうれい線を1回の治療で改善することが可能ですが、水光注射は1回のみではほとんど写真上の変化は得られません。

 

水光注射が向ている方

水光注射は、顔全体などの広範囲をお試しで施術されたい方や、一度グロースファクター注入療法を終えた方が、数年ごとのメンテナンスで行うのに向いています。

 
一方、グロースファクター注入療法は、法令線や目の下といった部位ごとのしっかりとした治療を行い、明らかに目に見える改善が期待できます。

顔全体(目の下・頬・法令線・口角)に通常のグロースファクターを打つと、たるみが元々ある方は、1回でかなりの変化があります。
しかし、実際には「顔全体を良くしたいけど、あまり周りに気づかれないほどほどの変化」をご希望の方もいらっしゃいます。
そういう方には、グロースファクターの水光注射がお勧めです。
水光注射は、3か月以上の間隔を空けて、様子を見ながら数回繰り返し打つことで、効果が蓄積されます。

グロースファクターは半年かけて徐々に結果が出ますが、水光注射はさらにゆっくりと変化させることができます。

 

 

しっかりとした効果を目指すのであれば、通常のグロースファクターがお勧め

水光注射は繰り返し行えば最終的には通常のグロースファクターと同じゴールに到達できると考えますが、実際はしっかりとした改善を目指すのであれば、通常のグロースファクターを受けられる方が多いです。

その理由としては、回数が読めないことと、最終的に費用として割高になるためです。

 

 

水光注射のダウンタイムはほとんどないことが多い
グロースファクターは腫れ・内出血などのダウンタイムがほとんどないことが多いです。‏

ただし、血が出やすい方は、多少内出血が目立つこともあります。

その他、目の下や頸部などは比較的内出血が目立ちやすいです。

内出血は通常1週間から10日ほどで引いていきます。
 

 

他院様の水光注射との違い

他院様での水光注射は、ヒアルロン酸を中心に、ボトックス・プラセンタ・アミノ酸などを打つことが一般的です。
ヒアルロン酸は、水分を引き寄せるので、潤いを出す効果があります。
しかし、これらはいずれ代謝されてしまうので、比較的短期間で繰り返し打ち続ける必要があります。
当院における「グロースファクターの水光注射」は効果が長期にわたり維持されます。