0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

60代女性 眼瞼下垂手術

眼瞼下垂手術を受けられたモニターの方です。

 

 

ご相談内容では、「額のシワが気になる」とのことでした。

眼瞼下垂がおありの場合、どうしても額のシワが寄りがちになります。
その理由は、眼瞼下垂がある状態では目が開けづらくなっており、目を開けるために額の筋肉を使うからです。 

その場合、眼瞼下垂の治療をしないとなかなかシワが改善しません。

眼瞼下垂により額に力が入りやすくなっている状態が続く限りは、額のグロースファクターを行っても効果は限定的なことがあります。
その理由は、グロースファクターを注射しても、その水分が逃げて型崩れしやすいためです。

眼瞼下垂 | 症状・診断・原因・治療法について>>

 

 

術前・・・まぶたが下がっている状態です。

目を開けようとするあまり、眉毛を上げる癖が生じて、額にシワが寄ってしまっています。

 

 

術直後

 

 

1週間後・・・抜糸が終わった直後の状態です。

 

 

1か月後・・・わずかに腫れが残っています。

 

 

6か月後・・・上まぶたの二重の線のところを切開して、まぶたを上げるスジをキュッと寄せる処置を内部で行っています。(眼瞼挙筋腱膜短縮術)

また、上まぶたの余分な皮膚を適度にトリミングして、たるみを取っています。

これら内部と外部のダブルの処置により、まぶたが楽に開くようになり、すっきりとした若々しい印象になりました。

目が楽に開くようになったため、額のシワも自然に改善しています。

 

 

術前・・・斜めから見た状態です。

 

 

6か月後・・・見た目はあまり変化はなさそうですが、実はまぶたが楽に開くようになっています

 

 

術前・・・反対側です。

 

 

6か月後・・・自然な仕上がりですね。

 

 

6か月後・・・目を閉じた状態です。

キズ跡は二重の線に沿ってできていますので、あまり目立ちません。

当院では、眼瞼下垂の治療を行う際、あまりオーバーに矯正しすぎず、あくまで自然な仕上がりを目指すこととを心がけています。

 

 

 

眼瞼下垂の治療法では、まぶたを上げるスジが伸びているのを縮めます。
それにより、まぶたが楽にしっかりと開けられるようになります。

 

よくあるご質問

「目のくぼみ・まぶたのくぼみ」と「上まぶたのたるみ」の両方がある場合、どのような治療を受けるのがよいでしょうか?

どちらが根本的な原因かにもよります。

目の上のくぼみ・たるみ・眼瞼下垂のどの症状があるかを最初に見極める必要があります。
いずれかの要因または複数が関与していることがあります。

ぼみのみであれば、グロースファクターで比較的簡単に治療できますので、そちらを先に治療される方が多いです。
上まぶたのたるみ取り手術や眼瞼下垂は、1週間糸が付いた状態で過ごさないという注意点があります。