0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

目の下のクマ・たるみの美容整形クリニック(特に外科)の選び方

美容整形クリニックの選び方で悩んでいますか?

特に外科手術はやり直しが効かないこともあるので、慎重に選ばれた方がよいです。

ここでは、具体的な質問方法をもとにした、クリニック選びのポイントを解説しています。ぜひご覧下さい。

特に外科治療は初回治療で失敗しないようにするのがベスト

どの美容整形クリニックを選択すればよいかは、大いに迷われるところだと思います。
できれば初回治療できちんと仕上げるのがベストです。
なぜならば、特に外科治療後の修正は、術後の癒着などにより大変なことが多いからです。

まずはHPの症例写真を比較検討

目の下のクマ・たるみ治療を含めた美容医療は、「論より証拠」といったところが大きいです。
症例写真を数多く見比べて、好みの仕上がりの美容整形クリニックを見つけるところから始めてみて下さい。。

症例写真を見るポイントについての詳細>>

失敗しないかどうかを事前に予測できる3つの質問

実際に美容整形クリニックを受診したとします。

カウンセリングで次の質問を行えば、失敗しないかどうかを事前に予測できると考えます。

最初の2つの質問

「私におすすめの治療法は?」

「なぜその治療がお勧めなのか?」

この2つの質問に対して、以下の3つのポイントを含んだ回答が得られれば、次に進みます。

  • そのおすすめの治療法が向いている理由がはっきりしている
  • 他の治療の選択しも提示している
  • それらの治療法の違いをわかりやすく説明している

もし上記がなければ、治療法の選択についての基準があいまいである可能性があります。

3つ目の質問

次の質問は以下の通りです。

「この治療法で私と同じような方の症例写真を見せてもらませんか?」

これに対して、あなたと似たような、あるは参考になる症例写真がいくつもあれば、信頼できる可能性がより固くなります。
症例写真がなければ、以下の2つの可能性があります。

  • もそもその治療をあまり行っていない
  • 結果にばらつきがあり、あまり多くを表に出せない

なお、もしかすると、この質問に対して、「あなたは非典型例だから、同じような症例写真はない」と言われるかもしれません。
その場合は、次のような質問が有効です。

4.「では、非典型例の症例写真にはどのようなものがありますか?」

この質問に対して何も出せるものがなければ、何が典型例で、何が非典型例かの認識が、そもそもあいまいである可能性があります。

メールで聞いてみる方法もある

もし対面で質問を行うのが難しければ、事前にメールで写真を送って相談してみるという手段もあります。

クリニック選びは慎重に(特に美容外科)

ヒアルロン酸のようなプチ整形は、溶解注射で戻すことができます。
また、糸リフトは、溶ける糸であれば、時間とともに回復します。

しかし、手術は、なかったことにすることはできません。
そのため、美容外科選びは特に慎重にされることをお勧めいたします。

できれば複数のクリニックを受診され、時間をかけてでも慎重に検討されることをお勧めします。

一度治療を行うと、他院修正治療は困難であるばかりか、費用も時間も余計にかかってしまいますから。。

以上、ご参考になれば幸いです。

関連記事

目の下のクマ・たるみを治す方法の比較

目の下の脱脂で後悔した方のパターンの分析から得られる失敗学

経結膜脱脂法に起こり得る後遺症について

https://www.ft-bc.jp/11973242538-2/https://www.ft-bc.jp/12146718991-2/

【目の下の脱脂】取りすぎ・取り残しを防ぐ5つのステップ

経結膜脱脂法のダウンタイムを最小限にする5つの方法

 


目の下のたるみ・クマの記事一覧へ>>

症例写真一覧へ>>

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックで治療を受けてみたいけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々の直接の声を聞いてみませんか?


1.似たような症状の方の経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンから資料ご覧ください。


資料を読む>>