0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 未分類

レーザートーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

レーザートーニングとは

肝斑用のレーザー治療です。

近年トップハット型QスイッチYAGレーザーが開発され、肝斑は一部のレーザーでの治療が可能となりました。
先ほども書きましたが、多くの肝斑は、肝斑単独ではなくいくつかの種類のシミが混じっています。

治療原理

肝斑は炎症が起こると悪化します。
そのため、炎症や色素沈着を起こさない程度で弱い出力でレーザーを照射し、メラニン(色素)を少しづつ破壊し、徐々に薄くしていきます。 これが「トップハット型QスイッチYAGレーザー」を用いた最新の治療法レーザートーニングです。

通常のシミ用のレーザーとの違い

これまで肝斑(かんぱん)にはレーザー治療はやってはいけない治療とされてきました。
その理由は、これまでレーザーは照射径内の中心部のエネルギーが一番高いことが多く、端にいくほど弱くなるという特徴があったためです(ガウシアン型)。
そのため、円状に打ったレーザーの中心部のエネルギー強すぎて炎症を起こしてしまい、肝斑をさらに悪化させ、逆に辺縁部は熱量が低く効果が少ないという状態でした。
これがレーザーが治療肝斑には適していなかった理由です。

レーザートーニングの特徴

肝斑治療に対するレーザートーニングで最も重要なポイントは、円状に照射したレーザーが全て均一に照射されるということです(トップハット型)。
そうすることで炎症、色素沈着を起こさない程度を保ちつつ、あえて弱めのレーザーを照射することで、肌の中に停留しているメラニンを少しづつ破壊して「肝斑(かんぱん)」を薄くすることができます。

肝斑にフォトフェイシャルは適さない

やみくもにシミ取りレーザーやフォトフェイシャルなどで治療した場合、仮に普通のシミは良くなっても、肝斑が悪化したり残ったりしていつまでも治らないという大きな問題がありました。

肝斑とは

肝斑(かんぱん)とは、両頬、額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称に出ることを特徴としたシミです。

肝斑は、特に30代~40代以降の女性に多く見られます。
シミ治療を考える人の約40%程の方がこの「肝斑(かんぱん)」が存在するといわれています。日光によるシミと混在することも多いので注意が必要です。

肝斑の原因

肝斑の発生原因として、更年期やピル内服中などに出現したり、妊娠・出産時期に出現したまま改善しないこともあることから、女性ホルモンが関与している炎症性色素沈着と考えられていますが、紫外線も強い発症要因になります。
そのため肝斑は炎症が起こると悪化します。通常のシミ取りレーザーやフォトフェイシャルではかえって悪化することもあるので注意が必要です(最初かさぶたができて治ったように見えてもその後すぐに出てきます)。

症例写真

レーザートーニング3回後の写真:個人差がかなりあります。

 

レーザートーニング治療案内

治療時間 5~10分
治療後の通院 1~2週間に一度、最低5回は必要です
痛み 治療時:輪ゴムで弾いたような痛み
治療後:多少の赤みが残ります。
メイク・洗顔・入浴 当日より可
日焼け止めを塗り、直射日光は避けてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket