0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

ほうれい線が30代で気になったら早めの治療がお勧めな3つの理由

 執筆者: 加治佐 卓也
医学博士・形成外科専門医

 

30代のあなたは、最近ほうれい線が気になってきているのではないでしょうか?

実は、ほうれい線は、30代くらいで早めの治療するのが最善です。

なぜなら、あまり長く放置しすぎると、シワが深くなり、折れ癖ができてしまい、いざ治療しようと思っても完全に治りきらなくなることもあるためです。

また、逆に早めにグロースファクターで治療した場合は、30代から40代の間は少なくともほったらかしでもほうれい線で悩むことはなくなります。

こちらを読んでいただきハッピーな30代が送れる一助になれば幸いです。
ぜひ参考にしてみて下さい。

30代の方のほうれい線の特徴は?

30代の方では、20代の方と比較して中等度の方が多く見られます。
おもに紫外線の影響をどれだけ受けてこられたかが影響します。

30代の方のほうれい線治療例:例1 例2

30代でほうれい線をすべき3つの理由

その理由は、以下の3つです。

  • 放置すると徐々にほうれい線は深くなる
  • 深くなりすぎると、いざ治療しようと思っても折れ癖が残ることがある
  • 早めに治療すると、今後の予防になる。

「もう少し様子を見てもよいのでは?」と思われる方がいるかもしれません。

たしかに40代で治してもよいです。
いつ治療しても最終的な仕上がりはそれほど変わりません。

しかし、それまでの間をどう過ごすかが変わります。
その10年間を「もったいない」と思われるかどうかによります。

30代でほうれい線が出始める理由は?

皮膚の主成分はコラーゲンです。
20代をピークに、皮膚のコラーゲンは徐々に減少していきます。

早い方だと、30代でほうれい線部分の皮膚のコラーゲンが減り、頬の重みが上からかかることで、ほうれい線部分に負荷がかかり、シワができます。

ほうれい線が出るリスクが高い方

以下の方は、30代でほうれい線が出やすくなります。

  • 喫煙をしている。あるいは以前していた。
  • 紫外線を浴びてきた量が多い(以前外でスポーツをしていた。日焼け止めを普段塗らないなど)
  • 甘い物が好き
  • 運動の習慣がない
  • 慢性的に睡眠不足が続いている
  • きちんと栄養をとれていない

30代の方のほうれい線治療例

グロースファクターによるほうれい線治療を受けられた方々です。


詳細な経過>>

笑った時のシワもきれいになっていますね。


 


詳細な経過>>

 

 


 

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワ、たるみ自動診断

 

関連記事

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>