0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

ヒアルロン酸の注意すべきリスク|動脈塞栓による皮膚壊死と失明について

ヒアルロン酸は、気軽に治療できる反面、意外と重大な危険性・リスクがあることをご存じでしたか?

ここでは、ヒアルロン酸の危険性・リスクについて、重いものから順に説明します。

頻度は少ないですが、事前に知っておくことだけでも必要だと考えます。

ヒアルロン酸による失明の報告例

ヒアルロン酸注射後に失明した例の報告が国内外であります。

血管内に注入された場合、内頚動脈系の血管に逆行して、短時間のうちに視力を失うことがあります。

以下の論文は、それぞれ2015年1月までおよび2015年1月から2018年9月の間において、ヒアルロン酸や脂肪注入などのフィラー注入後に起こった失明の事例をまとめたものです。
Aesthet Surg J. 2019 May 16;39(6):662-674.
Dermatol Surg. 2015 Oct;41(10):1097-117.

2015年1月までおよび2015年1月から2018年9月の間では、それぞれ98例と48例の症例報告がありました。

2015年1月までの98例の症例報告

・失明が起こった注入部位・・・眉間(38.8%)、鼻部(25.5%)、ほうれい線(13.3%)、および額(12.2%)

・失明を起こした注入物・・・脂肪注入が47.9%の原因を占め、ヒアルロン酸は23.5%でした。

・最も一般的な症状・・・即時的な失明と痛みでした。

※失明をきたしたほとんどのケースでは回復は見られませんでした。

2015年1月から2018年9月までの48例の症例報告

・失明が起こった注入部位・・・鼻部(56.3%)、眉間(27.1%)、額(18.8%)、ほうれい線(14.6%)

・失明を起こした注入物・・・98例のうち81.3%がヒアルロン酸によるものでした。

・最も一般的な症状・・・失明以外に、痛み、外眼筋麻痺、および眼瞼下垂が最も多く見られています。
皮膚の壊死は43.8%で報告されています。

※視力が完全に回復したのは、10例(20.8%)に留まり、8例(16.7%)は部分的にしか回復しませんでした。

ヒアルロン酸注入により失明が起こる理由

失明が起こる理由は、皮膚の外頸動脈系の血管と視神経を栄養する内頸動脈系の血管は目の周囲で吻合しているためです。

以下のように、顔には血管が豊富で、ネットワークを形成しています。

目から離れた部位の注入でも皮膚壊死や失明は起こり得ます。

顔面の血管

ヒアルロン酸注入による失明を防ぐポイント

国際美容外科学会(ISAPS)のサイトによると、失明を避けるためには、以下が重要とされています。
・深部への注入を避ける
・人中(鼻の下中央)への注入を避ける
・大量に注入しない
・過去に鼻の手術をしている時は注意
・注入時は圧をかけすぎない
・細い針を使用(カニューレは避ける)

ヒアルロン酸注入による失明に対する対処法

網膜を救済するためには、1時間から1.5時間以内に治療しないといけません。
また、眼科や脳外科などとの連携が重要です。
具体的な対処法としては、温める、マッサージ、塞栓が疑われる部位の皮下全体や眼球後部へのヒアルロニダーゼの投与などがあります。
しかし、前述のいずれの報告でも、失明に対してはこれといった確実に有効な治療法が確立されていないというのが現状です。

失明以外のヒアルロン酸の危険性・リスク

  • 痛み
  • 内出血
  • 感染
  • アレルギー・・・時間が経ってから起こることもあります。
  • 凹凸・・・ヒアルロン酸はいつまでも溶けずに残ることもあります。
  • 青白く透けて見える
  • 皮膚壊死・・・何回もヒアルロン酸注射を受けられたり、ヒアルロン酸注入部位に他の手術を受けられたことがある場合は、リスクが高まります。
    皮膚の色の白色調への変化が最初に出現し、徐々に紫から黒へと色が悪くなっていきます。
  • 脳梗塞

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックで治療を受けてみたいけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々の直接の声を聞いてみませんか?


1.似たような症状の方の経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンから資料ご覧ください。


資料を読む>>