0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

グロースファクターの危険性・リスク・副作用

「グロースファクターってしこりになったりとかネットに書いてあったけど、大丈夫なの?」

「副作用が心配・・・」

そのような方に、ここではグロースファクターの危険性・リスク・副作用について、起こり得るものを解説いたします。

正しい方法で治療すれば、リスクが顕在化する確率は非常に低いですが、念のためにご説明いたします。

グロースファクターの危険性・リスク・副作用について

体質・肌質の違いによる個人差、部位により多少効果に差が出る可能性

特に深いシワ・くぼみの場合、2~3回の注入が必要になることもあります。
追加料金は各部位の半額以下の量や範囲に応じた料金になります。
(追加治療を受けられる方の割合は、どの部位でもおよそ20%です。元々シワやくぼみが深い方がほとんどです。追加を受けられるかどうかは、どこまで改善を求められるかにもよります。)

その他、左右差が出る可能性があります。

グロースファクターの追加投与が必要となった例
追加投与が必要となった方の例です。
元々シワが深い方は、1回の治療では物足りないことがあります。

目の上のグロースファクターについて

目の上はまばたきにより、水分が逃げることが避けられないため、多少物足りない結果になることが多い部位です。

ほうれい線・マリオネットライン・額・眉間について

ほうれい線やマリオネットライン・額・眉間の施術後は、3日間、笑い過ぎ、しゃべりすぎを控えていただいております。
水分が逃げて型崩れしないようにするためです。
このような動く場所は、過ごし方によっては多少シワが残ることもあり得ます。(半年後以降の追加投与により改善可能です。)

腫れ

注射による針の刺激や水分により、1週間~数週間腫れが出る可能性があります。(非常にごくまれに数か月)
通常は、ほとんどが写真では分からないレベルのことが多いです。
むくみやすい体質かどうかにもよります。

なお、ごくまれに腫れ(むくみ)が3か月くらい続いたという方もいらっしゃいます。
これは、注射の針の刺激や水分によるものですが、このように長引く例は非常にまれです。
腫れが長引く方は、元々むくみやすい体質がある場合が多いです。

内出血

通常は、針穴に沿った点状のことがほとんどで、その場合は1週間~10日くらいで消えます。
ただし、血が出やすい方、止まりにくい方は目立つこともあります。

また、帰られる際に走ったり力を入れたりすると、後から内出血が起こり、青あざが出たり、場合によっては血豆のようにたまってふくらみ(たんこぶのような状態)になることもあります。
その場合数週間(ごくまれに数か月)長引くこともあります

また、黄色い内出血が出ることがあります(血液の血漿成分の色)。

内出血の予防のためには、帰られる際に走ったりしないように安静を心がけていただくことが重要です。
また、立った状態で前屈姿勢にならないように気をつけていただくことも大事です。


このように、頭が心臓に対して低くなると、内出血が出やすくなります。
スマホを見る、本を読むなどは構いません。

一番気をつけるべきことは飲酒で、少量飲んだだけでも内出血が出ることがあります。
もし血豆のようにたまった場合は、1週間~数週間程度内出血が引くまでに時間がかかることもあります。
非常にまれですが数か月かかることもあります。
また、血がたまると、組織の圧迫により痛みが生じることがあります。(たんこぶと同じようなものです)

施術当日の飲酒により内出血が出た例

額・コメカミのグロースファクター施術当日夜にお酒を飲まれた方です。
赤みが4~5日、触った時の痛み(血がたまったことによる皮膚の圧迫が原因)が6日程続いたそうです。(詳細な経過はこちら

グロースファクターに飲酒をして内出血が出た例 

グロースファクター後の内出血についての詳細はこちらをご覧下さい。

違和感・軽い痛み

チクチク感を1週間~数週間感じる可能性がまれにあります。(特に顔全体のグロースファクターを受けられた方などでまれに見られます。)

痛みが残る・神経が傷付く(これまでなし)

敏感な方、神経を傷つけた場合などで起こり得ます。
特にチクチク感以上に激痛を感じるようになることがあり、その場合はCRPS(複合性局所疼痛症候群)と呼ばれます。
CRPSは、おもに捻挫、骨折後などの外傷後や採血後などに違う場所などにもかなり激痛が起こり、それが長期間持続する症状です。
顔の注射後の報告はほとんどありませんが、こちらの項目は、CRPSを念頭に書かれています。

もの足りない可能性・部分的なくぼみ

特にシワやくぼみが深い方であり得ます。
6か月以降に追加することで対処可能です。

折れ癖になっているシワは、追加治療を行っても残ることがあります。

変化に乏しい可能性

1回の治療で全く変化しないということは、まずほとんどありませんが、元々シワ・たるみが少ない方は、変化に乏しいリスクがあります。
ただし、その場合でも笑った時にシワが出にくくなったり、肌のハリが出たりなどの変化は出ることがほとんどで、予防効果が期待できます。

以下の方は、脱脂+顔全体(目の下・頬・ほうれい線・口角)のグロースファクターを受けられた方です。(治療前・6か月後)

口角を施術するも変化に乏しい例

お顔の中心は改善が顕著ですが、口角の部位(フェイスラインやマリオネットライン)は元々それほどたるみやシワがないので、変化に乏しいようにも見えます。
ただし、こういった方は、予防効果を期待して受けられていたりします。

