0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

20代女性 目の下のクマ治療(経結膜脱脂+グロースファクター)+頬・法令線治療

①目の下のたるみ・クマ治療(脱脂+グロースファクター)、

②2年7か月後にほうれい線のグロースファクター注入療法、

を受けられたモニターの方です。

 

「目の下のたるみは10代の頃から気になっていた。」とのことです。
また、「むくみやすい体質」だそうです。

 

 

診察上の所見・色で分類したクマの種類としては、以下の通りです。

1.涙袋 目の下の脂肪(眼窩脂肪)の突出により左右ともにわずかに不明瞭になっています。

2.脂肪の量(進行度) としては中等度です。

3.ふくらみのところにはごくわずかに赤み (赤クマがあります。

4.ふくらみの下にはハの字状にくぼみ があります。影クマ・黒クマ

 

 

術直後・・・グロースファクターの注射の瘢があります。

腫れやすく、出血しやすい体質だったようで、左目の下は内出血になっています。

ほんのり赤いのは、冷やしたためで一時的なものです。

 

 

1週間後・・・この時期は多少腫れがあったり、グロースファクターの効果がまだ出ていないのでくぼみがあったりします。 

 

 

1か月後(メイクあり)・・・この時点で「メイク無しの状態でも気にならない。」とのことです。

 

 

6か月後・・・きれいになっていますね。

 

 

2年7か月後・・・改善した状態を長期維持されています。

この時点で、頬と法令線のグロースファクターの治療を受けられました。

 

 

施術前・・・斜めから見た状態です。

 

 

2年7か月後・・・自然な仕上がりです。

 

 

術前・・・反対側です。

 

 

2年7か月後・・・きれいになっていますね。

 

 

術前・・・笑った状態の比較です。

 

 

次回来院時の写真挿入

か月後・・・笑っても違和感はありません。

右目の下のふくらみは、脂肪の取り残しではなく、筋肉の左右差によるふくらみです。

笑った時だけに出るふくらみが残る可能性が非常にごくまれにあります。
眼輪筋の癖が残ることが原因です。

 

施術名:経結膜脱脂+グロースファクター 

 


経結膜脱脂法の術前・術後に気をつけることやダウンタイムの詳細が気になりますよね?
経結膜脱脂法(目の下のたるみ取り治療)の詳細をご覧になりたい方は、次をクリックして下さい。


目の下のたるみ・クマは、グロースファクターの注射のみでも改善できることが多いです。
その場合、費用やダウンタイムが最小限で済み、脱脂後のシワを回避できることと、頬のリフトアップによる若返り効果も得られるというメリッ トがあります。
詳細をご覧になりたい方は、次をクリックして下さい。


目の下のたるみ・クマでお悩みの方は、解決方法がここできっと見つかると思います。
目の下のたるみ・クマの記事一覧をご覧になりたい方は、次をクリックして下さい。


実は、経結膜脱脂手術できれいに仕上げるためには、手術前の準備で9割が決まります。
逆に言うと、そこをクリアすれば、経結膜脱脂法で成功するのはそれほど難しいことではありません。
詳細は、以下をご覧下さい。


目の下の脱脂で失敗したり後悔したくないですよね?
当院または他院様で目の下の脱脂などを受けられ、後悔された方の分析と、そこから得られる失敗学について解説いたします。

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

症例写真

症例写真|脱脂+グロースファクター 
症例写真|手術しない目の下のクマ治療 
症例写真 | 目の下のクマ他院修正治療