0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

50代女性 手術しない目の下のクマ治療(グロースファクター) 1.5ヵ月後の経過

グロースファクターによる「手術しない目の下のクマ治療」を受けられたモニターの方です。

 

1

施術前・・・診察上の所見・色で分類したクマの種類としては、以下の通りです。

1.涙袋目の下の脂肪により不明瞭になっています。

2.脂肪の量(進行度)としては中等度です。

  ふくらみが影を作っています。影クマ・黒クマ

3.脂肪によるふくらみ目袋に左右差があります。(右>左)

4.ふくらみの下にはハの字状にくぼみ があります。

5.シミが目の下~頬にあります。

脂肪の量が比較的あることから、「目の下」領域のみでは改善が不十分であることが考えられ、ご相談の上、「目の下・頬」の2箇所のグロースファクターの施術を受けられ、さらに、ほうれい線の治療も希望されました。

また、シミに対してはSRも1回治療を受けられています。

 

 
2

1.5ヵ月後・・・まだ途中経過ではありますが、目の下のくぼみがかなり改善しています。

頬もリフトアップして若々しくなった印象です。

 

6

1.5ヵ月後・・・笑った状態でも違和感はありません。

 

 
3

施術前・・・斜めから見た状態です。

 

 
4
1.5ヵ月後・・・ ハリのある印象です。

 

 
5
施術前・・・反対側です。

 

 
5
1.5ヵ月後・・・目の下のクマが改善しています。

 
 

グロースファクターで目の下のくぼみが治る原理は、皮膚のハリを出すことで、くぼみが目立たなくなるためです。

眼窩脂肪によるふくらみがあっても、軽度までなら「グロースファクターの目の下」のみで、カバーできます。

中等度以上であれば、「目の下」+「頬」まで施術されたほうがきれいになります。

目の下の脂肪が出てくる理由は、脂肪を包んでいる膜が緩んでくるためです。

一度脱脂をした場合、脂肪を包んでいる膜が瘢痕で固くなるため、その後脂肪が飛び出しにくくなるという予防効果もあります。

一方、グロースファクターのみの治療ですと徐々に後から脂肪が出てくることもあります。

グロースファクターのみで治療した後に、もし何年後かに脂肪が徐々に飛び出してきた場合は、後から脱脂のみ行うことも可能です。

中等度以上のふくらみがある場合は、脱脂+グロースファクターを行う方がきれいになりますが、まずグロースファクターのみで様子を見ることも可能です。

 

関連記事はこちらです。

https://www.ft-bc.jp/12235209764-2/

 


 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

症例写真

症例写真|脱脂+グロースファクター 
症例写真|手術しない目の下のクマ治療 
症例写真 | 目の下のクマ他院修正治療


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>