0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

エラのボトックス 6カ月後の経過

ボトックスによる小顔治療(エラのボトックス)を受けられたモニターの方です。(一部再掲)

 
1

施術前・・・発達した咬筋によりエラが目立つ状態です。

ボトックスをエラ付近に注射することで、エラの筋肉を萎縮させ、小顔にすることができます。

 

 
2

1カ月後・・・筋肉の減少により小顔になっています。

 

 
3

3か月後・・・4~6カ月後でボトックスの薬理効果は切れてきます。

 

 
4

6カ月後・・・まだ比較的いい状態を維持されています。

咬む癖が軽減した場合、戻りは緩やかなこともあります。
 

 
1

施術前・・・斜めから見た状態です。 

 

 
2

1カ月後・・・細くなっています。

 

 
3

6カ月後・・・多少戻っている印象ですが、まだ効果は続いています。

このまま様子を見た場合、徐々に筋肉は戻っていきます。

このことから、この方は半年に1回打つことでいい状態を維持できると考えられます。