0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

40代女性 目の下のたるみ・クマ治療(脱脂+グロースファクター)+シミ治療 6ヵ月後の経過

①目の下のたるみ・クマ治療(経結膜脱脂+グロースファクター)、

メラフェードによるシミ・くすみ治療

を受けられたモニターの方です。

 

 

3

術前・・・診察上の所見および色で分類したクマの種類としては、以下の通りです。
1.涙袋目の下の脂肪(眼窩脂肪)の突出により左右ともに不明瞭になっています。

また、外側までふくらみが見られます。

2.脂肪の量(進行度) としては重度です。
3.ふくらみが影を作っています。影クマ・黒クマ
4.脂肪によるふくらみには左右差はごくわずかに見られます。(右<左)

5.ふくらみのところには赤み (赤クマがごくわずかにあります。
6.ふくらみの下にはハの字状にくぼみ があります。
7.くぼみの位置のシミ(茶クマ)がごくわずかに見られます。

 

 
1

術直後・・・グロースファクターの注射の跡はほとんど目立ちません。

わずかに赤くなっているのは冷やしたためで、一時的なものです。
術直後はほとんど腫れはありません。  

術直後に赤クマ、影クマは解消されています。

メラフェードも術直後より開始されました。

 

 
2

1週間後・・・腫れに左右差があります。

この時期は、腫れが残っていることもありますが、待って頂きます。

腫れや内出血は必ず時間とともに引いていき、結果には影響しません。

 

  

1カ月後・・・腫れはほぼ引いています。



 
 
4

6ヵ月後・・・クマは改善されています。

また、目の下のシミ・くすみも改善しています。

 

 
1

術前・・・斜めから見た状態の比較です。

 

2

1週間後・・・左は腫れがまだ完全に引いていません。

 

 
3

6ヵ月後・・・きれいになっていますね。

横から見るとシミの残りがあるのがわかりますが、色が濃いところはくぼんで見えがちなので、凹凸感が残っているように見えてしまうのことがあり、注意が必要です。

 

 
4

術前・・・反対側です。

 

 
5

1週間後・・・徐々に改善していきます。

 

 
1

6ヵ月後・・・すっきりとした印象になりました。

 

 
2

術前・・・笑った状態の比較です。

 

 
3

6ヵ月後・・・笑っても違和感はありません。

また、グロースファクターにより皮膚のハリが出ており、シワも寄りにくくなっています。

なお、メラフェードにも小ジワ改善効果があります。

 

 

施術名:経結膜脱脂+グロースファクター 

施術名:メラフェード

 


経結膜脱脂法の術前・術後に気をつけることやダウンタイムの詳細が気になりますよね?
経結膜脱脂法(目の下のたるみ取り治療)の詳細をご覧になりたい方は、次をクリックして下さい。


目の下のたるみ・クマは、グロースファクターの注射のみでも改善できることが多いです。
その場合、費用やダウンタイムが最小限で済み、脱脂後のシワを回避できることと、頬のリフトアップによる若返り効果も得られるというメリットがあります。
詳細をご覧になりたい方は、次をクリックして下さい。


目の下のたるみ・クマでお悩みの方は、解決方法がここできっと見つかると思います。
目の下のたるみ・クマの記事一覧をご覧になりたい方は、次をクリックして下さい。


実は、経結膜脱脂手術できれいに仕上げるためには、手術前の準備で9割が決まります。
逆に言うと、そこをクリアすれば、経結膜脱脂法で成功するのはそれほど難しいことではありません。
詳細は、以下をご覧下さい。


目の下の脱脂で失敗したり後悔したくないですよね?
当院または他院様で目の下の脱脂などを受けられ、後悔された方の分析と、そこから得られる失敗学について解説いたします。

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

目の下のたるみ・クマの関連記事

症例写真

症例写真|脱脂+グロースファクター 
症例写真|手術しない目の下のクマ治療 
症例写真 | 目の下のクマ他院修正治療

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>