0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

目の下の血管が浮き出る症状について

目の下の血管が浮き出ることで悩んでいますか?

この症状に対しては、グロースファクターにより皮膚のコラーゲンを増やし、静脈を透けて見えづらくさせることである程度は改善可能です。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

最近、目の下目に見える青い静脈が浮き出ていて、目の下が青く見えることに気づきました。

元々皮膚が薄いため、青白く見えやすいのですが、疲れて見えるのがすごく嫌です。

このようなお悩みにお答えいたします。

目の下の血管が浮き出ている画像

次の方は、目の下の血管が浮き出ています。

この血管は静脈です。

目の下の血管が浮き出している状態

 

目の下の血管が浮き出ているのを治す方法

目の下の血管が浮き出ているのを治したい・・・

ここでは、どのような治療法があるのかご説明いたします。
おもに以下の治療法があります。

  • グロースファクター
  • レーザー
  • 手術

グロースファクター

グロースファクターは、皮膚のコラーゲンを増やす効果があります。
約半年で結果が出ます。
その結果、血管が透けて見えづらくなります。
1回の治療効果は長期維持されます。

この原理は、手の甲の血管の浮き出し(ハンドベイン)を治療するのと同じ原理です。

グロースファクターによる目の下の血管が浮き出ている状態の治療例

次の方は、目の下の黒クマの治療(脱脂+グロースファクター)を受けられた方です。
元々右目の下に血管が浮いています。
元々血管の浮き出しはそれほど気にされていませんでしたが、グロースファクターにより結果的に改善しています。

目の下の血管が浮き出ている方の治療後
術前・・・右目の下に血管が浮き出ています。

目の下の血管が浮き出ている方の治療後
6か月後・・・目の下のクマはきれいになっています。
血管が浮き出ている状態は、多少残っていますが、改善しています。

施術名:経結膜脱脂+グロースファクター 

レーザー

NdYAGレーザーなど深部の青い色に反応するレーザーは、それほど太くない静脈に適応があります。

太く浮き上がっている静脈の治療には向きません。

手術

静脈奇形のような異常な血管の浮き出しに対しては、手術の適応がある場合もあります。

 

目の下の血管が浮き出おらず、何となく青い場合

目の下の皮下の血管がぼんやりと見えて、目の下が青く見える場合は、青クマと呼ばれます。

青クマのメイクありなしの画像

青クマの詳細はこちら>>

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

ここでは、青クマの見分け方、青クマの画像、原因、ご自分でできる対策、治療法について詳しく解説いたします。
青クマの全てを知りたい方は、こちらをご覧下さい。


グロースファクターににより皮膚を厚くすることで青クマを改善できます。
他にもいくつかの治療法がありますが、1回で長期改善できる方法はあまりありません。
青クマの治療法について詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。 


青クマの根本的な原因は、静脈が透けて見えていることによります。
その他、青クマが悪化して見える原因とは?!
青クマの原因を知りたい方は、こちらをご覧下さい。


「青クマってどんな感じか調べてみたい」と思っていますか?
青クマの画像をご覧になりたい方は、こちらをご覧下さい。


「マッサージをやっているけど青クマが消えない・・・」
「睡眠を十分とっているけど、青クマがなかなか消えず、疲れて見えるのが嫌・・・」
そんな悩みをお持ちではないですか?
「青クマがどうしても消えない!」という方は、こちらをご覧下さい。


「ネットに書かれている青クマ対策はどうなの?!」と思われている方も多いことと思います。
「青クマを自力で何とかする方法」について詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。


「自分のクマが茶クマか青クマのどちらかを見分ける方法を知りたい」という方は、こちらをご覧下さい。

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>