0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

鼻横のシワ・たるみへのグロースファクター

鼻横のシワ治療を検討中ですか?

鼻横のシワはグロースファクターで治療可能です。

効果が出るまで半年くらいかかりますが、1回の治療で長期維持されます。

ただし、頬の脂肪の厚みがある方は、治療が難しいことがあります。

ただし、あることを行うことで、改善することもあります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

鼻横のシワは「ほうれい線のグロースファクター」で治療可能

施術部位について

鼻横のシワは、ほうれい線の付け根に位置します。

ほうれい線のグロースファクターは、ほうれい線に沿ってグロースファクターを注射します。

それにより、鼻横のシワも含めた溝の部分の皮膚のハリが出ます。
それにより、鼻横にかかる頬の重みを支えることができるようになります。

ほうれい線施術前
施術前
ほうれい線6ヶ月後
6か月後

施術名:グロースファクター注入療法

結果が出るまでの期間とその後の経過について

グロースファクターは、最終結果が出るまで約半年かかりますが、一度良くなった後は、効果が長期持続します。(グロースファクターの長期経過について>>

グロースファクターによる鼻横のシワ治療の注意点

頬の脂肪の厚みがある場合は残ってしまう

例えば、頬の厚みに違いがある場合、脂肪の量は増えたり減ったりすることはないので、その厚みの分だけ、左右差が残る可能性があります。

例えば、次の方は、元々頬の脂肪の厚みに左右差があります。(右<左)
脂肪の量は増えたり減ったりはしないので、施術後6か月の写真では、左側の脂肪の厚みの影が残っています。

鼻横のシワ 治療前後

頬の脂肪の厚みの左右差 鼻横のシワの左右差として残っている
詳細な経過>>

施術名:グロースファクター注入療法


 

次の方も同様に頬の厚みの左右差があり(右<左)、脂肪の厚みの分だけ左右差としてほうれい線が残っています。

頬の厚みの左右差があり、鼻横のシワが残っている
施術前/6か月後
詳細な経過>>

施術名:グロースファクター注入療法


次の方は、両頬とも脂肪の厚みがあり、両方とも影が残っています。

頬の厚みの左右差があり、鼻横のシワが残っている
施術前/1年2か月後
詳細な経過>>

施術名:グロースファクター注入療法


次の方は、頬の脂肪の厚みがほとんどない方です。
そのような場合、鼻横のシワはほとんど気にならないくらいになります。

頬の厚みが少ない方のほうれい線治療例
施術前/1年1か月後

ただし、よく見ると、頬の脂肪の厚みに左右差があります。(右<左)
その分だけ、左側の鼻横は影が少し残っています。

頬の厚みが少ない方のほうれい線治療例(頬の脂肪の厚みの左右差)
詳細な経過>>

施術名:グロースファクター注入療法


 

次の方も同様に、脂肪の厚みは比較的少ないので、ほうれい線はきれいになっていますが、脂肪の厚みに左右差がわずかにあるため、その影が左側の上の方にわずかに残っています。

頬の厚みが少ない方のほうれい線治療例で上の方が片側シワが残っている例
施術前/6か月後
詳細な経過>>

施術名:グロースファクター注入療法


 

次の方は、頬の脂肪の厚みがほとんどない方です。
そういった方は、影がほとんどない状態になります。
ただし、シミ・くすみや毛穴の開きがある場合、それが線のように見えることがあります。
そちらは、メラフェードにより改善可能です。

頬の厚みがほとんどない方のほうれい線治療例
詳細な経過>>

施術名:グロースファクター注入療法


次の方は、頬の脂肪が比較的厚い方です。
その場合、ほうれい線がほとんど改善していないようにも見えます。

頬の脂肪の厚みがかなりある方のほうれい線治療例
施術前/8か月後
詳細な経過>>

施術名:グロースファクター注入療法

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワたるみ自動診断

 

関連記事


鼻横のシワ・たるみ 

鼻横のシワ・たるみの原因・予防法などについての解説です。

 

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>