0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • よくあるご質問, 目の下のたるみ・クマ

私の目の下には茶クマはありますか?【画像で見分け方を解説】

目の下に茶クマがあるか見分け方を画像で詳しく知りたいですか?

茶クマは意外とあるかどうか分からないという方は多いです。

特に、青クマと茶クマの見分け方が難しいですよね?

ここでは茶・青クマなどの画像とともに見分け方を解説します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

このページの内容

  • 茶クマは、シミ・くすみが原因なので、画像上は茶色く写る。
  • 小ジワがあると、茶クマは画像上さらに濃く見える。
  • 茶クマ以外に他の種類のクマがあると、色が混ざって、画像上とても分かりづらくなる。
    特に暗めの場所で撮影された画像では、判別が付きづらいため、屋外で斜め45度から撮影した画像を見ると分かりやすい。

 

 

茶クマの画像上の特徴とは

目の下のクマには色による分類 があります

このうち茶クマはシミ・くすみや色素沈着によるものです。
そのため、画像上は茶色く写ります。

シミの濃さによって、薄茶色~こげ茶色と、様々な濃さに見えます。
また、後述のように、小ジワがあると、画像上、より濃く見えます。

ちなみに、青クマは、静脈が透けて見えている状態ですので、基本的には青く写りますが、皮膚に透けてぼんやりと青く見える程度です。

茶クマの見分け方

目の下の皮膚を引っ張ってみる

目の下の凹凸により影(黒クマ)がある場合、その中のシミ・くすみは、画像上、判りづらいことがあります。

その場合、図のように皮膚を引っ張って凹凸をなくしてみてください。

茶クマを見分ける方法

そこに茶色い色(シミ・色素沈着)がある場合、茶クマがあると言えます。

特に、小ジワの中にシミ・くすみがあると、色素が密集します。
皮膚を引っ張ることで、実際に皮膚に色素があるかどうかが分かりやすくなります。

屋外での斜め45度からの画像により茶クマが判別しやすくなる

洗面所などで鏡でご自分をよく見たとしても、茶クマがあるのかどうか分かりづらいことがあります。


屋内の暗めの場所では、シミ・くすみがくぼみ・シワに見えることがあり、特に目元にくぼみ・黒クマがある方は、画像上、判別しづらいことが多いです。

その場合、日中、屋外で斜めから写真を撮って、その画像をじっくり見ると、判別しやすいことがあります。

斜めから見る理由は、凹凸の影の影響を排除するためです。

茶クマがある方の正面の画像  
正面から見た画像では、左側(向かって右)に凹凸があるように見えます。

 茶クマがある方の斜めの画像
しかし、斜めからの画像を見ると、実際は凹凸はほとんどなく、シミが原因の錯覚だったということに気づきます。

茶クマ以外に複数のクマが混ざっている方の画像

次の方の画像を見ていただくと、目元に脂肪によるふくらみがあるのが分かります。
それによる赤クマもあります。
また、青クマ・茶クマも混在しており、それらが重複することで、凹凸感が増した印象になっています。

次の方の画像を見ていただくと、複数のクマが混ざっています。
画像内にマーキングした各色は、それぞれの種類のクマを表しています。

茶クマ以外に複数の種類のクマがある方の画像

複数のクマが混ざると、特に暗い場所では一体化して深く見える

暗めの青・赤・茶色は、光の少ない場所では見分けづらくなります。

そのため、洗面所などの暗めの場所で撮影された画像は、本来の状態ではない姿が写っているので、注意が必要です。
特にそのような場所で撮られた画像を見ると、ビックリすることがあります。

暗い場所でのシミ・くすみの注意点>> 

様々な茶クマの画像

小ジワがある茶クマの方の画像

次の画像の方は、目元に茶クマのみがあります。
さらに、小ジワがあるために余計に濃く見えます。

茶クマ(シミと小ジワ)がある方の画像 正面
メラフェードによる治療できれいになっています。

次の画像は、斜めから見た状態です。
斜めからの画像を見ると、シミと小ジワの様子が分かりやすいです。

茶クマ(シミと小ジワ)がある方の画像 斜め
詳細な経過>>

 

