0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 頬のこけ, 顔のシワ・たるみ

コメカミのくぼみ【治療法の選び方を解説。リスクがない方法は?】

コメカミのくぼみについて

コメカミは、骨が凹状態になっている部位です。
ここには側頭筋という筋肉や皮下脂肪があり、ボリュームを作っています。

筋肉の萎縮や体脂肪の減少によりコメカミはくぼみます。

その他、皮膚のハリがなくなることにより、くぼみが生じます。

コメカミのくぼみに対する治療法

コメカミの治療法の分類

以下の2つの系統があります。

・ボリュームを出す・・・ヒアルロン酸注入、プロテーゼ(シリコンを手術で入れる)、脂肪注入など

・皮膚のハリを出す・・・グロースファクター、PRPなど

ボリュームの出し方

コメカミには、皮膚、皮下脂肪、筋膜、筋肉、骨膜、骨といった、複雑な構造になっています。

ボリュームを出す際は、実際は骨に近い深部をふくらませます。

皮膚のハリの出し方

皮膚は最も浅いところにあります。

ハリを出すことで、自然なボリュームを出すことができます。
そのため、深部をふくらませる方法に比べてマイルドな仕上がりです。

コメカミのくぼみの治療法のメリット・デメリットの比較

注意すべきは、ヒアルロン酸や脂肪注入のような固形の注入治療で起こり得る失明のリスクです。
血管内に注射針が入ってしまった時に、網膜の血管を閉塞させると視力が失われます。
顔の血管はネットワークが豊富であるために、目から離れた場所の注入でも失明が起こり得ます。(詳細はこちら

参考文献:
Aesthet Surg J. 2019 May 16;39(6):662-674.
Dermatol Surg. 2015 Oct;41(10):1097-117.

グロースファクター プロテーゼ(手術) ヒアルロン酸 脂肪注入
ボリュームを出す
皮膚のハリ改善
失明のリスク なし なし リスクあり リスクあり

コメカミのくぼみに対するグロースファクター

グロースファクターは、皮膚のコラーゲンを増やし、ハリを出します。
それにより、以下の様々な効果が期待できます。

コメカミのくぼみが改善する

前述のように、皮膚のハリを出すことで、コメカミのグロースファクターを行うことで、くぼんだ印象が改善することもあります。

「口角のグロースファクター」との相乗効果が期待できる

口周りのもたつき・マリオネットラインへの負担を減らす

コメカミや額にグロースファクターを投与することで、上の方に支えができ、下への重みが減ります。
それにより、マリオネットラインが治りやすくなることもあります。

フェイスラインへの改善に補助的に作用する

額・コメカミ・口角を治療することで、お顔の外周の引き締め効果が得られるため、フェイスラインの改善や小顔効果が期待できます。

「頬のこけ」治療への補助的効果

頬骨の突出+頬のこけがある方は、口角+コメカミにより、頬のこけの改善に対して相乗効果が期待できます。
それは、隣り合った部位がお互いに綱引きのように引き合うためです。



では、実際の事例を紹介しながら、コメカミのグロースファクターの詳細について説明いたします。

続きを読む>>

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックで治療を受けてみたいけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々の直接の声を聞いてみませんか?


1.似たような症状の方の経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンから資料ご覧ください。


資料を読む>>