0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

グロースファクターによる「手術しない目の下のクマ治療」 10ヵ月後の経過

グロースファクターによる「手術しない目の下のクマ治療」を受けられたモニターの方です。

 


1

治療前・・・診察上の所見・色で分類したクマの種類としては、以下の通りです。

1.涙袋ははっきりとしています。

2.目の下の脂肪肪によるふくらみはありません。

3.その下にくぼみがあり、ハの字の状態になっています。影クマ・黒クマ

4.そのくぼみは、頬まで伸びており、ゴルゴ線となっています。

5.くぼみのところには多少シミがあります。茶クマ

 


上記の3.「ハの字のくぼみ」は、皮膚が薄くなり、筋肉の境目が透けて見えているためです。

また、伸びた皮膚は支えを失い、多少重力で下にさがります。

これが頬がこけて見える理由です。
こちらのモニターの方は、目の下以外に頬のグロースファクターも受けられています。



2

10ヵ月後・・・くぼみが解消し、頬がリフトアップしています。

ちなみに、シミ治療はされていません。




3

治療前・・・くぼみがあります。




4

10ヵ月後・・・改善しました。




5

治療前・・・反対側です。




10ヵ月後・・・凹凸はなくなっていますが、シミのため多少クマっぽい印象は残っています。

ここからさらに改善するとしたら、メラフェードなどでシミ・くすみ治療を行うと、さらにすっきりとした印象になります。


 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

症例写真

症例写真|脱脂+グロースファクター 
症例写真|手術しない目の下のクマ治療 
症例写真 | 目の下のクマ他院修正治療