茶クマと黒クマが混ざった方の画像

次の画像は、他院様で目元のふくらみの脂肪を取る手術(経結膜脱脂法)を受けられ、その後、くぼみ治療のために当院を受診された方です。

目の下のくぼみに対して、グロースファクターを、シミ・くすみに対して、メラフェードによる治療を受けられました。

茶クマ、黒クマの治療前後
当院来院時/治療後6か月
斜めからの画像を見ると分かりやすいですが、茶クマとくぼみによる影が改善しています。

茶クマ、黒クマの治療前後 正面像
正面から見たビフォーアフターの画像です。
治療前の正面から画像だと、茶クマとくぼみの影がかわりづらくなっています。
詳細な経過>>

 

茶クマと赤・黒クマが混ざった方の画像

次の方の画像を見ていただくと、茶クマ以外に、赤・黒クマが見られます。
黒クマによる影と赤みの印象が強く、茶クマは一見分かりづらく見えます。

黒クマと赤クマ改善例ー茶クマ治療なし 正面空の画像

斜め方向からの画像を見ていただくと、目の下のくぼみのあたりが茶色くなっています。
こちらの方は、シミ治療は受けられていませんので、術後も同じ場所にシミが見られています。
上記の術後の正面からの画像だと、茶クマがあることで、目元に何となく段差やくぼみがあるようにも見えてしまいます。

黒クマと赤クマ改善例ー茶クマ治療なし 斜めの画像

目元のふくらみの下にシミができやすい理由は、脂肪によるふくらみの下の「くぼみの中」で日光が反射して、紫外線を多く受けるためです。

目の下のくぼみに茶クマができやすいことを説明する画像

詳細な経過>>

 

茶クマと赤・黒クマが混ざった方の画像

次の方の画像を見ていただくと、この方のも茶クマ以外に、赤・黒クマが見られます。
脱脂+グロースファクター、頬・ほうれい線のグロースファクターおよびメラフェードによる治療を受けられました。

茶クマ治療前後の比較(黒クマと赤クマも治療)正面の画像
メイクをした画像を見ていただいても、目元の下の茶クマを含めたクマは見えていると思います。
治療後の正面の画像では、茶クマを含めたクマが改善しています。

次の斜めからの画像を見ていただくと、術前の目元のふくらみの下には茶クマがあるのが分かります。

茶クマ治療前後の比較(黒クマと赤クマも治療)斜めの画像
詳細な経過>>

 

茶クマと青・黒クマが混ざった方の画像

次の画像はの方は、複数のクマが混ざっています。
横からの画像を見ると、茶クマもわずかに見られます。

茶クマ、青クマ、黒クマがある方の画像 治療前

ちなみに、治療前のメイクありの状態の画像は次の通りです。
メイクをしても、目の下が茶色い印象は変わりません。
メイクありの茶クマの画像

次は、治療後の画像です。
目元の青い印象は、グロースファクターにより薄まっているものの、多少残っています。
また、茶色い感じもわずかに残っています。

茶クマ、青クマ、黒クマがある方の画像 治療後
詳細な経過>>

 

茶クマと複数のクマが混ざった方の画像

次の画像の方は、茶クマ以外に、黒・赤、さらに青クマもわずかに見られます。
脱脂+グロースファクター以外に目の上のグロースファクターとメラフェードによる治療を受けられています。

目の下に茶クマがあり、目の下+上、シミ治療を受けた方の治療前
治療前

次は、メイクありの治療前の画像です。
メイクをしても凹凸感はあまり変わりません。

目の下に茶クマがあり、目の下+上、シミ治療を受けた方の治療前 メイクあり

次は、治療後の画像です。
青クマはわずかに残っていますが、くすみもきれいになっており、茶クマが改善しているのが分かります。

目の下に茶クマがあり、目の下+上、シミ治療を受けた方の治療後
詳細な経過>>

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連するよくあるご質問

私のクマは「何クマ」ですか?

赤クマを取るには、どのような治療法がありますか?

脱脂後に、目元が黒っぽくなることはありますか?

私の黒クマの脂肪はどれくらいありますか?

目元の脂肪によるふくらみは、このまま放置すると年々出てきますか?

茶クマの関連記事

茶クマについて【画像・原因・自力でできる対策・治療法の解説】

私の目の下には茶クマはありますか?【画像で見分け方を解説】

茶クマの治療・改善方法【ハイドロキノンvsレーザートーニング】

茶クマの3つの原因【目の下専門クリニックが写真で解説】

自力でできる茶クマ対策【やってはいけない方法はこれ】

茶クマがひどい場合に確認すべき6つのチェックリスト

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>