0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

30代女性 目の下のクマ+グロースファクターによる頬のこけ治療 1年7か月後の経過

①脱脂+グロースファクターおよび

②メラフェードによるシミ・くすみ治療後に

②コメカミ・頬・法令線・口角のグロースファクターによる頬のこけ治療を受けられたモニターの方です。

 

 


1

施術前・・・メイクありの状態です。

最初に脱脂+グロースファクターを受けられ、それと同時にメラフェードを開始されました。

その1年1か月後に、コメカミ・頬・法令線・口角のグロースファクターによる頬のこけ治療を受けられました。
 

 

2

1年7か月後・・・目の下のクマが解消され、頬にハリが出てリフトアップしています。

フェイスラインも若返った印象です。

 

  
3

施術前・・・斜めから見た状態の比較です。

 

 
4

1年7か月後・・・頬骨の下の影が目立たなくなっています。

これは、メラフェードによりくすみが取れたことも関係しています。

 

 
5

施術前・・・反対側です。

 

 
1

1年7か月後・・・きれいになっていますね。

 

 
2

施術前・・・笑った状態の比較です。

 

 
3

1年7か月後・・・笑っても違和感はありません。

また、笑った時の法令線も浅くなっています。

 

 

【グロースファクターについて】
グロースファクターは、皮膚のコラーゲンを増やすことにより、シワ・たるみを改善する注射による治療です。
皮膚の主成分はコラーゲンです。
おもに紫外線などの影響により、コラーゲンは酵素で分解されて年々減少していきます。
薄くなった皮膚は重力で下に落ちることで、シワ・たるみが生じます。
グロースファクター注射後、ご自身の皮膚のコラーゲンを増えるに従い、徐々にハリが出ます。
最終結果が出るまで半年程度かかります。
逆に言うと、変化があまり急激ではないので、周りに気付かれにくいです。
一度良くなった状態は長期維持されます。
そのため、グロースファクターで一度治療されておけば、定期的なメンテナンスはほとんど不要です。
シワが完成される前に打っておけば、今後深くならないための予防にもなります。
シワが完全に完成されてからだと、折れ癖として残り、完全に治りきらないことがあります。
したがって、早めの治療は今後の予防も兼ねています。
  
・グロースファクターの治療の流れ
ご予約時に、カウンセリングのみか、当日施術も受けられるかを選んでいただけます。
当日施術ご希望の方は、治療の適否の判断のために事前にメール相談(HPの「お問い合わせ」よりお写真を送付)をお勧めしています。
以下、当日施術の流れです。
1.問診/カウンセリング
2.お支払い
3.写真撮影・・・カルテとして保存するためで、モニターの方以外は他の人に見せたりすることはございません。
施術後にご自身のお写真を比較してお見せしたり、今後来られた時に比較のためにお見せいたします。
4.日焼け止め・メイク落とし
5.施術・・・クーリングしながら注射を行います。
一部位5~10分程度です。(止血時間の長さにより多少差があります)
メイクや日焼け止めは1時間後から可能です。
施術後はそのままお帰りいただきます。(ご希望の方にはマスクを差し上げております) 
  
・グロースファクター注入療法の費用(記載時情報)
最新のものは、https://www.ft-bc.jp/price.html  をご参照下さい。  
  
・グロースファクター単独のリスク、副作用
・体質・肌質の違いによる個人差、場所により多少効果に差が出る可能性。⇒2~3回の注入が必要になることもあります。(特に深いシワ・くぼみの場合)
・腫れ:1週間~数週間(ほとんどが写真では分からないレベル。むくみやすい体質かどうかにもよります)
・内出血:1週間~10日くらい(針穴に沿った点状のことがほとんど。まれに血豆、青あざとなり長引くこともあります)
・違和感・軽い痛み:チクチク感を1週間~数週間感じる可能性がまれにあります。(特に顔全体に治療を受けられた方)
・痛みが残る・神経が傷付く(これまでなし):敏感な方、深部への注射などで起こり得ます。
・もの足りない可能性・部分的なくぼみ⇒6ヵ月以降に追加することで対処可能です。
・変化に乏しい可能性:元々シワ・たるみがあまりない方であり得ます。ただし、予防効果は期待できます。
・特に凸の曲面で膨らんだ印象になる可能性⇒皮膚の性質によるもので、脂肪溶解注射で対処可能です。(なお、これまで皮下に塊がで きたことはありませんでした)
・足りないところと足りているところの差が出る可能性(段差を触れるなど):特に額のように後面が固いところでは過不足の差が凹凸や段差、場合により膨らみとして他の部位と比較して感じやすいこともあります。特に肌の色が濃い方であり得ます。・・・これまで1例のみ
・何年も膨らみ続ける:当院ではなし(他院での報告はあり)
・感染(これまでなし)⇒抗生剤などの治療法あります。
・アレルギー:麻酔クリーム・消毒かぶれによる湿疹
・目の下で、たるみが下に落ちてふくらみのように見える可能性(特に皮膚に弾力のない方・・・日焼け、年齢、糖質、喫煙による影響が大きいです)