0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

グロースファクターによる顔のたるみ治療

グロースファクター注入による顔のたるみ治療をご検討中ですか?
グロースファクターは、皮膚のコラーゲンを増やすリフトアップ注射治療です。(その他、ほうれい線などのシワ治療も可能です。)

糸によるリフト治療HIFUなどの照射治療よりもより確実かつ長期的な改善が期待できます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

グロースファクターは以下のような症状・ご希望がある方に向いています

疲れた印象がある
全体がたるんでいる
とにかく若返りたい
10歳くらい若返りたい

自然な仕上がりを目指したい
急激な変化を望まない(時間をかけて変化させたい)
痛み・腫れを最小限にしたい
皮膚を切りたくない

【治療例】

1
施術前・・・①目の下+頬のグロースファクターによる「手術しない目の下のクマ治療」、②ほうれい線・口角のグロースファクターによるシワ・たるみ治療、③メラフェードによるシミ・くすみ治療を受けられたモニターの方です。

2
7ヶ月後(詳細な経過>>

施術名:グロースファクター注入療法

 

目次

グロースファクターによる顔のたるみ治療の特徴

  • 皮膚の老化の根本にアプローチ(=皮膚のコラーゲンを増やす)⇒仕上がりが自然
  • 半年かけてゆっくり仕上がる⇒周りに気付かれにくい
  • 注射だけによる比較的簡単な治療⇒腫れなどが目立ちにくい

 

早めに治療せず、放置した場合、シワ・たるみは徐々に進行します

ほうれい線5年間の未治療例

紫外線を浴び続ける限り、お顔のコラーゲンは年々減っていきます。
それにともない、たるみは徐々に進んでいきます。

 

 

 

ほうれい線:5年間未治療例・・・徐々にシワが深くなっています。

ほうれい線治療後4年5か月経過した例

ほうれい線施術前/6か月後/4年5か月後・・・グロースファクターによりいい状態が長期維持されています。

早めのグロースファクターは、治療だけではなく、進行を予防するというメリットもあります。

グロースファクター以外の治療法だと、長期的にはこうなる

・照射治療の場合

・半年から1年ごとに通い続ける必要がある。(長期的には費用がかなりかかる)
・1回の効果は少ない。
・あまりやり過ぎるとこけてしまうことがある。

・ヒアルロン酸の場合

・半年から1~2年ごとに通い続ける必要がある。
・皮膚そのものは変わらないため、仕上がりに限界がある。(入れすぎると頬がパンパンになることも)
・回数を重ねるにつれ、皮膚の壊死や失明のリスクが出てくる。

・糸によるリフト治療の場合

・数か月から1年ごとに通い続ける必要がある。(徐々に効果が落ちてくる)
・皮膚そのものは変わらないため、仕上がりに限界がある。(皮膚の引きつれなどのリスク)
・異物を入れるため、感染のリスクがある。

・グロースファクターのリスクの詳細>>

「顔全体のグロースファクター」で10年前の状態を目指すには

「顔全体のグロースファクター」=①目の下、②頬、③ほうれい線、④口角の部位

①が目の下、②が頬、③がほうれい線、④が口角の領域です。(範囲は多少個人差があります)
①~④を「顔全体」と定義しています。

 

他に①が額、②がコメカミです。
③の眉間は、シワに沿って打ちます。

グロースファクターの注射部位の詳細について>>

顔全体を施術することによりお互いが引き合い、相乗効果を発揮する

1か所を治療した場合、その部位のみの変化に留まります。
皮膚は凸になる性質があるため、複数部位を治療することで、より引き上げる力が強くなります。
隣り合った部位同志がお互いをお互いを引き合い、相乗効果が得られると考えます。

顔のたるみ治療の症例写真

顔全体のグロースファクター施術前後

40代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂+グロースファクター)と顔全体のグロースファクター(頬・ほうれい線・口角)】6ヵ月後
*お顔全体にハリが出て若々しい印象に変化しています。
この方の詳細な経過はこちらです。

40代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【顔全体のグロースファクター(目の下・頬・ほうれい線・口角)とシミ治療(メラフェード)】3か月後
*シワ・くすみが取れ、明るい印象になっています。
この方の詳細な経過はこちらです。

40代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂+グロースファクター)と顔全体のグロースファクター(頬・ほうれい線・口角)】6か月後
*クマが解消され、頬がリフトアップ。口周り・フェイスラインもすっきりしました。
この方の経過写真はこちらです。

30代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂+グロースファクター)とゴルゴ線・ほうれい線のグロースファクター】5か月後
*クマ・たるみがきれいになり、リフトアップしています。
この方の経過写真はこちらです。

40代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂、グロースファクター)と顔全体のグロースファクター(頬・ほうれい線・口角)】3か月後
*全体的なたるみが良くなり、若々しい印象になっています。
この方の経過写真はこちらです。

30代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂+グロースファクター)と顔全体のグロースファクター(頬・ほうれい線・口角)】3か月後
*目の下のクマが解消。頬もリフトアップしています。
この方の経過写真はこちらです。

40代 男性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂、グロースファクター)と頬・ほうれい線のグロースファクター】6か月後
*目の下のたるみだけでなく、たるみが改善して、すっきりした印象に。
この方の経過写真はこちらです。

40代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【顔全体のグロースファクター(目の下・頬・ほうれい線・口角)とシミ治療(メラフェード)】6か月後
*全体的に下がった感じが改善。くすみも取れ、明るい印象に。
この方の経過写真はこちらです。

40代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂、グロースファクター)とグロースファクター(頬・ほうれい線)】3か月後
*目の下のクマ・顔のたるみ・くぼみがきれいになっています。
この方の経過写真はこちらです。

60代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【顔全体のグロースファクター(目の下・頬・ほうれい線・口角)】9か月後
*ハリが出て、顔のたるみが改善しています。
この方の経過写真はこちらです。

50代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【顔全体のグロースファクター(目の下・頬・ほうれい線・口角)】3か月後
*薄くなった皮膚のハリが出て全体的にリフトアップ。顔のたるみがきれいになっています。
この方の経過写真はこちらです。

30代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂、グロースファクター)とグロースファクター(頬・ほうれい線)】6か月後
*顔のたるみが改善したことで若々しい印象になりました。
この方の経過写真はこちらです。

50代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂、グロースファクター)と顔全体のグロースファクター(頬・ほうれい線・口角)】6か月後
*クマが改善し、シワ・たるみがきれいになっています。
この方の経過写真はこちらです。

20代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂、グロースファクター)と顔全体のグロースファクター(頬・ほうれい線・口角)】11か月後
*クマ・シワ・たるみが改善し、若返った印象です。
この方の経過写真はこちらです。

40代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂、グロースファクター)と顔全体のグロースファクター(頬・ほうれい線・口角)】1年後
*各部位を分割して治療していますが、しっかり効果が出ています。
この方の経過写真はこちらです。

80代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【顔全体のグロースファクター(目の下・頬・ほうれい線・口角)とメラフェードによるシミ治療】6か月後
*頬のたるみがしっかりとリフトアップしています。
この方の経過写真はこちらです。

20代 女性

顔のたるみ治療の症例写真

【目の下のクマ治療(経結膜脱脂、グロースファクター)と顔全体のグロースファクター(頬・ほうれい線・口角)】6か月後
*何となく下がった感じが改善しています。一度治療すると今後の老化防止にもなります。
この方の経過写真はこちらです。

笑った状態でも違和感はありません。

顔のたるみ治療の症例写真

1か所だけを治療するよりは、複数個所を治療した方が、若々しく見える

経結膜脱脂手術後に顔全体のグロースファクターを受け、若返った印象になった方

この方のは、まず「脱脂+グロースファクター」を受けられました。
確かに、目の下のクマは改善していますが、面積で言うと顔全体の10%程度の改善になります。

そこで、その他の部位(頬・ほうれい線・口角)のグロースファクターを受けられた結果、お顔全体が若気った印象になりました。
特に頬がリフトアップし、口周りがシュッとなっています。

上から治療した方が効果が見えやすく、満足度も高い

上の方が重力の影響が少なく、改善が目に見えやすい傾向にあります。
例えば、目の下はほうれい線よりも上からの重みがなく、皮膚は薄いです。
そのため、複数個所を治療する場合は、目の下⇒頬⇒ほうれい線⇒口角の順で行うと改善しやすいです

逆に、マリオネットラインは顔の中でも一番下に位置するため、比較的治りにくい場所です。

こちらの方は、顔全体のグロースファクターとメラフェードによる治療を受けられた方です。

顔全体のグロースファクターによるシワたるみ治療1年の経過

目の下と頬は1回の治療でいい状態になっています。
一方、口角の部位は追加投与を行っていますが、結果的にたるみが少し残っています。

口角はお顔の一番下に位置するため、重力の影響を最も受けます。
特に頬の脂肪が多い方だと治りづらい傾向にあります。

この方の詳細はこちらです。


こちらの方は、経結膜脱脂手術+グロースファクターおよび頬・ほうれい線のグロースファクターを受けられた方です。

脱脂、目の下・頬・法令線のグロースファクター治療前後比較

口角の部位は未治療ですが、意外と気にならない印象です。
実際、この方は目の下・頬・ほうれい線の3か所で満足されていました。

この方の詳細はこちらです。

目の下のたるみに対するグロースファクター治療

目の下のたるみはグロースファクターのみでも改善可能なことが多い

目の下のたるみには段階があります。
目の下の脂肪は、脂肪を包んでいる膜が緩んでくることで出てきます。
それは、年々緩んでくるため、脂肪の飛び出す量はどんどん増えていきます
実際にグロースファクターのみで治療された方は、手術した場合と遜色ないくらいに凹凸感を解消できていることがほとんどです。

また、グロースファクターの効果は何年も維持されます。
もしそれでも脂肪によるふくらみが気になられる場合は、後から脱脂を追加することも可能ですが、そうなったケースは非常にまれで、通常はグロースファクターの追加で対処可能なことがほとんどです。

・グロースファクターのみによる「手術しない目の下のクマ治療」についての詳細>>
・経結膜脱脂についての詳細>>

目の下の脂肪の量が重度の場合は脱脂を控えめにして、目の下+頬のグロースファクターを行う

目の下の脂肪の量が重度の場合、「控えめの脱脂」+目の下・頬のグロースファクターを行うという方法があります。
この理由は、脱脂をしっかり行うと小ジワやたるみのリスクがあることと、頬までグロースファクターを行うことで、目の下の脂肪が多少残っても、手術しない目の下のクマ治療の原理できれいに治るためです。

控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクターの詳細>>

頬のたるみに対するグロースファクター治療

たるんでくぼんだ頬をリフトアップ

頬のたるみは、紫外線や老化などの影響で皮膚のコラーゲンが減少し、支えを失い下に落ちることで起こります。
通常、ほうれい線の上に皮膚がたまることが多いです。
頬のグロースファクターは、それを元に位置に戻す効果があります。
糸で持ち上げるのではなく、ご自身の皮膚のハリを取り戻します。(頬のたるみの詳細>>

目の下と頬の両方の治療を検討されている場合、その2か所だけは同時に行った方がバランスを取りやすい

頬のたるみ治療を検討されている方で、もし目の下にもたるみ・クマがおありの方は、できれば同時に受けられることをお勧めいたします。
その理由は、目の下と頬は隣り合った部位で、なおかつ境界があいまいなため、同時に治療した方がバランスを取りやすいためです。

もし目の下と頬を別々な日程で治療された場合、打ち漏れや重複などが生じるリスクがあり得ます。
なお、目の下・頬以外でしたら別々の日でも特に影響はありません。
詳細はこちらをご覧下さい。

