0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

黒クマ(影クマ)・目の下のたるみの2つの原因

黒クマ(影クマ)の原因を知りたいですか?

黒クマに関与する原因は、目の下の脂肪の飛び出しと目の下のくぼみが主な原因です。

ここでは黒クマの原因について写真とともに解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

黒クマの原因1. 目の下の脂肪によるふくらみ

黒クマの原因となる目の下の脂肪の位置

目の下には、脂肪があります。
眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれるものです。

黒クマの原因

脂肪を包んでいる膜があります。
それがゆるむと、徐々に目の下の脂肪が出てきて、ふくらみ・たるみが生じます。

目の下の脂肪の進行 重症度

目の下の脂肪の壁となる骨の高さが低いと、黒クマ・目の下のたるみができやすい

目の下の脂肪の防波堤となっている骨の壁が低いと、脂肪が手前にこぼれやすくなります。
脂肪が前に出てくると、黒クマ・目の下のたるみが生じます。

骨が高い方は目の下の脂肪が出にくいが、低いと目の下のふくらみができやすい’

黒クマの原因となる「骨格」の違いは、遺伝も関係している

目の下の脂肪の壁の高さは、骨格によるものなので、遺伝も関係しています。
壁が高いか低いかで以下のように違いが出ます。

  • 壁が低い方・・・10代から目の下の脂肪が出て黒クマができることもある
  • 壁が高い方・・・何十歳になっても脂肪が出てこないため、黒クマができない

目の下の骨の高さは年齢とともに低くなることが黒クマ・目の下のたるみの原因となる

目の下の骨の高さ(前述)は、年齢とともに低くなるため、黒クマ・目の下のたるみが起こりやすくなります。

 

眼球を支えるじん帯が緩むために脂肪が出てくる?

眼球を支えるじん帯があります。
それが緩むと、眼球の位置が下がり、脂肪が出てくるという説があります。
実際に目の下の脂肪が出ている方を拝見すると、皮膚のたるみだけではなく、眼窩脂肪を包んでいる膜のゆるみ、つまり内部のたるみも手術所見では確認できます。
そういう方は、眼球を支えるじん帯のゆるみがあってもおかしくありません。

しかし、子供のうちから黒クマが出る方は、眼球をじん帯が緩んでいることは考えにくいです。
逆に、90代になっても黒クマや目の下のたるみ・ふくらみがない方もいますが、そういった方でも90代であれば、さすがに眼球を支持するじん帯は多少は緩んでいるはずです。

眼輪筋が緩むことで目の下の脂肪が出てくる?

目の下の脂肪を包んでいる膜と皮膚の間には眼輪筋という筋肉があります。
これは、目をつぶる時に働く筋肉です。
目の下に黒クマ・たるみがある方は、眼輪筋はゆるんでいます。
また、筋肉は年齢ととに萎縮していきます。
一見、皮膚はともかくとして、眼輪筋がゆるむと、目の下のたるみが起こるように思えます。
たしかに、眼輪筋のトレーニングを行うことで、目の下のふくらみはある程度抑えられます。
これは、腹筋を鍛えることで、メタボのおなかを少し引き締められるのと同じ原理です。
しかし、眼輪筋のゆるみは、黒クマ・目の下のふくらみの原因ではなく、結果であると考えます。
なぜならば、経結膜脱脂法を行うことで、眼輪筋は自然にキュッと引き締まるからです。

眼輪筋の経結膜脱脂法術後の変化について 半年かけてキュッと引き締まる

 

目の下のたるみ・クマに関連する骨格の詳細については、以下をご覧下さい。

目の下のクマ・たるみと骨格の関係性【画像でわかりやすく解説】

 

黒クマの原因2. 目の下のくぼみ

目の下のくぼみは、影ができるため、黒クマの原因となります。

目の下のくぼみは、皮膚が薄くなることで、眼輪筋の境目にできます。
その他、頬のくぼみがあると、目の下のくぼみが深く見えます。

目の下のくぼみは黒クマの原因となる

目の下のくぼみができる原因は以下の記事をご覧下さい。

目の下のくぼみ | 改善のために重要な3つのポイントとは?

目の下のくぼみが頬まで広がっていると、黒クマがひどく見える

目の下だけではなく、頬にまでくぼみがあると、目の下の影が増して、黒クマが増して見えます。

頬のくぼみの原因は以下があります。

  • 皮膚のたるみ
  • 皮下脂肪や骨の萎縮
  • 生まれつき頬中央の骨が低い

頬のたるみ進行

詳細については、以下をご覧下さい。

黒クマ(影クマ)がひどい方の3つの特徴と解決方法

 

黒クマの原因を考える上での注意点:涙袋の影は黒クマではない

涙袋の影に対して、「黒クマでは?」と勘違いすることがあります。

涙袋の位置
涙袋は、目の周りの筋肉の一部です。
目を細めると、ぷっくりと盛り上がります。

黒クマは、目の下の脂肪のふくらみの影によるものです。

涙袋による影は、正常なのもです。

涙袋の大きさには個人差がある

涙袋の大きさには個人差があります。
大きい方は、その影が黒クマと勘違いしやすいかもしれません。

涙袋が大きい方の例

目の下の脱脂後、涙袋の大きい方の例

施術名:経結膜脱脂+グロースファクター 

涙袋が小さい方の例

目の下の脱脂後、涙袋の小さい方の例

施術名:経結膜脱脂+グロースファクター 

涙袋には左右差があることもある

先ほどの涙袋の大きい方の例を見ていただくと、涙袋に左右差がある方も見られます。

これは、涙袋が筋肉であるため、右利き・左利きがあるように、力の入れ加減に左右差があるためです。

関連記事

黒クマ | 特徴と原因、見分け方、ご自分でできる対策と治し方

黒クマ(影クマ)の特徴【写真で解説】

男性の黒クマ・影クマの特徴と治療 | 二子玉川美容外科クリニック

黒クマ(影クマ)がひどい方の3つの特徴と解決方法

黒クマの治し方【手術・レーザー・ヒアルロン酸などの方法の解説】

ご自分でできる黒クマ (影クマ)改善のための対策

赤クマとは?【原因と解消法・治療法を解説】

青クマの見分け方・画像・原因・対策・整形による治療法の全て

茶クマの見分け方・画像・原因・自宅でできる対策・治療法の解説

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックで治療を受けてみたいけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々の直接の声を聞いてみませんか?


1.似たような症状の方の経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンから資料ご覧ください。


資料を読む>>