0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

目の下のクマの原因について【画像とイラストで分かりやすく解説】

目の下のクマの原因を知りたいですか?

目の下のクマには、黒クマ・茶クマ・青クマ・赤クマがあります。

ここでは、各クマの原因について解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

黒クマ(影クマ)の原因:目の下のふくらみ+くぼみ

黒クマの種類

目の下のふくらみの原因は何でしょうか?

眼球の下には、クッションの役割をする「眼窩脂肪」という脂肪があります。(図の矢印

眼窩脂肪を包んでいる膜が加齢などの影響によりゆるみ、手前にこぼれるように徐々に飛び出してくることで目の下のふくらみが起こります。
ふくらみが増すと、「たるみ」が目立つようになります。

また、紫外線や加齢の影響により、皮膚は支えや弾力を失ってきます。
脂肪のふくらみ以上に「皮膚のたるみ」が目立つこともあります。
皮膚がたるむと、黒クマがひどく見える原因となります。

目の下のふくらみの下を指で触ると骨が触れると思いますが、その骨は防波堤の役割をしています。
人によって高い・低いがあります。
骨の壁が低いと、黒クマが出やすくなる原因となります。

骨が高い方は何十歳になっても眼窩脂肪は出てきません。
低い方は早ければ10代から黒クマが見られることもあります。

黒クマの原因となる凹凸の部位

目の下には涙袋があります。
その下が眼窩脂肪によるふくらみです。
上の図の赤い点線は筋肉の境目にできた溝です。
筋肉の境目の溝?と思われる方もいると思いますので、下の図を見て下さい。

ここが境目です。
先ほどの写真と重ねあわせてみると・・・

見事に一致します。
このくぼみ・溝が、眼窩脂肪によるふくらみとともに、陰影(黒クマ・影クマ)の原因となります。

黒クマ(影クマ)・目の下のたるみの2つの原因

 

 

赤クマの原因:目の周りの筋肉が透けて見えるため

赤クマの画像
赤クマの例

赤クマの原因となっている眼窩脂肪による眼輪筋(筋肉)の圧迫の説明図

赤クマの原因は、目の周りの眼輪筋という筋肉が透けるためです。
目の下の脂肪(眼窩脂肪)の圧力が高まると、手前に飛び出し、筋肉を圧迫します。

皮膚が薄くなっていることも透けやすくなる原因となります。

赤クマの原因・解消法・自力対策【目の下の専門クリニックが解説】

 

青クマの原因:皮下の静脈が透けて見えるため

青クマ

血流の低下、うっ血による青クマ

目の下の静脈が透けて見えることが青クマの原因です。

特に、以下があると、青クマがひどくなったように見えます。

  • ①皮膚が薄くなり静脈が透けて見えやすくなる
  • ②貧血などにより血液の色が青黒くなる
  • ③むくみにより静脈の流れが悪くなる

青クマの原因の詳細については、以下をご覧下さい。

青クマの原因【目の下が青く見える原因をわかりやすく解説】

 

茶クマの原因:皮膚のシミ・くすみのため

皮膚のシミ・くすみが茶クマの原因です。
その他、小ジワや黒クマがあると、茶クマがひどく見える原因となります。

茶クマ改善例メラフェード

上記の方は、シミ・くすみ・小ジワがある方で、メラフェードのみによる治療を受けられた方です。
元々、目の下に凹凸はありません。
シミ・くすみ・小ジワが原因で目の下に凹凸感が出る原因となります。

茶クマの原因の詳細については、下記をご覧下さい。

茶クマの3つの原因【目の下専門クリニックが写真で解説】

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

赤クマの原因・解消法・自力対策【目の下の専門クリニックが解説】

青クマについて【目の下のクマ専門クリニックが完全解説】

黒クマ | 特徴と原因、見分け方、ご自分でできる対策と治し方

茶クマについて【画像・原因・自力でできる対策・治療法の解説】

目の下のたるみ・クマ治療の実例と結果を出すための3ステップ

 

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>