0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • よくあるご質問

【よくあるご質問】目の下の青い色(青クマ)を直すにはどうすればよいですか?


目の下の青い色は治すことは可能なのでしょうか?

 

 

青クマは、目の下の皮膚が薄くなり、うっ滞した静麻の色が透けて見えることが原因です。

疲労や消耗性疾患により色が増強するのが特徴です。
その他、むくみにより悪化します。

 

それでは、薄くなった皮膚を厚くする方法はあるのでしょうか?

 

 

当院ではグロースファクターをおすすめしています。

グロースファクターは皮膚の外から注射して目の下の皮膚を厚くすることができます。

半年程度かけて徐々にコラーゲンが増え、皮膚のハリが出ます。

注射による腫れや内出血はほとんど目立たないです。

 

 

その他、目の下の脂肪が飛び出してきて眼輪筋を圧迫している場合や毛細血管の赤みが混ざり、結果的に紫色に見えることがあります。

その場合は、経結膜脱脂手術により解決します。

脱脂により眼輪筋の圧迫を解除すると皮膚から透けて見えづらくなります。

 

施術前/6ヵ月後(ともにメイクあり)…他院で脱脂のみを受けられた方です。

当院で目の下・頬・法令線のグロースファクター注入療法を受けられています。

また、シミ治療も同時に受けられました。

目の下~頬の厚みが出て、若々しくなると同時に、青クマも改善しています。