0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

ほうれい線の乾燥を防ぐには?【形成外科専門医が解説】

 執筆者: 加治佐 卓也
二子玉川美容外科クリニック院長
(医学博士・形成外科専門医)

ほうれい線の乾燥が気になりますか?

ほうれい線の乾燥が気になるあまり保湿をしすぎるのは実はあまりお勧めしません。

そもそもほうれい線が乾燥する原因を断ち切ることが先決です。

また、ある治療法を行えば、それほど保湿をしなくても済むようになるので、とても楽になります。

ここではほうれい線の乾燥対策について解説いたします。
ぜひ参考にしてみて下さい。

ほうれい線の乾燥の原因とは?

ほとんどが洗い過ぎが原因

メイクを落とす際に、「しっかり落とさないと」という意識で洗っていますか?

実は、それにより皮膚表面にある表皮が傷つき、逆に乾燥しやすくなってしまうことが多いです。

メイクは多少残し気味でも害はありません。
それよりも洗い過ぎによる乾燥のデメリットの方が害が大きいと言えます。

表皮が傷つくとどうなる?

表皮の内部には、アミノ酸や脂質(油)でできた、ご自身の体で作られる保湿成分が閉じ込められています。
表皮が傷つくと、これらの保湿成分が漏れて出てしまい、乾燥しやすくなります。

 

乾燥しないような洗い方とは?

洗顔方法のポイント

お顔を洗う際に、お皿を洗うような洗い方をしていませんか?
また、シートなどの摩擦が大きい物は表皮を傷つけやすいのであまりお勧めいたしません。

洗顔の際は、おにぎりを握るように、圧をかけて、さらに横滑りしないように気をつけていただくと、表皮のダメージを防げます。
それにより、法令線を含めたお顔全体が乾燥しづらくなります。

実感としては、前顔後のつっぱりがなくなると思います。

さらに、頬骨のところにできやすい肝斑や目の周りの黒ずみも数か月くらいで自然に改善してくることが多いです。

保湿しすぎはお勧めしない

ほうれい線は保湿した方がよいのか?
どれくらいの頻度で保湿クリームを塗ればよいのか?
たっぷり塗ったほうがよいのか、それとも少な目がよいのか?

くわしくは、次のページをご覧下さい。

 


 

あなたのほうれい線が1分で診断できます

質問に答えていくだけで詳しくチェックできます。


顔のシワたるみ自動診断

 

関連記事

ほうれい線の原因・種類・治療法・自宅ケアついて>>

ほうれい線の有効なケア・無効なケアについて>>

シワ・たるみの記事一覧>>

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>