0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

30代女性 グロースファクターによる「手術しないクマ治療」+くすみ治療 9か月後の経過

①手術しない目の下のクマ治療(目の下・頬のグロースファクター)、

メラフェードによるシミ・くすみ治療

を受けられたモニター方です。

 

術前・・・診察上の所見・色で分類したクマの種類としては、以下の通りです。
1.涙袋は目の下の脂肪で埋もれて不明瞭になっています。
2.脂肪の量(進行度) としては、中等度です。
ふくらみが影を作っています。影クマ・黒クマ
3.ふくらみの下にはハの字状にくぼみがあります。
4.ふくらみのところには一部青みがかっているところもあります。青クマ
5.くぼみの位置のシミ(茶クマ)が見られます。

6. 頬は上1/2くらいまでわずかにくぼみが見られます
 

 

施術直後・・・ポツポツと注射の跡が見られます。
赤くなっているのは、冷やしたためで、一時的なものです。

 

3か月後・・・改善傾向しつつあります。

グロースファクターの最終結果は半年後なので、この時期はまだ経過を見ていただきます。

 

6か月後・・・目の下のクマはだいぶ目立たなくなりましたが、わずかにくぼみが残っています。

この時点で、目の下に少量追加投与を受けられました。

 

9か月後・・・目の下の凹凸がさらに改善しています。

注射のみの治療ですが、手術した場合と遜色ない程度に改善しています。
 

 

施術前・・・斜めから見た状態です。

 

9か月後・・・クマが解消され、肌全体が明るくなった印象です。

 

施術前・・・反対側です。

 

9か月後・・・きれいになっていますね。

注射のみでも手術とほぼ遜色ない結果が得られています。

 

施術前・・・笑った状態での比較です。 

 

9か月後・・・笑っても違和感はありません。
また、笑った時の目の下のふくらみが改善しています。
 

 

グロースファクターのみでも一度良くなった状態は何年も維持されます。

早めに治療されることで、今後の予防効果も得られます。
 

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

症例写真

症例写真|脱脂+グロースファクター 
症例写真|手術しない目の下のクマ治療 
症例写真 | 目の下のクマ他院修正治療