特に凸の曲面で膨らんだ印象になる可能性

グロースファクターを投与すると、たるんだ皮膚がピンとなります。
実は、皮膚は凸になる性質があり、それが強化されたためとも言えます。

グロースファクター後の皮膚の変化

しかし、頬骨が尖っている方などは、そこに打ちすぎると、行き過ぎてしまう可能性があります。
そうならないように注意して施術を行いますが、実際は脂肪溶解注射という対処法があります。

通常は、骨格や脂肪の付き方の特性に合わせて注射を行うことで、このリスクは回避可能です。

関連記事:グロースファクター膨らみすぎの副作用・リスク

足りないところと足りているところの差が出る可能性(段差を触れるなど)

グロースファクター後の段差

特に額のように後面が硬いところでは、注射を行った部位と行っていない部位の差が凹凸や段差、場合により膨らみとして他の部位と比較して感じやすいこともあります。
特に肌の色が濃い方であり得ます。

実際はイラストのような極端な段差になったという訴えはまずなく、症例写真を見ていただくとお分かりのように、グロースファクターは液体成分であるため、どこに打ったか分からなくなるくらいなじみます。

何年も膨らみ続ける(これまでなし)

当院ではありませんが、他院様での報告はあるようです。

感染(これまでなし)

ばい菌が入って赤くなったり、腫れたり、痛みが出たりといった症状が起こる可能性です。
抗生剤などの治療法あります。

アレルギー

麻酔クリームや消毒により、湿疹、びらん(皮膚がやけどのように傷ついた状態。色素沈着のリスクがある。)などが起こる可能性があります。

目の下で、たるんだ皮膚がが下に落ちてふくらみとなる可能性

特に皮膚に弾力が低下している方でリスクが上がります。
日焼け、年齢、糖質、喫煙による影響が大きいです。

実際の例>>

詳細はこちらをご覧下さい。
目の下のグロースファクターでの膨らみすぎの副作用・リスク

頬のグロースファクター施術後、太ったように見える可能性

頬のグロースファクターによりリフトアップすると、特に頬がこけている方は、印象が変わり、太ったように見られる可能性があります。(詳細>>

グロースファクターによる頬のリフトアップ効果

左右非対称になる可能性

「技術的な限界」によりわずかな左右差が残ることがあります。

ただし、通常、骨格や脂肪の付き方に元々左右差があることが多いです
グロースファクターを打つ際は、その左右差をできるだけなくすようにしています。

しかし、それでも微妙な左右差が残ることはあります。

 

注意すべき点について

暗い場所で見た時に、シミ・くすみがくぼんで見えることがある

以前、こういうお写真を送ってこられた方がいました。

洗面所での写真 シミがくぼんで見える

自宅洗面所で撮られたお写真で、「光の加減で凹凸が目立つ」とのことでした。
実際はこうでした。

洗面所での写真の実際 

これはどういうことかと言いますと、「暗い場所では、シミ・くすみがくぼんで見える」ということです。

詳細はこちらをご覧下さい。
洗面所や電車の窓に映る顔のシワやクマが深く見え、ゾッとするのはなぜでしょうか?

頬の毛穴が開いている方は、目の下との境界が線のように見える可能性がある

目の下は毛穴が目立たない場所です。
頬の毛穴が開いている方は、目の下との皮膚の質感が大きく異なるために、境目がくっきりと見えてしまうことがあります。

グロースファクター施術前は、シワ・くぼみに目が行きがちであるために、これが元々あっても気づきにくいことがあります。
施術後に、シワ・たるみが改善されると、毛穴の違いによる境界線が気になってしまうことがあるので、注意が必要です。

ほうれい線治療後に、ほうれい線深部にある筋肉を「しこり」と勘違いする可能性について

ほうれい線周囲には以下のように筋肉が密集しているところがあります。

治療後にそこを触れて、「しこりがある」と勘違いすることがあり得るので、注意が必要です。

なお、ほうれい線が元々深い方や頬の脂肪が厚い方は、特にほうれい線上部にはしっかりと打つ必要があります。
グロースファクターによるシワの改善は、コラーゲンが増えることによります。
シワ改善のためのコラーゲン増加と「しこり」は紙一重のところがあり、程度の違いとも言えます。
そのため、微妙な感触の変化が気になる可能性がおありの方は注意が必要です。

注射でこらえすぎて、脳が貧血を起こす可能性

注射の際に息を止めたりして力が入りすぎると、施術後に気分が悪くなったり、意識を失うことがあります。
ただし、こちらは休んでいただければ回復します。

注意点として、注射の際は、息を止めずにゆっくりと呼吸をして下さい。
チクッとする刺激を感じられましたら、お顔をしかめずに、お手元の痛み止めのボールをお握り下さい。

 


 

目の下のグロースファクターの危険性・リスク・副作用については、こちらをご覧下さい>>

目の下のグロースファクターによる膨らみすぎの危険性・リスク・副作用

 

シワ・たるみのページ一覧>>

顔のシワ・たるみ【シワ・たるみ専門-二子玉川美容外科クリニック】

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマやお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

顔のシワたるみ自動診断

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>