口周りのたるみ・口元のもたつきに対するグロースファクター治療

口周りのたるみ・口元のもたつきはグロースファクターで改善が期待できる

口角のグロースファクターでは、外側全体を広くグロースファクターを注射するので、外側を引き上げるような力が働きます(口周りのたるみの詳細>>)。
ただし、紫外線を多く浴びられたり、甘いものが好きであったりする方などで弾力が低下している方や脂肪が多く重みが下にかかっている方は治りづらいことがあります。
その場合、たるみ取り手術が有効です。
ただし、こちらはよほどの場合にしか行いません。

口周りのたるみ解消にはほうれい線のグロースファクターが意外とお勧め

「口周りのたるみを取りたい・・・」
そう思われている方でまだほうれい線を治療されていない方には、まずほうれい線のグロースファクターがお勧めです。
「部位的には口角では?」と思われているかもしれませんが、以下の2つの理由からほうれい線をまず治療されることをお勧めします。

・上から治療した方が治りやすい

・お顔の中央から治療した方が満足度が高い傾向がある

施術部位の優先順位についての詳細>>

口周りのたるみ・口元のもたつきに対する脂肪溶解注射はお勧めしない

将来は必ず脂肪は減ってくるので、今脂肪を減らすと、将来こけてきてしまい、老けた印象になってしまうリスクがあります。
当院では皮膚のたるみをグロースファクターによりリフトアップさせることで解消し、脂肪溶解注射は結果的にお顔にはほとんど必要ないと考えております。

よく依頼があるのですが、口周りの脂肪溶解注射はあまりおすすめしません。
弾力があれば、キュッと引き締まりますが、脂肪を減らしすぎた場合や、将来的に脂肪が減ってきた場合、皮膚が余ってしまい、かえって口元のシワが増えることがあるためです。(口周りの脂肪溶解注射の詳細>>

なお、エラのボトックスによる小顔治療でもマリオネットラインが深くなることがあります。
その他、前述の照射治療でも脂肪が減ることでシワが増えることがあります。

フェイスラインのたるみ対するグロースファクター治療

グロースファクターによるフェイスラインへの作用

口角のグロースファクターによりフェイスラインの改善が期待できます。
口角のグロースファクターは頬の外側に広く注射することで、皮膚のコラーゲンを増やし、失われた支えを回復します。
それにより下がった皮膚が元の位置に戻ろうとします。

しっかりと全体のたるみを取るには、顔全体のグロースファクター

顔全体のグロースファクターとは

「顔全体」とは、グロースファクターの部位で言いますと、目の下・頬・ほうれい線・口角にあたります。
もし劇的な若返りを希望されるのであれば、顔全体のグロースファクターをするという方法があります。
全体に注入すると、リフトアップ効果が期待でき、下がっていた皮膚が元の位置に戻ろうという力を生みます。
また、隣り合った部位同士が引き合うことで相乗効果が期待できます。

顔全体のグロースファクターの治療例:例1 例2 例3 例4 例5

グロースファクターを行うタイミング

グロースファクターを行う一番のタイミングとしては、シワが出始めた時や気になり出した時に早めに治療された方がよいです。
一旦治療を受けられた後は、その後は老化防止に効果がある生活習慣を続けられるだけでよいです。
具体的には、紫外線防止、糖質を避け、栄養と睡眠をしっかりとる、運動を週3回以上行うなどがあります。
これらは、美容だけではなく、健康にも寄与します。

早めに行う場合

シワ・たるみがない方は一見変化に乏しいこともあります。
ただし、予防効果は期待できます。これは、コラーゲンが年々減少するのに対して、治療部位はコラーゲンが増えており、老化に対する予備能ができているためです。
グロースファクターで治療したところはたるみにくくなります。

10年単位で見たら、周りの未治療部位が先にたるむはずです。
そのため早めに治療することで今後の老化防止が期待できます。
したがって、今治療されることで10年後が違うということです。
その他、早めに治療された場合、横を向いても顔が垂れない、触った時のハリ感が改善するなどの効果はあります。

