0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 頬のたるみ・ゴルゴ線診断

ゴルゴ線がおありの方へ

おすすめの治療内容

頬に関しましては、頬の領域全体に対してグロースファクター注入を行うことで、ふわっとしたリフトアップが可能です。

その原理は、紫外線や加齢などの影響で薄くなり、重力とともに下がった皮膚が、元の位置に戻るためです。 
それにより若返った印象になります。

また、早めに治療されることで、今後の予防効果も期待できます。

以下に詳細があります。
よろしければご覧ください。
【よくあるご質問】頬のグロースファクター注入療法でどのように頬は変化しますか?
【よくあるご質問】グロースファクターの頬の治療後のイメージを事前に知ることはできますか?


ただし、グロースファクターで脂肪が増えるわけではないので、元々皮下脂肪が少ない方は、グロースファクター施術後でも、多少ボリューム不足のように見える可能性があります。

なお、一般的に頬のじん帯が強い方はゴルゴ線ができやすい傾向にあります。 
また頬骨が比較的高い方は、頬骨の高いところはグロースファクターを控えめに打つこと、バランスよく仕上がる工夫をいたします。

その他、目の下のたるみがおありの方は、目の下の皮膚が落ちてきていることで、頬が相対的にくぼんで見えている可能性もあります。 
その場合、骨格的に頬が低い、あるいは頬骨の外側が高い可能性もあります。

 

頬のグロースファクターに関する詳細>>

頬のグロースファクターの症例写真>>

グロースファクターの危険性・リスク・副作用>>

グロースファクターの特徴・シワ・たるみへの治療原理>>

グロースファクターとヒアルロン酸との違い>>

 

もし目の下と頬の両方の治療を同時に行うか別々に行うか迷われているようでしたら、同時に行われることをお勧めします。

その理由は、目の下と頬は隣り合った部位で、なおかつ境界があいまいなため、同時に治療した方がバランスを取りやすいためです。
もし目の下と頬を別々な日程で治療された場合、これまで大きな問題になったことはありませんが、打ち漏れや重複が生じるリスクがあり得ますので、ご注意下さい。

詳細は以下をご覧ください。

【よくあるご質問】目の下と頬の両方の治療を行うのに、日程は同時と別々のどちらがよいでしょうか? 

【よくあるご質問】グロースファクターの効果が、目の下+頬>目の下である理由は何でしょうか?

 

料金は以下の通りです。(両側、税込み、麻酔クリーム代込み)

頬のグロースファクター: 186,000円

 

なお、頬のたるみは、額やコメカミからたるみによる影響もあります。
特に頬骨の外側にふくらみ(次の赤で囲った部分)がおありの方は、こめかみから流れ落ちてきている成分も含まれることがあります。

頬外側のふくらみ、ゴルゴ線あり


そういった方は、こめかみを指で引き上げると、頬のふくらみは改善したように見えるのではないでしょうか?

頬骨外側の膨らみの対処法は、次の通りです。

  • こめかみのたるみ取り手術
  • 額・こめかみのグロースファクター
  • 脂肪溶解注射(BNLS)

こめかみのたるみ取り手術は、こめかみの生え際の皮膚を8mm~1cm前後切除して、糸で縫う方法です。
指で引っ張ったようなリフトアップ効果が得られますが、こちらは最終手段で、よほどの場合しかお勧めいたしません。
その他、こめかみのグロースファクターにより上に支えを作り、間接的に頬外側のたるみを取るという方法や、脂肪溶解注射(BNLS)でふくらみの高さを減らすという方法もあります。

BNLSという脂肪溶解注射は、1週間程度で結果が出ます。
ただし、劇的に減るわけではないので、2~5回の治療が必要になることがあります。
また、頬の脂肪を減らしすぎると、皮膚が余り、かえってたるみが悪化することがあります。
料金は以下の通りです。 
頬のBNLS(1回 両側): 63000円