0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

グロースファクターによる、「手術しない目の下のクマ治療」 6ヶ月後の経過

目の下のクマの原因は、①脂肪によるふくらみと②皮膚たるみにより生じるくぼみによることが多いです。

その他、シミなどによる色素によるもの茶クマ眼輪筋・静脈が透けて見えることにより赤~青・紫に見えることもあります。赤クマ青クマ紫クマ

 

ふくらみがわずかな場合は、グロースファクターのみによる治療によりかなり改善することも可能です。

 

モニターの方です。(顔全体のグロースファクター治療をされた方を再掲; 顔全体の治療経過はこちらです

 

施術前/6ヶ月後・・・右目は多少ふくらみが残っていますが、全体的に皮膚のハリが出ることでくぼみが改善しています。

施術前と比較するとだいぶクマが目立たなくなっています。

メラフェードもされているので、くすみが取れています。

メラフェードは小ジワも改善する効果もあるので、グロースファクターと相乗効果を発揮できます。

 



施術前/6ヶ月後・・・斜めから見た状態です。

きれいになっていますね。

 


 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

症例写真

症例写真|脱脂+グロースファクター 
症例写真|手術しない目の下のクマ治療 
症例写真 | 目の下のクマ他院修正治療