0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 頬のこけ・こめかみのくぼみ診断

6か月以上前に口角のグロースファクターを受けられたことがおありの方へ

グロースファクターにより脂肪が増えるわけではないので、元々皮下脂肪が少ない方は、グロースファクター施術後でも、ボリューム不足のように見える傾向があります。

そのため、グロースファクターのみでは頬のこけの改善にはある程度限界があります。

 

 

なお、頬のこけは体重の増減の影響を受けます。

 

①目の下のクマ治療(経結膜脱脂+グロースファクター注入)、②顔全体のたるみ治療(頬・ほうれい線・口角のグロースファクター注入)、③シミ治療(メラフェード)を受けられたモニターの方です。

 


3

術前・・・元々皮下脂肪が少なめの方です。

 


頬のこけ治療後

6か月後・・・ある程度頬のこけの改善が得られています。

 

 

4

1年1か月後・・・体重が3kg程度増えたとのことで、ふっくらとした印象になり頬のこけがさらに改善しています。

 


 

ボリュームを増やす他の治療法としましては、脂肪注入やヒアルロン酸注入があります。
しかし、これらの治療法は、皮下の重みが増すために、皮膚の弾力が低下している方は、多少たるみが悪化する可能性があります。

その他、固体または半固体の注入を行う場合、非常にまれではありますが、血管内に入り、失明皮膚壊死を起こすという副作用・リスクもあります。

 

グロースファクターとヒアルロン酸との違い 

グロースファクターと脂肪注入との違い