0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

バセドウ病とは?

バセドウ病とは

グレーヴス病とも呼ばれます。

甲状腺が腫れ、甲状腺ホルモンの産生が高まることによる甲状腺機能亢進症が起こる疾患です。

原因

血中の甲状腺刺激ホルモン(TSH)受容体抗体により甲状腺が刺激されることで起こります。

発生頻度

発生頻度は約0.3%とされます。
15~50歳の女性に多く見られます。

症状

  • 動悸
  • 発汗過多
  • 体重減少
  • 易疲労感
  • 手指振戦
  • 甲状腺腫
  • 眼球突出
  • 基礎代謝亢進

特徴的な検査所見

  • アキレス腱反射亢進
  • 収縮期血圧の上昇
  • コレステロール値の低下
  • アルカリホスファターゼ値の上昇

治療法

以下の治療法があります。

  • 抗甲状腺剤療法
  • 手術放射性ヨード療法
    など

関連記事

バセドウ病による眼球突出があっても目の下のクマ治療は可能?>>

バセドウ病眼症について>>

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>