0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 口元のたるみ・マリオネットライン・フェイスライン診断

中等度よりさらに進んだフェイスラインのたるみがおありの方へ

フェイスラインのたるみに対するお勧めの治療法

フェイスラインをすっきりさせるには、「口角のグロースファクター」が有効である場合があります。

ただし、皮膚の弾力が低下している場合は、変化に乏しいこともあります。

一般的に、紫外線や糖質過多、喫煙、ストレスなどにより弾力は低下します。
弾力が低い方や頬の脂肪が多い方(上からの重みによる負荷が高い方)は、たるみが多少残ることがあります。
その場合、最終手段として、口角のたるみ取り手術があります。

もし口角のグロースファクターを行い、変化に乏しい場合は、口角のたるみ取り手術の適応になります。

 

そもそも、フェイスラインのたるみが起こる原因は、頬の外側の皮膚の主成分であるコラーゲンが紫外線や加齢の影響により減り、皮膚が薄くなり支えを失うことで、重力により落ちてくることによります。

「口角のグロースファクター」で治療する場合は、シワの部分のみではなく、外側全体の皮膚を広く注射します。

口角のグロースファクターの範囲は④です。

これにより支えができて、糸で持ち上げたようなリフトアップが期待できます。
しかも、糸によるリフトの持ち上げる力は、線状のものを組み合わせた、隙間のある不均一な挙上になりますが、グロースファクターの場合、均一にバランスよく持ち上げる力が働きます。

 


 

①顔全体のグロースファクター(目の下・頬・ほうれい線・口角)、②メラフェードによるシミ治療を受けられたモニターの方です。

1

施術前・・・目の下のクマ、ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインが見られます。
7か月後にほうれい線とマリオネットラインにグロースファクターを少量追加されています。

 

口元のたるみ治療後

1年後・・・フェイスラインが改善しています。

 

 

施術前・・・笑った状態の比較です。

 

1年後・・・さらに改善しています。

グロースファクターでは、笑った状態のシワも改善するというのがポイントです。
これは、皮膚そのものが改善しているためです。

皮膚の改善が得られない治療(糸リフト、ヒアルロン酸、脂肪注入など)では、笑った時のシワは出やすい状態のままになります。

 


 

目の下・頬・ほうれい線・口角のグロースファクターによる治療を受けられた方です。


施術前・・・顔全体にシワ・たるみがあり、伸びた皮膚は重力により下がっている印象です。



6か月後・・・シワは改善していますが、フェイスラインのたるみは残っています。

この場合、口角のたるみ取り手術により余っている皮膚を切除すると、さらに改善します。

皮膚の弾力が低下していたり、頬外側の脂肪が多い方は、改善しにくいので注意が必要です。

 


 

顔全体のグロースファクター注入療法(目の下、頬、ほうれい線、口角)を受けられたモニターの方です。

施術前

 

1年6か月後・・・自然な感じに若返っていますね。

 


 

料金は以下の通りです。(両側、税込み、麻酔クリーム代込み)
口角のグロースファクター 186,000円

治療内容の詳細です。

口角のグロースファクターの詳細>>

口角のグロースファクターの症例写真>>

 

ここで、注意すべき大事なお話をいたします。

脂肪溶解注射などで皮下脂肪を取ってしまうと余計に皮膚のたるみが起こることがあります。
将来は必ず脂肪は減ってくるので、今脂肪を減らすと、将来こけてきてしまい、老けた印象になってしまうリスクがあります。
当院では皮膚のたるみをグロースファクターによりリフトアップさせることで解消し、脂肪溶解注射は結果的にお顔にはほとんど必要ないと考えております。
よく依頼があるのですが、口周りの脂肪溶解注射はあまりおすすめしません。
弾力があれば、キュッと引き締まりますが、脂肪を減らしすぎた場合や、将来的に脂肪が減ってきた場合、皮膚が余ってしまい、かえって口元のシワが増えることがあるためです。
口周りの脂肪溶解注射の詳細>>

その他、サーマクールなどの高周波治療も、強力な高周波により脂肪が減ることがあります。