遅く治療を行う場合

逆に放置しすぎて弾力が低下し、たるみがひどくなってからの改善は難しいこともあります。
一旦伸びきった皮膚を元の状態に縮めるのには限界があるためです。
その場合、まずグロースファクターで皮膚のハリを出して、その後たるみ取り手術を行うという方法もあります。
しかし、実際は70代で治療を受けに来られる方も多く、それでも一通りの改善効果は得られます。
中には80代で受けられる方もいらっしゃいます。

グロースファクターに関するよくあるご質問

グロースファクターの料金表

¥186,000
眉間 ¥144,000
コメカミ(両側) ¥186,000
目の上(両側) ¥144,000
目の下(両側) ¥144,000
頬・ゴルゴライン(両側) ¥186,000
ほうれい線(両側) ¥186,000
口角・マリオネットライン(両側) ¥186,000
目尻(両側) ¥144,000
アゴ下 ¥186,000
頸部前面 ¥259,000
手背(手の甲)(両側) ¥259,000

料金は全て税込みです。
「顔全体のグロースファクター」=目の下+頬+ほうれい線+口角を指します
複数部位を行う場合は、料金は各部位の合計になります。(セット割などはございません)
例1: 目の下+頬=¥330,000 (税込)
例2: 目の下+頬+ほうれい線=¥516,000 (税込)
例3: 目の下+頬+ほうれい線+口角=¥702,000 (税込)
「頬」と「口角」などの部位の違いについてはこちらをご覧下さい。
特にシワやくぼみが深い方は、追加治療が必要になることもあります。
追加料金は、各部位の料金の半額以下の量や範囲に応じた料金となります。
(H26.1~H26.8の間では、約14%の方が追加治療をされました。)

 

当院は完全予約制のプライベートクリニックです。

1回でここまで改善するグロースファクターの技術は当院オリジナルのものですので、全国から患者様がいらっしゃいます。

また、お一人お一人を丁寧に診療しておりますので一日の枠には限りがあります。
そのため、もしご予約される場合はお早めにお問い合わせください。

来院予約 お問い合わせ

お急ぎの方は直接お電話下さい
TEL:0120-735-538、03-5491-5588
電話受付 診療日の10:00~12:00、13:00~18:00

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワたるみ自動診断

 

関連記事

顔のたるみ治療関連

顔のたるみ | 健康的に若返るために重要な3つのポイントとは?
顔のたるみが起こりやすい骨格について 
顔のたるみによる毛穴の開き(たるみ毛穴)について 
顔のたるみのセルフチェック・診断 
顔のたるみ治療(整形によるリフトアップ)について 
顔全体の若返り治療(たるみ改善プログラム) 
顔のたるみ治療の仕上げ | メラフェードの併用について 
リフトアップ整形治療の失敗を避けるには? 
リフトアップ整形治療の費用対効果を高めるには? 
頬のリフトアップ治療 
フェイスラインのリフトアップ治療 
ほうれい線のリフトアップ治療 
注射によるリフトアップ治療について 
レーザーによるたるみ治療について 
STリファーム(高周波による照射治療)
レーザーによる首のシワ・たるみ治療について 
糸によるリフトアップ治療 
fリフト(溶ける糸によるリフト治療) 
顔のたるみに対する脂肪溶解注射について 
顔のシワ・たるみ治療のクリニック選び

顔のたるみに対するセルフケア関連

顔のたるみに対するセルフケアについて 
テープやバンドによるリフトアップ法について
顔のリフトアップのためのグッズ
リフトアップにクリーム・美容液は有効?
リフトアップに有効?!パックの効果について
リフトアップ効果は?美顔器の注意点について
マッサージによるリフトアップ【顔のたるみへの効果と注意点】
エステでのリフトアップ施術の注意点について
マスクによるリフトアップの注意点について
筋トレ・体操・顔ヨガによるリフトアップ法【効果と注意点】
針(鍼)・美容鍼による顔のたるみに対するリフトアップ法について

顔のシワ・たるみの全記事一覧

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>