0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

目の下のクマ+顔の広範囲のたるみ治療 11カ月後の経過

①目の下のクマ治療(経結膜脱脂+グロースファクター)と

②たるみ治療(頬・ほうれい線のグロースファクター治療)

を受けられたモニターの方です。

 


1

術前・・・目の下にふくらみ(脂肪)があります。

目の下の脂肪によるふくらみ(目袋)により涙袋不明瞭になっています。

皮膚は紫外線の影響で薄くなっており、頬の皮膚が落ちることでほうれい線ができています。

 

術直後

 

1週間後・・・まだ腫れがわずかに残っています。

 

1か月後・・・この時期はまだまだ待って頂く時期です。

 

3か月後・・・徐々に改善してきています。

この時点で法令線のグロースファクターを追加しています。




2

6か月後・・・全体的に若返った印象です。

 


11か月後・・・いい状態をキープできています。

涙袋も引き締まっています。

 


3

術前・・・斜めから見た状態です。





11か月後・・・クマ・シワ・たるみが改善しています。

もともと目の下の皮膚は薄く引き延ばされていましたが、術後のたるみもそれほど目立っていません。

 


 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

症例写真

症例写真|脱脂+グロースファクター 
症例写真|手術しない目の下のクマ治療 
症例写真 | 目の下のクマ他院修正治療