0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

ほうれい線の原因について【形成外科専門医が解説】

ほうれい線がなぜできるのかを知りたいと思っていますか?

実はほうれい線のおもな原因は、皮膚の老化です。

さらにくわしく言うと、皮膚の主成分であるコラーゲンの減少が原因です。

乾燥や筋肉の衰えがほうれい線の発生に関わる割合はごくわずかです。
逆に言うと、保湿や表情筋トレーニングではほうれい線を改善させることは難しいです。

グロースファクター注入療法などにより皮膚のコラーゲンを増やすことで、意外と簡単にほうれい線はきれいに消せます。

ここでは、法令線の原因について詳しく解説いたします。
ぜひ参考にしてみて下さい。

 執筆者: 加治佐 卓也
二子玉川美容外科クリニック院長
(医学博士・形成外科専門医)

ほうれい線ができる原因とは?

皮膚の老化が主なほうれい線の原因

皮膚の主成分はコラーゲンです。
コラーゲンが紫外線や加齢などの影響により減ってくると、頬の皮膚が支えを失うことで落ちてきます。
ほうれい線の上にある頬の皮膚と脂肪の重みが、ほうれい線部分への負荷となります。

ほうれい線部の皮膚も薄くなっているので、上からの重みに耐え切れず、シワができます。

ほうれい線ができる最初の段階は「笑った時だけにほうれい線ができる」

ほうれい線のできる場所には、コラーゲン線維が密になっていています。
そのため、若いうちは、ちょっとしたことでシワができることはありません。
はじめは、笑った時だけにシワができるようになります。

「真顔でもほうれい線ができる」原因とは?

そのうち、ほうれい線上の皮膚が上からの重みに耐えられなくなった時点で真顔でもシワができるようになります。

年々頬の脂肪は減少することが多いです。
すると、頬の脂肪のボリュームが減ることで皮膚が余ります。
その結果、頬の皮膚が下に落ちてきます。
皮膚と脂肪はある程度くっついているので、一緒になって落ちてきます。
ある程度の年齢の方で、やせ気味の方では、ほうれい線の上には、落ちてきた皮膚がたまってふくらみになっていることも多いです。

コラーゲンは年々減少する

次は、コラーゲンの量を示したグラフです。
30代~40代くらいからコラーゲンの減りが減りが目立っています。

これは、「30代~40代からほうれい線を含めた顔のシワ・たるみが気になり出してくる方が多いという当院の統計」(次のグラフ)と一致します。

当院のグロースファクターに関する統計(H26.1~H26.8)・・・30代、40代の方がそれぞれ27%、42%と多くを占めています。
グロースファクターにより早めにほうれい線を治療することで、その後の老化を予防できますす。

 

皮膚のコラーゲンが減る原因とは?

主に紫外線が原因です。
約80%が皮膚のコラーゲン減少の原因と言われています。

したがって、紫外線防止は重要な予防法です。

女性の方の場合、エストロゲン(女性ホルモン)の減少により50代くらいからかなりコラーゲンの減少が目立つことが多いです。

これらの原因によりほうれい線は年々深くなります。

炎症が原因で生じる酵素もシワの原因となる

紫外線などによる炎症による刺激で生じる酵素(好中球エラスターゼ)によりコラーゲンが減るという報告があります。
こうした酵素をおさえる市販のクリームがあります。
しかし、クリームによりほうれい線を改善する効果は弱く、年単位で塗り続ける必要があります。

頬の脂肪の量・厚みがほうれい線に影響を与える

皮膚以外でほうれい線ができる原因として、ほうれい線の上の脂肪の厚みがあります。

頬の脂肪の厚み・ボリュームがあると、ほうれい線が深く見えたり、シワがなくてもほうれい線があるように見える原因となります。

次の方々は、ともにグロースファクターでほうれい線治療を受けられた方々です。
頬の脂肪の厚みの違いにより仕上がりに違いが出ています。

また、次の方は、元々頬の厚みの左右差がある方です。
グロースファクターによる治療後、左側にほうれい線が残っているように見えます。

ほうれい線部分に与える頬からの負荷が大きくなる原因

ヒアルロン酸・脂肪注入などの注入治療

ヒアルロン酸や脂肪注入の入れすぎにより頬全体の重みが増すことがあります。

皮膚の弾力があるうちはよいのですが、一定の限界点を超えると、バランスがくずれて下に落ちてきます。
それによりほうれい線への負荷が余計にかかってしまいます。

また、頬のボリュームが注入剤により増えると、影が増してしまい、ほうれい線が深く見えてしまう原因となります。

ほうれい線自体にヒアルロン酸などを打ったとしても、皮膚のハリが出るわけではないので、動かした時にはシワが寄ってしまいます。

ちなみにグロースファクターであれば、真顔の状態だけではなく、動かした時のほうれい線のシワも改善できます。

頬のむくみもほうれい線の見え方に関係している

頬の脂肪の重みが多い方の中には、むくみによるものも含まれます。
頬のむくみにより頬の厚みが出ると、ほうれい線の影が増えて、シワがより深く見える原因になります。

マッサージや表情筋トレーニングは、リンパの流れを改善し、むくみをすっきりさせることで、ほうれい線の見え方に好影響を与えることが期待できます。

喫煙でほうれい線が加速する原因は?

タバコは、シワができやすくなる原因となります。
その理由は、ニコチンが血管を縮め、皮膚への血流が低下するためです。
特に、タバコは口で吸うため、口周りの皮膚に影響が出やすいです。

 


よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワ、たるみ自動診断

関連記事

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による以下の内容が書かれた直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?


・痛み・内出血・腫れ

・お休みを取った期間

・結果の満足度


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>