0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • シミ・くすみ・小ジワ・毛穴

エレクトロポレーションについて

 執筆者: 加治佐 卓也
医学博士・形成外科専門医

エレクトロポレーション(電気穿孔法)は、電気パルス(電気エネルギーをミリ秒程度かつ高電圧を皮膚に負荷)で細胞膜に孔を空けて、物質を導入する手法です。

元々、細胞への遺伝子導入などで使われていました。

その後、美容皮膚科の分野でも応用されるようになりました。

イオン導入や超音波導入では難しかった高分子有効成分などを肌へ導入できます。

エレクトロポレーションの主な効果

以下に対して効果が期待できます。

  • 小ジワ
  • シミ・くすみ
  • 毛穴

導入で用いられる成分

ヒアルロン酸

乾燥やハリの改善や保湿効果が期待できます。

ヒアルロン酸の詳細≫

トラネキサム酸

肝斑の治療に用いられます。

トラネキサム酸の詳細≫

ビタミンC

以下に対する効果が期待できます。

  • 美白
  • 小ジワ
  • ニキビ・ニキビ・ニキビ跡

ビタミンCの詳細≫

ボトックス

肌のハリや小ジワに対して使用されます。

ボトックスの詳細≫

グロースファクター

小ジワに対する効果が期待できます。

グロースファクター注入療法の詳細≫

ダウンタイムについて

エレクトロポレーションにはダウンタイムはなく、生活上の制限(飲酒や運動などについて)もありません。
メイクもすぐにできます。

家庭用のエレクトロポレーション美顔器について

医療機関で行うエレクトロポレーションとの違いは、薬剤ではなく美容液を用いる点、効果が弱い点が異なります。

イオン導入との違いは?

エレクトロポレーションは、浸透率がイオン導入の20倍以上あると言われています。

イオン導入の詳細≫

エレクトロポレーションの副作用は?

導入する物質によってはアレルギーが起こり得ます。

腫れなどの副作用はありません。